【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【仕事が辛くて泣いた】泣くほど辛いときは仕事を休もう。出勤すべきではない理由【自分を守る方法】

f:id:panndaa:20180922164841j:plain

仕事が辛くて泣いたときにどうするべき?

2019年9月21日に記事を執筆しました。

 

皆さん、こんにちは!

 

私は24歳新卒2年目のときに初めての転職を行いました!

 

そのあと転職した会社を1年経たず辞めてしまい現在は、3社目の会社で人事担当者として採用業務を行なっている人事ブロガーのNAKAです!

関連記事:【体験談】転職して1年で仕事を辞めてまた転職しました【ヒント:転職失敗】 - 【NAKAブログ】

 

朝起きたときに仕事が辛すぎて泣いた経験があるという方はいますか?

 

私はあります。

 

出勤をしたら待ち構えている仕事の量・上司からの叱責・終わりの見えない労働が今日も始まるのか…と思うと「朝起きて辛すぎて泣く」という経験があります。

 

私は無理をして出勤を続けていたのですが、3社目の会社で安定した生活をしていて振り返ってみると、無理して出勤せずにあのとき「休めば良かったな…」と思うようになりました。

 

そこで本記事では、以下の内容を発信していきます。

  • 泣くほど辛い仕事とはどんな状態?
  • 朝起きて仕事が辛くて泣いたときには休むべき理由
  • ブラック企業から逃れる方法

このような疑問や悩みに対してお伝えしていきます。

 

結論を先に書くと、泣くほど辛い仕事を経験しているときには、仕事を休むべきです!「仕事なんて休んだら上司から詰められる!」、「休むなんて絶対できない…。」と思っている方は、危険信号が出ています。

 

ブラック企業に思考が染められている可能性が高いため、自分以外の人に頼れる環境であれば誰かに頼りつつ、一人の場合にはメールやラインだけで連絡してもOKです。

 

とにかく一旦会社・仕事から逃れましょう。

関連記事:24歳で仕事を辞めてまず始めたこと5選【仕事を辞めた後の世界に興味がある方へ】 - 【NAKAブログ】

 

本記事では、このような内容をより詳しく紹介していきます。

 

 

「辛い仕事で泣いてしまう」環境からはすぐに逃げるべき理由

f:id:panndaa:20180929170835j:plain

辛い仕事はすぐに逃げるべき理由

日々仕事が辛くて泣いてしまうような状態が続いてしまっているのであれば、すぐにでもそのような環境から逃げるべきです。

 

はっきり言ってそのような環境は、ブラックで第三者から見たら異常な世界です。

 

しかし、それが当たり前と思って日々仕事に通っているのであれば危険な状態と言えるでしょう。

 

なぜ、そのような環境からすぐに逃げるべき理由は以下の通りです。

  • 毎日仕事が辛くて泣くというのは異常な職場
  • 精神状態が危険な状態
  • もっと楽しくて・ラクな会社がある
  • 仕事を辞めても大丈夫
  • 仕事辞めても転職はできる

それぞれ内容を解説していきますね。

① 毎日仕事が辛くて泣くというのは異常な職場

毎日仕事が辛くて泣いてしまうという状態が続く職場は、ハッキリ言って「異常な職場環境」と言えます。

 

私が新卒で入社した会社は、完全な営業会社でした。

 

そのため自分が悪くないことでも上司からは「お前が悪い」、「休むな」と非常に理不尽なことを多々要求される職場でした。

 

社会人になると意外と理不尽なことが多くある程度は「我慢」する必要はあるのですが、しかしながら「毎日仕事が辛くて泣く」という状況は異常です。

 

しかも、朝起きて仕事のことを考えると泣いてしまうという状態にまでなってしまっているのであれば、大変危険な状態です。

 

私も仕事をしていてそのような時期がありましたが、今振り返ると会社を無断で休むぐらいの勢いで仕事に行くのをやめとけば良かったな…。と思ってます。

② 精神状態が危険な状態

f:id:panndaa:20190918224525j:plain

精神状態が危険な状態

毎日仕事が辛くて泣いてしまうような職場は、異常な状態であると書きました。

 

朝起きて仕事のことを考えて泣いてしまったり、仕事中に泣いてしまう環境が続いているのは、ぶっちゃけ精神状態が非常に危険な状態と言えます。

 

仕事に行くべきメンタル状態ではないですよね。完全に。

 

そんなときは仕事を休んでも大丈夫です。

 

むしろ、無理して行くと自分のメンタルが崩壊して一気にうつ病になったり、引き込みになったりする可能性が高まります。

 

自分を守るというという意味でもそんなときには仕事を休みましょう。

休むべきです。

③ もっと楽しくて・ラクな職場がある

f:id:panndaa:20190717214817j:plain

もっと楽しくて・ラクな職場がある

もっと楽しくて・ラクな職場はあります。

 

必ずあります。

 

いまあなたが勤めていて毎日が辛くて泣いてしまうような日々が続いているのであれば、きっとその環境を変えることはできます。

 

私はこれまで2度転職を行なった経験がありますが、本当に多くの会社が人を探していて福利厚生や仕事の環境が魅力的な企業が非常に多くあります。

 

ブラックな環境に身を置いていると、自分の視野が狭くなって仕事を探したりする余裕が無くなります。

 

そのためドツボにハマっていき、ブラック企業から逃れることができないことになるのですが、もっと楽しくて・ラクな職場は必ずあります。

 

まずは、情報収集だけでも行うべきです。

④ 仕事を辞めても大丈夫

仕事が辛くて泣いたという状態のときに「即、仕事を辞めた」としても大丈夫です。

 

わたしは、実際に2度目に転職した会社が超絶ブラックで本気で毎日が辛くてしんどくて日々上司に怒られるのではないか?とビクビクした日々を過ごしてました。

 

最初は我慢して仕事に向かっていたのですが、急に体が起き上がることもできなくなってしまいました。

 

そして、転職してから1年経たずの10ヶ月目ぐらいに会社を辞めることを決めて、次の会社が決まっていない状態で退職をしました。

関連記事:【実体験】22歳、23歳、24歳、25歳で転職するメリットとデメリット徹底解説!【比較してみた】

 

転職先が決まっていない状態で会社を辞めたら「お金」や「収入」が途絶えて生きていけないのでは?と思われがちですが実は大丈夫です。

 

「日本は守られた国」です。

 

仕事は辞めても大丈夫です。

 

きっとあなたに合った会社が待ってます。

 

まずは勇気を持って仕事を辞めることを選択肢にいれてみるのは、いかがでしょうか?

⑤ 仕事を辞めても転職はできる

過去は一度仕事を辞めてしまうと「仕事を辞める奴」というレッテル貼り付けられてしまい転職するのは困難という時代がありました。

 

しかし、現代では転職するのが当たり前の世の中になってます。

 

待遇が悪ければ良いところに移籍するのは、当たり前なので自分の居場所が探すためにサクッと仕事を辞めても次の会社は見つかりやすいです。

 

全業界にて人の出入りは活発化しているため安心して、転職先を見つけていきましょう。そのためにはまず情報収集することが重要です。

出典:雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省

仕事を辞めることは恥ずかしいことではない

f:id:panndaa:20190716194008j:plain

辞める=恥ずかしい行為ではない

よく私が面談する方々が話されるのが、仕事を辞めるという行為が恥ずかしいのではないか?と思うと中々踏ん切りをつけることができず、ダラダラと仕事してます。

 

といった趣旨の発言をうけます。

 

たしかに私も新卒で入社した会社を1年数ヶ月で仕事辞めるという決断をしたときは、以下のような懸念がありました。

  • 同僚や先輩から「仕事から逃げた」というレッテルを貼られるのでは?
  • 親や家族から怒られるのでは?
  • 地元で噂を立てられるのでは?
  • 転職できるの?大丈夫かな…

この他にも多くの懸念点を乗り越えた上での転職でした。

 

結論をお伝えすると、転職したあとに振り返ってみるとこの懸念点はぶっちゃけどうでも良かったな…!と思うことができてます。

 

つまり、転職する前の懸念材料は気にせずでOKです。

① 「仕事が辛くて泣いた」瞬間に転職を意識しよう

仕事が辛くて泣いたという経験をした瞬間にまず転職を意識しましょう。

 

すぐに行動を起こすことはないと思います。

(とんでもないブラック企業に入社している場合を除く)

 

私が転職を意識したときにまず以下のような内容を実践しました。

  1. 複数の転職サイトに登録
  2. ミイダスで想定年収を調査
  3. 紹介サービスに登録・面談 

主にこの3つの行動を起こしました。

 

3つに共通するのは、転職に関する知識を得れるという点です。

 

自分がいまいる会社の年収や仕事内容が世間がみたときに、ブラックと映るのかホワイトに映るのか、という第三者の視点を知れる点が良きですね。

 

とくに休みや残業、年収の部分は要チェックして転職先の情報仕入れましょう。

「仕事が辛くて泣いた」ときには休みましょう【まとめ】

f:id:panndaa:20190716193728j:plain

仕事が辛いときは少し休むべき

ここまで仕事が辛くて泣いた瞬間に考えるべきこと、出勤しなくても良い理由を解説してきました。

 

それではまとめに入ります。

 

本記事でお伝えをしたことを簡潔にお伝えすると、「仕事が辛くて泣いた・朝起きたときに仕事を思い出して泣いたときには、仕事に行かず、休んでも大丈夫・仕事を辞めても大丈夫」という内容でございました。

 

泣くぐらい辛い仕事なんてこの世にあってはならない!!

関連記事:【まだ辛い仕事しているの?】新卒2年目で仕事を辞めて感じた9つのこと

 

仕事は休んじゃだめ!って言われるけど、大体はお偉いさんが作った慣習だから従う理由もなければ、じゃあ従わなければ逮捕される?といえば逮捕されるワケもないです。

 

だから、仕事が辛くて泣くという状態におちたら仕事を辞めちゃいましょう。

 

すぐ辞めることもできますがオススメは、情報収集をしつつ仕事を辞めるという選択肢が一番良いよ!!!

 

わたしが情報を集めるために登録したサービスは以下です。

  • 複数の転職サイトに登録
  • ミイダスで想定年収を調査
  • 紹介サービスに登録・面談 

大体この3つに登録しておけば問題なしです。

 

あなたの転職活動がうまくいって人生が華やかになることを願ってます!!!

 

それじゃあまた!!!