【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

「20代で会社辞めようかな?」とふと思ったときに読んでください【25歳迄に2度仕事辞めた経験あり】

f:id:panndaa:20191013210304j:plain

会社辞めようかな?

2019年10月13日に記事を執筆しました。

 

本記事は、以下の内容を発信しています。

  • 「20代で会社辞めようかな?」と思ったときに考えるべき内容
  • 会社辞めることは大きな決断ではない理由
  • 苦しい仕事を辞めて幸せになった話の紹介

※ これまで私は、人材に関する業務を専門的に行なってきました。企業の採用支援を300社以上実施しており、求職者面談(キャリアアドバイザー)の経験もあり。

そして、現在は、現役の採用担当者として業務を行なっているため、旬な情報お届けしております。

 

みなさん、こんにちはNAKAです。

 

仕事をしているとふとこんなこと思いませんか?

 

「新卒で会社選び間違えたかなー」

「もっとラクな仕事に転職したいな」

「上司がうざすぎてキツい」

「仕事を辞めたらどうなるのだろう」

 

わたしは、何度もこんな気持ちになり結果として、23歳ではじめての転職をして25歳で2度目の転職を経験しました。

 

結論、今とても幸せな時間を過ごすことができて「転職して良かった」と心から思っています。

 

「20代で仕事辞める」ことは重要な決定をしている気がしますが、実は、そこまで気に留める必要はなく、チャレンジしていくことが重要である。という理由を解説していきます。

 

それでは宜しくお願いします。

 

20代で会社を辞めるのは、特に問題なし

f:id:panndaa:20191012213333j:plain

20代で会社を辞めても大丈夫!

私は23歳ではじめて転職したのですが、よく友人からこのようなことを言われます。

 

「転職するのが怖いんだけど、どうすれば良い?」

「仕事辞める勇気が出ない」

「辞めた後の生活が不安で退職できない」

 

こんな風に相談されるのですが、結論、「20代で仕事辞めるのは、悪いこと」では全くありません。

 

昔からよく言われることを紹介しますと、大卒で就職した新卒が「3年以内に仕事を辞める割合は、3割」と言われています。

 

つまり、全体30%の学生は、22歳-25歳の間に仕事を辞めるという選択肢を取っている訳なのでそこまで低い数値ではないですよね?

仕事辞めることを悩む理由はなに?

あなたが仕事を辞めることを悩む理由はなぜでしょうか?

 

もし、こんな理由で仕事を辞めることを悩んでいるのであれば、考えを見直した方が良いです。

 

「世間体を気にしている」

「会社が仕事を辞めさせてくれない」

「今転職しても、ブラック企業にしか転職できない」

「仕事を辞める勇気が出ない」

 

20代の時間は無限ではなく、有限です。

 

限られた時間しかないにも関わらず、嫌な仕事続ける、嫌いな上司に罵倒される、そんな日々で大切な時間を消耗するのは、とても勿体無いです。

 

仕事は辞めようと思えば誰でも辞めることができます。

関連記事:【体験談】20代で転職先決めずに仕事を辞めた結果【転職成功しました】

 

一歩前に踏み出す勇気を持ちましょう。

辞める前に考えるべきこと:成長できる環境は整っている?

20代で仕事を辞める前に考えるべきことは、「成長できる環境が整っているか?」という点です。

 

社会人として成長できる環境が用意されているのであれば、仕事を続けて自分の市場価値を高めていくこともできます。

 

しかし、自己成長が望めない職場でダラダラと仕事をしていては、社会人として一番伸び代のある時期を逃してしまうことになり、いざ30代で転職をしようとしたときに「あなたを評価してくれる会社」が見当たらないという事態が予想されます。

 

ただ気を付けなければならないのが、上司による罵倒を指導と受け止めて、罵倒される環境が我慢し続けるのが社会人である。という考えには気をつけるべきです。

 

ブラック企業に新卒から入社すると、一部でそのような宗教みたいな考えになりがちなので、気をつけるべきです。

 

上司によるパワハラは指導ではなく、ただのストレス発散の道具です。

そこにあなたが成長する環境は用意されていません。

関連記事:【実体験】上司のパワハラから逃げる方法【特徴・耐える・潰す・追い込む方法を徹底解説!】 - 【NAKAブログ】

20代で転職すると、大企業に入りやすい説 

わたしは、23歳ではじめて転職をしました。

そのあと転職先の企業を1年経たずで辞めました。

 

そして、2度目の転職を経て大企業の人事部に転職することができました。

 

何が言いたいかというと、20代の転職活動は、大企業に入りやすいです。

 

もちろん、30代、40代でも大企業に転職することは可能ですが、20代に比べると個人のスキルを重視される傾向にあり、能力がない人は転職できません。

 

一方で20代の転職は、年齢自体に高い価値を大企業の人事部は見出しているので「書類選考の通過率」は他の30代、40代と比べると高い傾向にあります。

 

書類選考のあとは、面接になのであとは本人の努力になってきますが、大企業の選考では、書類選考で落ちることが多いのですが、20代であれば突破する可能性は高いため挑戦する価値はありです。

実体験談:23歳で仕事を辞めた理由

f:id:panndaa:20190929094816j:plain

23歳で仕事辞めた

はじめて転職したのは、23歳です。

 

私が転職した理由は大きく分けて2つあります。

 

それは、「自己成長と対価の欲求」です。

 

「個人スキルを誰よりも成長させて、お金を沢山稼ぎたい」という思いが強くなった結果が仕事を辞めて、転職するという考えに至りました。

 

新卒で入社した会社は、それなりに大きい会社で誰もが知っている会社でした。

 

営業職に配属された私は幸いにも結果を出すことができました。

 

そして、そのときに感じたのがこのままこの会社にいて5年後に「転職」できるか?という思いが湧き出てきました。

 

当時、感じていたのが個人の営業スキルというよりも会社の看板を借りた営業スタイルだった私は、もっと個人のスキルで挑戦できる環境に飛び込みたい!と思い転職を決意しました。

 

そして、もう一つが対価の欲求です。

 

つまり、もっと給与が欲しいということです。笑

 

新卒では悪くない給与を貰っていたと記憶してますが、それでももっと更に欲しいという思いが強くなった結果ですね。

 

ベンチャーにいけば、自分の売り上げ=給与になると信じて転職することを決めました。

 

この結果を先にお伝えすると、間違えました。

 

確かに個人スキルは十分すぎるほど身につくことができましたが、対価を得ることはできず、しかも、休みも失いました。

会社を辞めても何とかなるし、生きていける

f:id:panndaa:20191008210159j:plain

会社を辞めても生きていける

たぶん、多くの20代が不安に思うことが「会社を辞めたら生きていけないのでは?」これだと思います。

 

結論、会社を辞めても何とかなります。

生きていくこともできます。

 

わたし自身はじめて仕事を辞めるときは、これからどんな人生が待っているのか・・。

 

果てしない終わりのない迷路に入ってしまったのでは、、、と悩むときもありましたが、実際に退職手続きして、行政に税金関連の申請をしたら補助金が貰えたりして明るい未来が見えてきました。

 

仕事を辞めたことで、ストレスフリーな生活を体験することができるようなりましたし、何より自分の時間を多く確保できるようになりました。

 

「20代でブラック企業に入社して体力を消耗しまくっている」のであれば、会社を辞めて新たな場所に転職しましょう!!

「20代で会社を辞めようかな?」と迷っている人にアドバイス 

f:id:panndaa:20190926221612j:plain

仕事を辞める前にやっておくべきこと

仕事を辞めようか迷っているあなたに最後アドバイスを送ります。

 

実際23歳で初めて転職を行い、最近では2度目の転職を経験しました。

そして、現在は上場企業の人事部で採用活動を行ってます。

 

ベンチャーから大企業に転職することができたのですが、なぜできたのかという点も含めて少しだけアドバイスを送ります。

 

偉そうにすいません (・ω・`)

 

会社を辞めて転職する前にやっておくべきこと

 

①:何かしらの実績を作っておく

②:自分の強みが活かせる業界を勉強する

③:将来自分はどうなりたいのか考える

 

それぞれ解説していきますね!

①:何かしらの実績を作っておく

分かりやすいのが、「営業成績が全国でトップ10以内に入ることができました。」とか「売り上げを1,000万円増やしました」こんな感じですね。

 

今勤めている会社で評価されるような実績を少しでも積み上げておくと、転職活動をするときにラクになります。

 

「実績」を話すことができれば、20代の年齢に加えて好材料になるためあると良い材料ですね。

②:自分の強みが活かせる業界を勉強する

自分はどんな強みがあって、どの業界で活かすことができるのかを分析しましょう。

 

就活生時代に「自己分析」、「企業研究」を行ったかもしれませんが、もう一度実践していきましょう。

 

社会人になっているので、就活生時代とは、また違った視点で自己研究をすることができるかもしれません。

③:将来自分はどうなりたいのか考える

仕事を辞める前に自問自答する時間を作りましょう。

 

本当に辞めるべきなのか、仕事を続けるべきなのか、すぐに答えを出すのではなく本気で悩みましょう。

 

これから自分がどうなりたいのかを本気で考えると、色々な答えが出てくるはずです。

 

NAKAの場合は、"転職する"。というのが答えでしたが友人では、世界一周に行ったり、留学したりと人それぞれ新たな自分の発見を行ってます。

まずは行動を起こそう。行動すると見える景色が変わる

もしあなたが仕事を辞めて新たな自分を発見したい。

こんな風に思ったのであれば、すぐに行動しましょう。

 

人は、立ち止まっている時間が長くなるとドンドン行動する早さが遅れてしまい、結局変化をしないようになってしまうことも多いです。

 

まずは、行動しましょう。

 

転職すると決めたのであれば、例えばこんなフローになります。

① 転職サイトに登録する

マイナビリクナビ、エン転職、DODAこのあたりは、必須で登録済ませましょう。

② 転職エージェント登録

転職エージェントに登録をして、履歴書、職務経歴書のレベルを高めて大企業に転職できるようなコンテンツ作りを行いましょう。

③ 求人調べる

求人サイトや転職エージェントの求人をチェックしてどんな会社がどれくらいの給与で人を募集しているのか確認をしましょう。

④ 良いところあれば、即応募 

自分が行きたい、興味があるな、と思ったら即応募しましょう。

この時に注意すべきなのが、履歴書・職務経歴書は、誤字脱字は一切ないように書類を準備しておくことが重要です。

 

そのためにもキャリアアドバイザーに提出して添削をして貰うというのは、非常にオススメです。完全無料なので、このサービスを使わない手はないと思います。

 

変化するのは、とてもストレスが掛かって大変なことも多いですが、転職が成功するとこれまでの自分とは全く違う人生を歩むことができるので、控えめに言って最高です!

 

それじゃあ!また!