【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【就活失敗】一次面接が通らない人の特徴と原因を解説!通過するには"コツ"があります。

一次面接を通過することができない人の特徴を紹介しつつ、対策方法を解説します。

【就活】一次面接が通過できない人の特徴

2019年10月18日に記事を執筆しました。

 

本記事は、以下のような人に向けて情報を発信しています。

  • 一次面接でいつも落とされる人
  • 就活の基本を知りたいと思っている人
  • 面接対策を勉強したいと思っている人
  • 内定が欲しい人

※ これまで私は、人材に関する業務を専門的に行なってきました。企業の採用支援を300社以上実施しており、求職者面談(キャリアアドバイザー)の経験もあり。

そして、現在は、現役の採用担当者として業務を行なっているため、旬な情報お届けしております。

 

皆さん、こんにちはTakeです。

 

一次面接が通らない人の特徴を紹介します。

この記事を読み終わると、最終的には、「一次面接が突破できる知識」を得ることができます。

 

take自身は、企業の人事をやっていて、毎年多くの就活生に対して会社説明会や面接を実施しています。

 

例年悲惨だな、可哀想だなと思う就活生が一定数いて、それは「一次面接に通過できない人」です。

 

これまで多くの学生を見てきて一次面接に落ちる人の特徴が明らかになったので、解説をしつつ、対策法や面接のコツをお伝えします。

 

 

就活解禁前の学生向けにこんな記事も書いてます。

まだみてない人は、ぜひチェックしてみて下さい!

www.syuukatsutennsyoku.com

 

【2020年3月1日】必須で登録すべき就職サイト【4選】

まず、有益な企業情報を取得することができる就職サイトの紹介です。

本ブログで何度も紹介してますが、とにかくオススメです。

 

特にオファーボックスを登録していない人がいれば、何もこの記事を読む前に無料登録を済ませましょう。企業からオファーを送ってくれる優良サービスです。

 

OfferBox【公式サイトはこちらから飛べます】

 

登録時間は、約5分ぐらいです。

5分で人生を変えるかもしれない企業と出会えるなら今すぐにやりましょ。

 

大手企業から中小企業まで幅広く掲載されている為、高学歴(東大とか)と呼ばれる学生じゃなくても、オファーが届きますよ!!

 

就活に関する情報を仕入れないと業界研究もできませんし、企業研究もできないのでまずは、大量の情報をインプットできるように就職サイトに登録しましょう。

 

リクナビマイナビは登録が済んでいるとして話を進めてます。

 

私がオススメする就活サイトは、以下の通りです。

①オファーボックス

②キミスカ

③digmee

④ねっとで合説

 

リクナビマイナビは自ら企業を探してエントリーという流れです。

 

しかし、上記で紹介したサービスは、オファー型の就活サイトのためプロフィールを登録しておけば後は、企業からの「オファー」待ちです。

 

通常の自らエントリーして説明会に参加する。という流れよりもオファーで招待されて参加する選考のが通過率や内定率がグッと高まることは明白です。

 

とりあえず登録しておくというスタンスでも良いでしょう。

必ず登録しましょう。

 

人って良いな〜と思っても行動に移さない人が多いです。

いま、「やるべきだよな…」と思った人は、すぐに行動へ移しましょう。

 

1日24時間あるうちの10分使えば無料で登録できます。

やろう。

 

それぞれ簡潔に概要のみ解説しました。

①オファーボックス【オファー型】

就活生の4人に1人が利用していると言われている就活サービスです。

 

OfferBox に無料登録しておくと、企業からオファーが届き説明会や選考を受験することができます。※青文字部分を押すとページが移ります。

 

普通の選考に参加するよりも、通過率がグッと高まるので必須で登録しましょう。

 

登録するメリットを3点にまとめると以下の通りです。

  • 自ら応募するスタイルではなくオファーで就活ができる
  • 自分はどんな評価を受けるのか知れる
  • 内定を獲得できる確率が高まる  

 

デメリットは、登録する時間ぐらいです。

 

それでも約3分〜5分あれば初期登録はできます。

まず、始めてみて時間があるときに自己PR文章を作成することをオススメします。

 

OfferBox に登録すると無料で「適性診断AnalyzeU+」を受験することができます。

非常に細かく結果が表示されるので、自分の強みや弱みを把握するのに便利です。

 

OfferBox【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動できます。

 

関連記事:【OfferBox(オファーボックス)の評判・特徴】現役採用担当が徹底解説!【完全無料】 - 【takeブログ】

②キミスカ【オファー型】

キミスカ  はOfferBox 同様で企業からオファーが届いて就活を進めるサービスです。

 

以下の悩みが当てはまる方は、登録をオススメします。

 

・就職活動って何をしたら正解なのかわからない。

・ES・面接が通らない

・いち早く就職活動を終わらせたい!

・普通とは違う就活をしたい

 

特に理系学生の方は、キミスカに登録しておくと大手メーカーやメガベンチャーからスカウトが届いて有利に就活を進めることができます。

 

卒論の研究などで忙しいと思います。

就活は効率的に進めましょう。

 

キミスカ【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動することができます。

 

関連記事:「キミスカって知ってます?」現役採用担当者が評判やメリット、デメリット、有効な手順を徹底解説しました! - 【takeブログ】

③digmee【LINEを利用した就活】

LINEで就活【digmee】  がキャッチコピーの就活サイトです。

友達登録するだけであなたに合った企業情報が定期的に送られてきます。

 

興味があれば、そのまま選考に進むも良し、まずは説明会に参加するといった「待つ姿勢」で就活を進めることができます。

 

リクナビマイナビを利用して攻めの就活をしている間に、オファーボックス、キミスカ、digmeeを使ってオファー型の就活を行うのが一番効率的だと私は思います。

 

なかには、いきなり「最終面接!」といった連絡も届いたりするそうなので登録しておきましょう。

 

digmee【公式サイトはこちらから】  

 

下記の記事でも就活ナビ(リクナビマイナビ)を使った就活ではなく、今後は逆オファーが拡大することを説明してます。

newswitch.jp

④ねっとで合説【時間、場所を気にせず企業研究が可能】

動画で始める新しい就活の形!ねっとで合説  がキャッチコピーの就活サービスです。

 

どんなサービスかというと、言葉の通りネットで合説に参加することができます。

 

あとは、企業の会社説明会や業界の紹介動画などがサイトで閲覧できます。

そのため、自宅で寝転がって企業研究や業界研究をすることが可能です。

 

就活をしているとどうしても交通費やカフェ代はもちろん、時間が無くなって「就活したいのに時間が足りない!」という事態が発生します。

 

そんな問題を解決するのが、「ねっとで合説です。

 

ねっとで合説【公式サイトはこちらから】

一次面接が通らない人の特徴は、5つあります。 【就活:失敗】

就活が失敗する人

就活失敗する人って、大体一次面接を突破することができない人が多い気がします。

 

ただ、就活生の皆に覚えておいて貰いたいのが一次面接に落ちたからといって「あなたが必要ないですよ」と言われているワケではありません。

 

よく企業からお祈りメールが届くとそれだけで人生おわり、就活終了と思われる学生がいますが全く終了ではないですし、これから挽回することは誰でもできます。

関連記事:就活がうまくいかない人とは?就職できない人の特徴【現役採用担当者が伝えます】

 

それに1社で就活が終わる人なんて、ほぼいませんし、自分に縁がなかっただけ、と割り切ってガンガン就活を進める方が"マッチング"する会社が見つかるはずです。

 

私が考える「一次面接が通らない人の特徴」は、以下の通りです。

  • 自分の考えを持っていない
  • オドオドしすぎていて、目も合わせれない
  • スーツが汚い
  • 面接マナーができていない
  • 自己分析ができていない

それぞれ解説していきますね!

①:自分の考えを持っていない【就活失敗】

一次面接が通らない人の特徴です。

自分の考えとは、大きく3つに分けることができます。

 

① 就活の軸

② 志望する業界や職種の軸

③ 自己PRの軸

 

このように人は、自分の軸(考え)を持っています。

 

しかし、一次面接が通過できない人の多くは、自分の軸を持っていないことが多く、人任せな考え方が非常に多いです。

 

「◯◯のイベントでみかけて、エントリーしました」

「何となく面接にきました」

「◯◯業界も◯◯業界も、全部行きたいと思ってます」etc

 

自分の考えを確立することができていない人は、人事担当から「コイツ、自分の考えを持っていないな、人の意見で流されるタイプだな」と判断して上にあげません。

 

このようなタイプの人は、まず自分がどんな考えを持って就活に臨んでいるのかを考え直しましょう!

②:オドオドしすぎて、目も合わせれない【就活失敗】

挙動不審なタイプの就活です。

 

さすがにオドオドしすぎている就活生は、落とそうと考えている企業は多いです。

 

コミュ力がなかったとして、能力があれば別です。

 

例えば、PCスキルがとても高い、秀でた才能を持っている等。

何もない学生の場合、オドオドしすぎるのはNGです。

 

平静を保てるように面接対策を徹底して行いましょう。

それで解説できます。

③:身だしなみが汚い【就活失敗】

一次面接で不合格になる学生に多い特徴がスーツが汚かったり、服装、髪型などの身だしなみが乱れている人は、落ちる傾向が強いです。

 

就活生でスーツが汚いのは、おわりです。

フレッシュさが持ち味って自分でもわかりませんか???

 

スーツが汚い学生は、それだけで落とされることはないかも知れませんが、確実に印象は悪い方向に進んでしまいます。

 

スーツやシャツなどの見た目の部分については、悪い印象をもたれないように心掛けましょう。

④:面接マナーができていない【就活失敗】

4つ目の特徴が面接マナーが守られていない、出来ていない人は、落ちます。

 

例年驚きなのが「急にノックもせずに入室」したり、TPOをわきまえず大声で挨拶をしたりと少数派ですがそんな学生も多いです。

 

残念ながら誰もが勉強すればできることを出来ていない学生は、一次面接で弾かれる傾向にあります。 

 

「一次面接の突破」を考えるのであれば、完璧な入退室を行うことができれば、それだけでも面接官から好印象を貰うことができて良いですよ。

⑤:自己分析ができていない【就活失敗】

"自己分析"が出来ていない学生は、自分の強み、弱みを理解することができていないので、自分の魅力を他者に伝えきれないという弱みがあります。

 

自分の強み、弱みを正しく理解することができていれば、面接でも伝えるだけなので特に難しいことはないはずです。

 

「一次面接を突破できる自分の強みや弱みを伝える材料を知りたい!」ということであれば、まず自己分析を徹底して行いましょう。

 

一次面接を突破するには、入社したい!という熱意をアピールする

一次面接を突破したいと思うのであれば、様々な対策方法はありますがまずは、熱意を伝えるということをオススメします。

 

だって、そもそも自社に興味のない人間に対して、時間を投資したりしたくないですよね?

 

なので、企業研究をあまりしてなかったり、とりあえず受験しにきました。という感じの学生は、採用担当に見抜かれて落とされます。

 

一次面接を突破するには、ある程度"熱意"があればカバーされます。

二次以降は、それ以外にも取り組んでいかないことが多いのですが、、。

 

「熱意」以外の一次面接を突破するために必要対策方法を紹介します!

① 企業研究を徹底して行おう!

企業研究を徹底して行いましょう!

 

「絶対にこの会社に入社したい!」という思いを論理的に伝えることができれば、まず一次面接で落とされることは有り得ません。

 

論理的に相手へ主張するためには、まず企業研究を徹底して行いましょう!

 

志望する企業の強み、弱みを10個ぐらい何も見なくても話せるぐらいまで準備することができれば、面接でも様々なトークを展開することが出来ます。

② 話をするときは結論から伝えよう

面接官は1日に数十人の面接を行なっています。

 

ダラダラ〜と話されてしまうと、またこの人も同じ話しか、、、と感じとってしまい真剣に話を聞いてくれなくなります。

 

そのため、まず話をするときは、結論から話すを意識して準備しましょう

 

結論から話すことができれば、面接官もこの人は話の骨組みがしっかりとしてるなと思い、最後まで話を聞いてくれる可能性が高くなります。

③ 面接は場慣れです

ぶっちゃけ面接は、場慣れです。

なので、沢山の企業の選考を受験しましょう。

 

できるだけ早い時期から企業の面接を受験することで、場慣れします。

社会人の空気に飲まれることなく、面接に臨むことが重要です。

 

学生時代私も極度の話ベタで自分が考えていることを伝えるのに苦戦することが多かったですが、何十社も選考を受けるうちに堂々と話すことができるようになりました。

まとめ:答え「就活ノート」を使えば面接の内容も分かる

就活ノート評判、特徴、使い方、情報を紹介。

就活ノートを利用すれば大丈夫

就活ノート  は、大企業などから内定を貰えた先輩がエントリシートの内容や筆記試験の問題、聞かれた質問などをまとめたサービスです。

 

就活ノートを利用することで"内定"を獲得した先輩の生の意見を聞くことができるので、就活生の中で徐々に広まりつつあるサービスです。

 

大体10万人ぐらいの学生が過去利用してます。

 

コンセプトは、「就活のあらゆる情報は就活ノートに詰まっています。 」です。

 

その名通り就活に関するノウハウが全て詰まっているとは、言っても過言ではないと思います。

 

完全無料で利用することができるのでぜひ活用しましょう。

登録も2分あれば完了するサービスです!

 

利用する前に評判を知りたい!という方は、こちらの記事をどうぞ。

関連記事:「就活ノートの評判や特徴!」完全無料登録するとESや選考の手順が全部知れます【結論:最高】

 

本記事で紹介した「一次面接が通らない人の特徴」をまとめます。

  • 自分の考えを持っていない

まず一つ目の一次面接が通らない人の特徴は、自分が将来何をしたいのか、どんな仕事をしたいのか、つまり自分の軸を持っていない人は、面接でも曖昧な話を展開することになり、落とされる傾向があります。

  • オドオドしすぎていて、目も合わせれない

挙動不審な就活生は、話がどれだけ素晴らしくても基本採用されません。

逆に話はぐちゃぐちゃだけど、すごい落ち着いている!という学生は、意外と採用されます。自信がなくてもあるように見せよう!

  • 身だしなみが汚い

身だしなみが汚い就活生は、終わりです。

一次面接で通過することはまずないと思ってもらってOKです。

 

フラッシュさが就活生は武器です。

身だしなみを追求していきましょう!

  • 面接マナーができていない

基本的な面接マナーが守られていない学生は、面接が今日あると知っていながら準備をしなかったのかな?と思われます。

 

マナーの失敗を繰り返すと常識がない、準備することが苦手な人というレッテルを貼られてしまいます。

面接マナーには気をつけましょう。

  • 自己分析ができていない

自己分析を徹底的に行いましょう!

 

自己分析を行うと自分の強みや弱みを把握することができ、面接でも根拠を持って論理的に面接官へ伝えることが可能となります。

 

自己分析が就活を決めると言っても過言ではないです。

徹底して取り組みましょう!

 

あなたの就活が成功することを祈ってます!!

 

面接の心構えに関するnoteも書いてます。

心構え分からんわ〜という方はぜひどうぞ〜。

 

bit.ly

 

それじゃあまたtakeより!!