【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

20代の転職でDODAエージェントを利用して転職をした感想【結論、最高でした。】

f:id:panndaa:20190905230917j:plain

DODAエージェントを使った感想

2019年11月8日に記事を執筆しました。

 

本記事では、以下のような疑問や不安を解消する情報を発信してます。

  • DODAキャリアアドバイザーを使ったほうが良いの?
  • そもそもキャリアドバイザーって何?
  • 失敗しない転職活動の方法ってあるの?
  • エージェントを使わないと転職できないってほんと?

※ これまで私は、人材に関する業務を専門的に行なってきました。企業の採用支援を300社以上実施しており、求職者面談(キャリアアドバイザー)の経験してます。

 

みなさん、こんにちはNAKAです。

25歳で2度の転職を経験していて、今は上場企業の人事をやってます。

 

エージェントを利用すれば誰でも転職できます。

今の環境から抜け出したい、変化したいと思っている人は読み進めて下さい。

 

関連記事:【実体験】僕が25歳で2度転職をして一部上場企業へキャリアップできた5つの理由

 

社会人生活、2度目の転職活動はDODAキャリアアドバイザーを利用しました。

 

転職活動って何回もすることではないと思うので、ほとんどの人が初めてかもしくは少ない回数だと思います。

 

そこで本記事では、転職活動でキャリアアドバイザーを利用したメリットやデメリットそして、具体的な活用方法を解説していきます。

 

結論、初めて転職活動をしようとしている人、又は転職を失敗したくないと思っている人は必ず利用することをオススメするサービスでした。

ステマなしでオススメできます。)

 

それでは解説を進めていきます。

 

 

20代で初めての転職は「エージェント」を使うべき

f:id:panndaa:20190901144758j:plain

初めての転職

20代で初めての転職を行うんだけど心配、、。という方にはエージェントを利用して転職活動を進めることをオススメします。

 

ざっくりとエージェントを利用するメリットをお伝えします。

  • 履歴書・職務経歴書を徹底的にチェックしてくれる
  • 自分の代わりに企業へ売り込んでくれる
  • 面接練習や転職相談に乗ってくれる
  • 自分に合った業界を紹介してくれる(担当アドバイザーによる) 

20代だとまだまだ社会人経験も浅いため自分の強みや弱みも全く分からないという方が多いと思います。

 

そんな方でも安心してください。

 

プロのアドバイザーが二人三脚となって、あなたが内定を獲得するまでをサポートしてくれます。

 

僕のおすすめはDODAのエージェントなのですが他にも「リクルート」や「マイナビ」、「ビズリーチ」などのエージェントが沢山あるので自分に合ったエージェントを見つけると良いでしょう。

 

まあDODAリクルートに登録しておけば間違いないですよ。

転職エージェントって何をするとこ?

先ほど、ざっくりとは転職エージェントすることを説明しました。

より詳しく解説をしていきますね。

 

転職エージェントは、どの会社でも以下のような流れで転職活動を進めます。

① 転職エージェント登録

② 転職エージェントとの面談

③ 履歴書・職務経歴書の添削、面接練習

④ エージェントからの企業紹介を受ける

⑤ 面接を受ける

⑥ 内定

 

こんなフローで転職活動を進めて行きます。

 個人的には、転職エージェントとの面談が好きです。

 

エージャントと面談するとこれまでの自分が気付かなかったところまでも気付くことができるので、脳が整理されたりする気分になってとても好きです。

漠然と転職を考えている人はまずエージェントに相談をして頭を整理することをおすすめします! 

DODAエージェントをオススメする理由は3つある

星の数ほどある転職支援サービスの中でDODAをおすすめする理由を解説します。

 

あくまでも僕が感じた実体験なので、全ての人に当てはまらない可能性もあります!

① 業界最大手でかなり実績が豊富

DODAはパーソルキャリア株式会社が運営するエージェント事業です。

で、このパーソルキャリアというのは、リクルートに匹敵するぐらい大きい会社です。

 

業界最大手で求人の案件数も豊富なので紹介してくれる会社の量や質が高くておすすめできますよ。

 

せっかく登録して面談も行ったのに紹介が全くない。なんて最悪ですからね。

② エージェントのレベルが高い

僕は人材系の会社に勤めていたので分かるのですが、人材業界のエージェントは、転職を一度も経験したことがない人が転職エージェントやってたり、コミュ力が全然ない人が営業担当やってたりすることが多い業界です。

 

そんななかDODA(パーソルキャリア)は、経験が豊富な人が多く、しかもエージェントのレベルや質も非常に高いため頼りになります。

 

僕は人材系に勤めていたので純粋にスゲーなこの会社って思いました。

 

20代で転職慣れしていない、第二新卒レベルの社会人経験しかない、という方は、レベルの高いエージェントに相談してみましょう。

 

実際に僕は職務経歴書の書き方が全く分からなかったので、エージェントの人に協力して貰って作ってもらいました。

③ 圧倒的な求人数、自分が行きたいと思える会社に出会える確率が高い

求人数が少ない会社だと紹介すらして貰えず転職することができないです。

もしくは条件がとても悪いところのみの紹介になります。

 

しかし、DODAは他転職支援会社だと比較してもかなり大きい会社で社会的信用度も高いです。

 

そのため多くの企業がDODAと契約をしているため紹介してもらえる会社の数はとても多く頼りになりますよ!

 

「自分が行きたい」と思える会社に出会えなかったら転職する必要はないです。

 

無理に転職しても、また仕事を辞めたいと思うことになってしまうのでまずは、「行きたい」と感じられる職場に出会いましょう。

 

そのためには、面談に行き自分にどんな会社が合っているのかを知る必要があります。

20代でやりたい仕事が決まっている人は少ない

f:id:panndaa:20190831095812j:plain

やりたい仕事って決まってますか?

 仕事は「自分がやりたい」と思える内容のを選びなさい。とはよく言われるものであって体現している人は少ないように感じます。

 

日々、採用業務を行なっていて僕はとても楽しいですが楽しくなさそうな人もいます。

 

仕事だからと割り切って、自分が好きじゃないことをやってお金を稼ぐためのツールとして利用するのもありですが、それでもやっぱり自分が好き、得意を思えることを仕事にした方が毎日が楽しいですし、スキルもアップするはずです。

 

ただ20代は人生経験も少ないので自分がどんな仕事が合っているか分からないです。

 

そんな人は、エージェントと一緒に自分がどんな仕事が合っているかを考える旅に出掛けることをオススメします。

僕は求人広告営業→採用コンサル→人事が合ってました

f:id:panndaa:20190901101941j:plain

僕の実体験を話します。

 

新卒で求人広告営業につきました。

社員数1万人を超えるそこそこデカい会社でした。

 

毎日死に物狂いで営業をして何とか結果を出すことができました。

 

そして2年ぐらい働いたのちに当時の上司と一緒に会社を立ち上げることに決めました。

 

その後、揉めまして会社を退職する運びとなりました。

(3年ぐらい?激動な日々を過ごしました)

 

退職をしてこれからどうしようかなー、何やろうかなー、違う職種の営業をしようかなーとか思いましたがゼロからのスタートになるのが嫌でした。

 

採用に関する仕事はやりたいなと思ってました。

ふわっとした考えでエージェントに相談したところだったら、人事という仕事はどうですか?という紹介を受けました。

 

それまで考えたことが無い職種だったので驚きました。

(人事は、第二新卒では転職できないと思ってました!)

 

その後、選考を受けて無事に内定を頂き、今は上場企業の人事をやってます。

いますごく仕事が楽しくて毎日が楽しいです。

 

ホントに転職して良かった!と思えてます。

まとめ:まずDODAエージェントに登録して相談してみよう

f:id:panndaa:20190831100017j:plain

まずは一歩踏み出そう

まずは、エージェントに登録をして面談に行くことをオススメします。

 

自分にどんな仕事が合っているのかを相談してみましょう。

特に20代で初めての転職となると、不安なことが多いと思います。

 

不安を無くしてより良い転職を実現させるには、企業の情報を仕入れる必要があります。

 

情報の仕入れや履歴書、職務経歴書を相談できる良きパートナーとして、DODA(パーソルキャリア)のエージェントは、おすすめできます。

 

20代の転職だからこそ、失敗しないように周囲に相談しながら進めれるといいですね!

 

頑張りましょう!応援してます。NAKAより。