【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【OfferBox(オファーボックス)の評判・特徴】現役採用担当が徹底解説!【完全無料】

f:id:panndaa:20200119225859j:plain

2019年10月17日に記事を執筆しました。

 

本記事は、このような方に向けて情報を発信しています。

  • 就活生でオファーボックスの利用を考えている人
  • 内定が貰えず困っている、又は貰えるか心配している
  • OfferBoxの評判・特徴まず知りたいと思っている 

 

皆さん、こんにちはtakeです。

 

そして、現在は上場企業の採用担当者として日々就活に対して会社説明会や選考を行なっています。

 

就活生と話しているとこのような質問を受けることがあります。

 

マイナビリクナビ以外の就活サイトにも登録すべきですか?」

「OfferBoxって使ったことありますか?」

 

本記事の結論をお伝えすると、「質の高いサービスには、登録すべき」です。そしてOfferBox は、利用している企業も多く、今後はスカウト型の就活が主流になるので利用しておいて間違いなしです。(逆求人サイト)

 

利用することによって、ホワイト企業の接点も増え内定を獲得できる機会が出来ます。 

それでは、「OfferBoxの評判や特徴、メリット・デメリット」をまとめていきます。

 

他の記事でも色々解説しているので良かったら読んで下さい。

関連記事:「情報に敏感」な就活生が利用している就活サービスをまとめ【厳選】 - 【takeブログ】

 

「公式サイト」に飛びます。(初期登録は3分ぐらいです)

OfferBoxの公式サイトはこちら    

 

OfferBox(オファーボックス)を利用するメリット【5選】

OfferBox は、マイナビリクナビなどの求人サイトとは異なり、逆求人型サービスとなります。

 

逆求人型サービスとは、就活生が自分の経歴や実績(学校・ゼミ・アルバイト・インターンの取り組み)を登録しておくと企業からスカウトメールが届くサービスとなっております。

 

国内では珍しいサービスですが、海外では、「当たり前になりつつあるスカウト型サービス」です。

 

それではまず、OfferBoxを使うメリットを紹介します。

 

メリットは大きく以下の5つに分けることができます!

  • 企業からスカウトを受けて選考に進める
  • 「内定」を獲得できる可能性が高い企業を受験できる 
  • 知らない業界・企業を知れる
  • 実は"有名大企業"が掲載されている
  • 適正診断・自己分析を受けることが可能

それぞれ解説していきますね!

① 企業からスカウトを受けて選考に進める

OfferBox(オファーボックス)の特徴は、自分のPR情報を登録しておくとそれを閲覧した企業から自分に興味があればオファーのメールが届き、気に入ればマッチングが成立して選考に進んだり、会社説明会に参加することが出来ます。

 

一般の就職サイト経由だと、必ず会社説明会に参加したりしないといけないという制約があったりしますが"オファーボックス"の場合は、スカウトを受けてそのまま選考に進んだりすることもできるので、効率が良いですね!

 

特に就活(3月~6月)の時期は、とても忙しいですよね?

毎回会社説明会に参加していたら時間が無くなってしまいます。

就活生の約4人に1人が登録!オファー型就活アプリOfferBox  

効率よく就活を進めることができるよう就職サイトも利用しましょう!

② 「内定」を獲得できる可能性高い企業を受験できる

なぜなら、そもそも自分に興味がある=自社とマッチングしそうという学生に対して企業の採用担当者は、オファーメールを送信するので、選考でも落とされる可能性は少なく、そのまま内定まで獲得できる可能性は高いです。

 

これは企業側じゃないと知ることが出来ない機能なのですが、企業から学生に送るメールに対して通数制限があります。

 

なぜかというと、学生に対して大量送信をしてエントリー(応募)を集めようとする企業の行為を防ぐためです。

 

運営も「本気でマッチングするサービス」を考えているので、安心して取り組むことができますね。

③ 知らない業界・企業を知ることができる

マイナビリクナビに掲載されている企業は、約4万社程度になります。

 

これまでは、4万社の中から自分に合った企業を自分が考えて応募して、説明会に参加して選考を受けてというのを繰り返してきました。

 

4万社の中から探すのでかなり作業としては、時間もかかりますし、うまくいかないことも多いです。よくあるのがお祈りメールですよね。

 

ただ、逆求人型サービスのオファーボックスだと、企業からスカウトメールが直接届くので自分が知らなかった業界・企業を知るきっかけになります。

 

自分の就活の視野が広がると、共に「合格率が高い企業」を受験することができるのが強みですよね。

④ 実は有名な大企業が数多く掲載されている

オファーボックスってあまり聞かないからぶっちゃけ中小企業が多く使っているサービスでしょ?大手志向の俺は意味なしwwwという方に向けて書きます。

 

実は、大手企業も積極的に利用をし始めて、日本ではこの逆求人型サービスが今後流行する見通しです。

 

事実、私は上場企業の人事をやっているのですが「offerBox」を利用して採用活動を進めています。

 

その他このような企業がOfferBox を利用してます。

あとは、あなたが知らないメガベンチャーの優良企業が掲載されていたり、最近だと経済産業省もオファーボックスの利用をはじめたそうですよ!

関連サイト:経済産業省のWEBサイト(METI/経済産業省) (METI/経済産業省)

⑤ 適正診断・自己分析を受験することができる

就活を円滑に進めるコツは、自分の強みや特徴適切に把握することが重要です。

 

オファーボックスを使うと"適正診断"を受験することができるので、自分の強みやどんな会社、業界が向いているのかを知ることができるのでオススメですよ!

 

オファーボックスに登録が完了すると以下フローで受験を進めれます。

①:オファーボックス登録が完了

②:AnanalyzeU +という自己診断を利用

③:社会人適正・自分の強み・弱み・偏差値

 

大体20分〜40分で診断が完了します。

 

自分の強み、弱みに対して一言アドバイスを貰えるので参考にして自分の成長に繋げれうことができるとイイですね!

OfferBoxの弱みやデメリット!【田舎:弱い】

ここまでOfferBoxの強み(メリット)について解説してきました。

 

反対に、2017年卒で利用していた経験や現企業側で利用して感じるデメリットを紹介します。

 

感じる弱みは以下のデメリットです。

  • 田舎に弱い(掲載企業の数が少ない)
  • 自分で企業を絞ることができない
  • 超高学歴学生には、適していないかも

それぞれ解説します!

①:田舎に弱い(掲載企業の数が少ない)

求人の数は、圧倒的に都心部が多いです。

 

東京、大阪、名古屋、福岡っていう順番ですかね〜。

地方で就活をする!と決めている人にとっては、使いづらいサイトです。

 

ただし、地方→都市圏に行きたい!と考えている人は、とても使いやすいサイトです。

最近では、大企業も地方採用に力を入れているのでガンガン活用しましょ!

②:自分で企業を絞ることができない

無料会員登録時には、自分が希望する業界を志望することはできます。

 

ただし、志望する業界を完全に絞ることはできません。

また、オファーが届いた会社以外には次のステップにも進むことはできません。

 

オファーが送られてきた会社には、確実にアクションを取らないといけない!ということではなく、自分の意思で断ることも可能です。

 

自分が志望する会社から絶対にオファーが届く訳ではないので、もどかしい思いをするときもあります。

③:超高学歴学生には向いていないかも

大企業の数も多いですが官公庁などの超高学歴学生が狙うような企業や省庁は掲載されていないことが多いので、不満に思う可能性が高いです。

 

もちろん、オファーメールは、大量に届くと思いますが自分の考えに一致する会社からのスカウトは少ないため別の方法を考えるべきだと思います。

OfferBox(オファーボックス)に登録すべき学生の特徴

OfferBox(オファーボックス)に登録すべき学生の特徴を挙げていきます!

 

実際takeも就活生時代には、利用をして多くの企業と接点を持つことができました。 

  • 企業からのスカウトを受けて就活を進めたい人
  • 部活動等で忙しい人
  • どのような評価を受けているか知りたい人
  • 誰よりも早く内定が欲しい人
  • レベルの高い会社に入社したい人
  • 都市圏の大学に通学している人
  • 東京・大阪・名古屋・福岡で働きたい人

このような人には、就活生の約4人に1人が登録!オファー型就活アプリOfferBox の登録を激推ししたいですね。

 

特に都市部の大学へ通っている学生は、登録しない理由がないのでは?と思えるぐらいサービスの展開が素晴らしいです!

 

企業からのスカウトによって就活を進めることができるので、誰よりも早く内定が欲しい、とりあえず内定を確保したいと思う方には、オススメです!

スカウトを受けてサクッと決めちゃいましょう。

 

早めに1社内定を獲得できると、「心が楽になるので就活」がうまくいきやすいですね。

就活は「情報戦」誰よりも情報を集めて勝ち抜こう

は?どういうこと?と思われるかもしれませ が「就活」を成功させるカギを握っているのは、情報です。

 

ライバルよりも数多くの情報を集めて行動することができた人が内定を数多く獲得することができて、最終的に大企業やホワイト企業と呼ばれる会社に入社することができます。

 

なので、これまで「マイナビリクナビに登録しておけばOK〜」みたいな風潮でしたがそうではなくこれからは、できるだけ多くの就職サイトに登録をして目的に応じて使い分けるというようなタスクをこなすことができる人が伸びそうです。

 

本記事で紹介した「OfferBox 」を利用して企業からスカウトされて就活するという新たなブームを経験してみてはいかがでしょうか?

 

それじゃあまた!!takeより。