【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【Fラン大学生】内定が貰える人の特徴、現役の採用担当者6つの理由を紹介!【2021年卒】

Fランク大学生で内定が貰える人の特徴を現役採用担当者が紹介しています。

Fラン大学生でも内定を獲得することは可能です

結論、Fラン大学生でも内定を獲得することができます。

 

ただ、内定が貰える人と貰えない人の2種類に別れてしまいます。

 

あなたはどちらになりたいですか?

 

本記事では、

  • Fラン大学生でも内定を獲得することができる事実
  • Fラン大学生で内定を獲得できる人の特徴
  • 内定を獲得できない人の特徴

このような内容の情報を発信していきます。

 

皆さん、こんにちは!2017年卒で就職活動を行い、現在は企業の人事部で採用活動をしておりますNAKAです(@NakaRecruiter

 

企業の採用担当者として、Fランと呼ばれる大学の学生とも多く接することがあります。

 

見ていると、Fランと呼ばれる学生のも2種類存在していて内定を多く獲得してそうだな、という子と内定多分貰えていないだろうな・・。という方に別れます。

 

今回はその辺りを整理して解説をしていきます!

 

 

Fランク大学生は、BFランクつまり、ボーダーフリーランクという言葉です。元々は河合塾が使い始めたことがきっかけとなってます。

そもそもFランクの定義を知ってますか?

【Fラン大学生】まず、Fランとはどういう定義?

Fラン大学は偏差値が35以下の大学を指します。

 

Fランとは、「BFランク(ボーダーフリーランク)」という言葉を河合塾が使い始めたことがきっかけで呼ばれることとなりました。

 

Fランクの大学は、ぶっちゃけ希望すれば誰もが入学することができる大学が多く、世間の評判は良くはないです。

 

大学生界隈では、Fランク大学に在籍している人を「底辺」呼ばわりしたりすることもあるそうです。

Fランク大学は、内定を獲得することができない?

よくツイッターやリアル世界でも、Fランに在籍する大学生から「内定」を獲得することはできませんか?という質問を受けます。

 

実際この答えは、『ノー』です。

 

Fランクの大学に在籍するあなたでも「内定」を獲得することは必ずできます。

 

誰もが入れるような会社でなくて、レベルの高い企業から内定を貰うことだってあなた次第では可能です。

 

「就活」は、人生最後のレースです。

 

受験レースで一度は敗れた人でも挽回することが可能です。

 

しかし、就活でミスをしてしまうと、その後の人生を挽回するのは困難です。

 

最後のレースと思って気合いを入れて頑張りましょう。

内定が貰える人の特徴6つ解説しています。

Fラン大学生で内定貰える人の特徴を紹介します。

Fランク大学生で内定貰える人の特徴

Fランク大学生で内定が貰える人の特徴をここから解説していきます。

 

  • 目を見て話すことができる
  • 自分の強みや弱みを正しく理解している
  • 妥協せずに行動を続けることができる
  • 他人を巻き込む能力が高い
  • インターンシップを頑張っていた
  • 就活を早い時期から意識して行動をしていた
  • 筆記試験対策を念入りに行なっている

 

内定を獲得することができる人の特徴は、このような内容が共通点として挙げられます。

 

それぞれ細かく内容を解説していきます。

① 目を見て話すことができる

「目を見て話すことができる」のは、就職活動において基本中の基本ですが、実はきちんと実践している就活生は多くないです。

 

圧倒的にできていない学生が多いので、目を見て話すことができれば、「他の就活生」との面接で差をつけることができます。

 

意外と学歴が高い学生が「目を見て話す」という基本的なことができていないため、採用する側としては、目を見て話すことができている就活生に対して好印象を持ちます。

② 自分の強みや弱みを正しく理解している

強みや弱みを正しく理解することで面接官にアピールする文言や履歴書、エントリーシートで具体的に強みを解説することができます。

 

弱みも正しく理解することができていれば、「どうすれば、弱みを改善して強みに変化させることができる」を論理的に話すことができるようになります。

 

自分の強みや弱みを正しく理解するには、自己分析を誰よりも圧倒的に時間をかけて行うようにしましょう。

 

レベルの高い大学に在籍している人は、自分を過大評価する傾向があって正しく自分の強みを理解することができていません。

 

そこであなたが自分の強みや弱みをきちんと伝えることができれば、差をつけることが可能です。

③ 妥協せずに行動を続けることができる

「就活」は妥協する自分を許したら終わりです。

 

「履歴書の文字を少し間違えてしまったけど、これぐらいなら大丈夫かな・・」

「筆記試験対策、面接対策もういいかな・・」

 

ぶっちゃけ就活の準備はキツいので、妥協したくなりますが妥協せずに準備を進めることで他の学生と圧倒的に差をつけることが可能になります。

 

学歴で負けているのであれば、準備では負けないことを心掛けましょう。

 

妥協せずに行動を続けましょう!応援してます!

④ 他人を巻き込む能力が高い

ぶっちゃけFランク大学に在籍している学生は、「地頭」が弱いことが多いです。

 

物事を論理的に考えたり、失敗から学ぶ能力が低い人が多いです。

 

そこで履歴書やエントリーシートの添削を自分だけで行なっても、完成度が低いことが予想されます。

 

となると、自分以外の人に協力をしてもらう必要がある訳なのですが、そのときに頼れることができるかできないかによって結果が変わります。

 

他にも、インターンシップ会社説明会で出会った就活生と積極的に情報の交換ができると、就活を円滑に進めることができます。

インターンシップを頑張っていた

Fランク大学に在籍する学生の多くは、就活の時期がくるまでゆっくりとしていることが多いですが、インターンシップのときから頑張ることで「場慣れ」が可能になります。

 

「場慣れ」することで「就活」の本番が訪れても面接でうろたえることなく、堂々と面接でも振る舞えることができます。

 

就活は、面接の結果が大きく影響してきます。

 

インターンシップを頑張ることで、社会人とも接する機会も多くなりますし、何よりも就活生どうしのコミュニティも作ることができます。

 

ざっくりとインターンシップに参加するメリットを伝えると、

  • 「場慣れ」することができる
  • 就活生のコミュニティを広げることができる

このような内容です。

⑥ 就活を早い時期から意識して行動をしていた

就活を早い時期から意識することで、自分が何をすべきかということが明確になります。

 

ぶっちゃけ早い時期から「就活」を意識して行動している学生は、少ないです。

 

特に学歴が高い人は、自分のことをすごいと思っていて就活も簡単にできると思っているパターンも少なくはありません。

 

そこで早い時期から就活を意識して黙々と準備を積み重ねることができる人は、就活でも勝ち残っていくことができます。 

⑥ 筆記試験対策を念入りに行なっている

Fラン大学生の特徴として、筆記試験が弱いということが挙げられます。

 

筆記試験の内容自体は、中学生レベルの知識があれば解くことができる内容なので、筆記試験対策を早い段階から行なっておけば心配する必要はなしです。

 

筆記試験は、足切りのために行われるのでそこで落とされていては、内定を獲得することはできません。

 

Fラン大学生が就活に勝ち抜いていくには、まず筆記試験を乗り越える必要があります。

 

勉強すれば対策は簡単です。

Fラン大学生の内定が貰える人の特徴【まとめ】

Fラン大学生の内定が貰える人の特徴をまとめると、

  • 目を見て話すことができる
  • 自分の強みや弱みを正しく理解している
  • 妥協せずに行動を続けることができる
  • 他人を巻き込む能力が高い
  • インターンシップを頑張っていた
  • 就活を早い時期から意識して行動をしていた
  • 筆記試験対策を念入りに行なっている

このような内容を挙げることができます。

 

世間一般的には、Fラン大学生は内定を獲得することができない、内定を貰えたとしても誰もが入れるような会社しか無理と思われがちですが、本記事で解説した内容を実践することができれば大手企業からも内定を獲得することはできるでしょう。

 

就活をしていくと、「就活がキツい」と感じる瞬間は多々あります、キツい場面を乗り越えることで内定を獲得することができるので頑張りましょう。

就活がキツいと思う瞬間と乗り越える方法の解説した記事はこちらから

 

就活をサクッと終わらせて、大学生活を楽しみましょう〜!

 

それではまた!NAKAより