【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

25歳仕事辞めました。仕事を辞めて転職を決心した理由・何度失敗しても立ち直れるよっていう話

25歳で仕事を辞めました。仕事を辞めようと思ったきっかけや決意までの流れなどを紹介していきます。

25歳仕事辞めました。

2019年10月5日に記事を執筆しました。

 

みなさん、こんにちはNAKAです。

 

私は25歳で「仕事辞める決意」を決めました。

 

結論ですが、わたしは、仕事を辞める決意を起こし、転職活動を行い、これまで勤めていた会社よりも高待遇な会社に転職することができました。

関連記事:【体験談】20代で転職先決めずに仕事を辞めた結果【転職成功しました】

 

そこで本記事では、以下の内容を発信していきます。

  • 25歳で仕事を辞めることを決心した理由
  • 人生何度失敗しても立ち上がれる話

このような疑問や不安を解決することができる情報をお伝えしていきます。

 

それでは宜しくお願いします。

 

25歳で仕事辞める決心をした理由を5つ紹介

仕事を辞めようと思ったきっかけや決意までの流れなどを紹介していきます。

仕事を辞めやると思った理由

私が25歳で仕事を辞めた理由は、以下5つの理由です。

当時は毎日が苦しくいつ倒れてもおかしくない状況でした。

  • 残業80時間が超えた
  • 指導・教育ではなく暴力を受けた
  • 成長できないと感じた
  • 仕事が中心となった
  • 将来性がなかった

このような理由を挙げることができます。

それぞれ解説していきますね!

① 残業80時間が超えた【25歳で仕事を辞めた理由】

1ヶ月だけでなく、残業80時間以上の生活が半年以上続きました。

残業80時間が半年以上続くと、最悪の場合「過労死」するラインです。

 

そんな状況だったため私は、さすがにもう仕事を続けることはできないと判断をして「転職できる会社はないか?」と情報収集をはじめました。

 

あなたが現在働いている職場でも、残業が多く困っているかもしれませんが仮に80時間を超えてなかったとしても、残業が多い職場は、転職を検討することをオススメします。

 

残業代がフルで支給される会社ならば、まだ良いのですが一銭もでないという会社もあります。(ホワイト企業の人からすればありえない)

 

そんな会社に勤めているメリットは一つもないので、サクッと辞めるべく新たな仕事先を探しましょう。

② 指導・教育ではなく暴力を受けた【25歳で仕事を辞めた理由】

もうこれはあり得ない!と思われるかもですが、上司から暴力を受けました。

言葉の暴力は様々な会社で起こる可能性が高い問題ですが、わたしは殴られました。

 

その瞬間、この会社で働いていると、自分の将来が危ないという気持ちが強くなり去ることを決めました。

 

しかし、こんな出来事はなかなか起きないかもですが、それでも上司からの「言葉の暴力」で悩んでいる若手社会人は多いはず。

 

汚い言葉で罵倒することがマネジメントと思っている上司がいる会社は、ぶっちゃけ将来性は一切ゼロなので、早いとこ転職しましょう。

③ 「成長できない」と感じた【25歳で仕事を辞めた理由】

ここまで説明してきた通り、働く環境が劣悪な状態でした。

 

そんな働き方をしていては、一切成長することができないですよね。

 

20代の大切な時間をこんなブラック企業で消耗していて良いのか?と考えたときに答えは一つでした。

 

転職して新たな成長できる場所にうつろう。

 

そのために何をすべきか?と考えたときにまずは、情報を集めようと思い情報収集からはじめました。

 

社会人として伸び代があるのは、「20代」です。

 

人生で一度だけの「20代」の時間を有意義に過ごすためにも「成長できない」だけでなく、もっと自分を表現していきたい。と思う方は、転職を考えることをオススメします。

④ 仕事が中心の生活【25歳で仕事を辞めた理由】

仕事が中心の生活に飽きを感じて仕事を辞めることを決意しました。

 

25歳といえば、仕事だけでなく私生活でも重要な時期です。

 

そんなときに仕事ばかりになってしまうことで、様々なチャンスを逃してしまうのではないかと思い仕事を辞めました。

 

あとは、仕事ばかりやっているとドンドン気持ちがブルーになってしまい、「もう人生最悪だな・・・」、「生きている意味あるのかな・・」という思いが先行してしまい、ネガティブな思考に固まってしまいそうだったので仕事を辞めて正解でした。

関連記事:【仕事が辛くて泣いた】泣くほど辛いときは仕事を休もう。出勤すべきではない理由【自分を守る方法】

20代で仕事を辞めるのは「悪いこと」ではない

20代で仕事辞める=悪いと思われがちですが、実はそうではないです。

仕事辞める=悪いことではない

「20代で仕事を辞める=我慢強くない(ゆとり世代)」

 

周囲からこのように思われるのではないか?と思う方は多いのではないでしょうか。

 

私も実際「仕事を辞める」まではこんなことを考えてました。

 

しかし、実際に仕事を辞めてみると、実はそんな悪いモノではありませんでした。

 

確かに周囲からは、仕事辞めて大丈夫?と言われることもありましたが、20代の大切な時間を自分が無駄と感じる時間の使い方で消耗したくはない。と思っていたので全く気になりませんでした。

 

周囲から仕事を辞めることを反対されることもあるかもしれません。

 

しかし、私がみなさんに伝えたいのは、「たとえ、仕事を辞めて失敗してもすぐに立ち直ることはできるよ!」ということです。

 

私は25歳で仕事辞めましたが、初めて仕事を辞めたのは、23歳新卒2年目時代です。

 

で、転職に失敗をしてブラック企業に入社したのちに転職を行なったので、25歳で2度目の転職歴の持ち主という稀な経歴を持ってます。

 

このような経歴を聞くと「転職できないのでは?」、「またブラック企業に就職したのでは?」と思われがちですが、実は、そうではなく超ホワイト企業に転職することができました。

関連記事:【実体験】僕が25歳で2度転職をして一部上場企業へキャリアップできた5つの理由

 

20代のうちは、どれだけ失敗しても立ち直ることはできます。

 

これが、30代や40代になってしまうと、挽回することが困難になりますが、20代であれば自分の行動や考え方次第で挽回することは可能です。

 

ブラックな環境から逃げ出したい、もっと新たなことに挑戦したい!と思うのであればよく考えた上で飛び出すのは大いにありだと思います。

20代の転職が怖いと思うあなたへ【まとめ】

20代の転職は怖くないです。

20代の転職が怖いと思うあなたへ

ここまで25歳で仕事を辞めた実体験を元にして体験談を紹介してきました。

 

20代ではじめての転職を考えている人は、「転職することが怖い」と思うかもしれませんが、一歩踏み出しましょう。

 

実際わたしに転職の相談をしてくる人のなかでも、このような人が多いです。

 

「転職したいけど、怖い」、「転職先の企業でうまくやっていけるかな…」、「どんな会社に行けば良いのかわからなくて仕事を辞めれない」

 

ぶっちゃけ、こんな考え方しかできない人は、転職しない方がいいかもです。

関連記事:【まだ知らない?】20代で転職しない方が良い人の特徴。25歳で2度転職経験者が伝えます。 - 【NAKAブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

 

自分がいまいる環境をもっとより良くしたい、今の他人に自分の人生を消耗される人生から脱却したい!と考えている人は、少しの勇気を出せば改善することができます!

 

悩んでいるのは、あなただけではありません。

 

私も死にたいぐらいに悩みました。そして勇気を少し出したことによってホワイト企業と出会うことができて、今では、自分にピッタリの仕事をすることができてます。

 

まずは、情報収集だけでもOKです。

勇気を出して""転職サイト""""転職エージェント""に登録をしてみましょう。

 

本記事内でわたしが伝えた「25歳で仕事を辞めた理由」は以下の通りです。

  • 残業80時間が超えた

残業80時間を超える月が度々発生して生命の危機を感じました。

しかも、残業代も支払われないという環境だったので最悪でした。

  • 指導・教育ではなく暴力を受けた

一発アウトですね。言葉の暴力だけでなく、実際に殴られたりしました。

  • 成長できないと感じた

上司の気分で怒られることが多いため、働いていても成長することができないと感じました。

  • 仕事が中心となった

20代の時間は、歳を重ねると当たり前ですが戻ってきません。

仕事が中心となってプライベートが充実できない日々楽しいですか?

私は、楽しくないという風に結論づけました。

  • 将来性がなかった

今チャレンジしていることに「将来性」はありますか?

10年後、20年後自分がその場で活躍することが想像できてますか?

「将来性」がある環境で働きましょう。 

 

それじゃあ!また!!