【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

「就活がしんどい」なぜ、就活がきついと感じるのか?誰もができる解決方法を提案

就活がしんどい・キツいと感じる理由を紹介していきます。そして、解決方法を紹介します。

「就活がしんどい」

2019年10月6日に記事を執筆しました。

 

みなさん、こんにちはtakeです。

Twitterのフォロワー数が最近1万人を超えました。

 

皆さんありがとうございます・・・!

 

良かったらフォローして下さい。

 

 

ところで、就活ってキツくて、しんどい…。と感じること多いですよね。

気分が落ち込む場面が多々あります。

 

わたしは、2017年卒で就活を経験して社会人3年目です。

 

就活生時代は、「就活うつ」にもなりかけましたし、もう就活嫌!と思い投げ出した時期もありました。

 

しかし、現在は、上場企業の人事部で働いていて就活に対してインターンシップ」・「会社説明会」・「面接」・「面談」などを実施していて毎日仕事が楽しいです。

 

そこで本記事では、以下の内容を発信していきます。

  • 就活がしんどい・キツいと感じる理由
  • 就活しんどい・キツいを解消する方法
  • 内定をサクッと獲得する手順を知りたい 

 

結論は、「就活は初体験の連続」なので失敗することは当たり前です。

 

そこで、就活がうまくいっている友達と比較するのではなく、自分ができることをひたすら積み重ねていくことが大切です。

 

そして時には、「就活のプロ」に相談して的確なアドバイスを受けるのも非常にオススメな就活ノウハウになります。

 

詳しくはこれから解説していきます!

 

それでは宜しくお願いします!

 

【まだ登録してない?】就活生なら必ず登録すべき就職サイト【4選】

まず、有益な企業情報を取得することができる就職サイトの紹介です。

本ブログで何度も紹介してますが、とにかくオススメです。

 

就活に関する情報を仕入れないと業界研究もできませんし、企業研究もできないのでまずは、大量の情報をインプットできるように就職サイトに登録しましょう。

 

リクナビマイナビは登録が済んでいるとして話を進めてます。

 

私がオススメする就活サイトは、以下の通りです。

①オファーボックス

②キミスカ

③digmee

④ねっとで合説

 

リクナビマイナビは自ら企業を探してエントリーという流れです。

 

しかし、上記で紹介したサービスは、オファー型の就活サイトのためプロフィールを登録しておけば後は、企業からの「オファー」待ちです。

 

通常の自らエントリーして説明会に参加する。という流れよりもオファーで招待されて参加する選考のが通過率や内定率がグッと高まることは明白です。

 

とりあえず登録しておくというスタンスでも良いでしょう。

必ず登録しましょう。

 

人って良いな〜と思っても行動に移さない人が多いです。

いま、「やるべきだよな…」と思った人は、すぐに行動へ移しましょう。

 

1日24時間あるうちの10分使えば無料で登録できます。

やろう。

 

それぞれ簡潔に概要のみ解説しました。

①オファーボックス【オファー型】

就活生の4人に1人が利用していると言われている就活サービスです。

 

OfferBox に無料登録しておくと、企業からオファーが届き説明会や選考を受験することができます。※青文字部分を押すとページが移ります。

 

普通の選考に参加するよりも、通過率がグッと高まるので必須で登録しましょう。

 

登録するメリットを3点にまとめると以下の通りです。

  • 自ら応募するスタイルではなくオファーで就活ができる
  • 自分はどんな評価を受けるのか知れる
  • 内定を獲得できる確率が高まる  

 

デメリットは、登録する時間ぐらいです。

 

それでも約3分〜5分あれば初期登録はできます。

まず、始めてみて時間があるときに自己PR文章を作成することをオススメします。

 

OfferBox に登録すると無料で「適性診断AnalyzeU+」を受験することができます。

非常に細かく結果が表示されるので、自分の強みや弱みを把握するのに便利です。

 

OfferBox【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動できます。

 

関連記事:【OfferBox(オファーボックス)の評判・特徴】現役採用担当が徹底解説!【完全無料】 - 【takeブログ】

②キミスカ【オファー型】

キミスカ  はOfferBox 同様で企業からオファーが届いて就活を進めるサービスです。

 

以下の悩みが当てはまる方は、登録をオススメします。

 

・就職活動って何をしたら正解なのかわからない。

・ES・面接が通らない

・いち早く就職活動を終わらせたい!

・普通とは違う就活をしたい

 

特に理系学生の方は、キミスカに登録しておくと大手メーカーやメガベンチャーからスカウトが届いて有利に就活を進めることができます。

 

卒論の研究などで忙しいと思います。

就活は効率的に進めましょう。

 

キミスカ【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動することができます。

 

関連記事:「キミスカって知ってます?」現役採用担当者が評判やメリット、デメリット、有効な手順を徹底解説しました! - 【takeブログ】

③digmee【LINEを利用した就活】

LINEで就活【digmee】  がキャッチコピーの就活サイトです。

友達登録するだけであなたに合った企業情報が定期的に送られてきます。

 

興味があれば、そのまま選考に進むも良し、まずは説明会に参加するといった「待つ姿勢」で就活を進めることができます。

 

リクナビマイナビを利用して攻めの就活をしている間に、オファーボックス、キミスカ、digmeeを使ってオファー型の就活を行うのが一番効率的だと私は思います。

 

なかには、いきなり「最終面接!」といった連絡も届いたりするそうなので登録しておきましょう。

 

digmee【公式サイトはこちらから】  

 

下記の記事でも就活ナビ(リクナビマイナビ)を使った就活ではなく、今後は逆オファーが拡大することを説明してます。

newswitch.jp

④ねっとで合説【時間、場所を気にせず企業研究が可能】

動画で始める新しい就活の形!ねっとで合説  がキャッチコピーの就活サービスです。

 

どんなサービスかというと、言葉の通りネットで合説に参加することができます。

 

あとは、企業の会社説明会や業界の紹介動画などがサイトで閲覧できます。

そのため、自宅で寝転がって企業研究や業界研究をすることが可能です。

 

就活をしているとどうしても交通費やカフェ代はもちろん、時間が無くなって「就活したいのに時間が足りない!」という事態が発生します。

 

そんな問題を解決するのが、「ねっとで合説です。

 

ねっとで合説【公式サイトはこちらから】

就活がつらい・しんどいと感じる理由【5選】

NAKAが実際に就活時代に感じていた「つらい」・「しんどい」と感じていた理由と現在、採用担当者として仕事を行うなかで「就活生」から直接聞いた最新の情報を合わせて紹介していきます。

 

以下が就活がつらい・しんどい感じる理由になります。

  • 就活対策何をやって良いかが分からない
  • 就活に答えはない
  • 周囲と比較してしまう
  • 結果が中々でない
  • 体力的にキツい場面も多い

それぞれ詳しく解説していきますね!

① 就活対策何をやって良いかが分からない【2021年卒】

就活は、誰もがゼロからのスタートになります。

 

一度も経験したことがないことに挑戦することになるので、就活対策何を行えば良いのかが分からず、とりあえず行動しよう。という結果に陥りがちで「つらい・しんどい」と感じる場面が多くなります。

 

このような方は、就活成功(内定獲得)までのロードマップを立てるとことで意外と簡単に悩みが解決することがあります。

 

自分の先輩から就活の体験談を聞いたりして、何をやるべきか?を考える時間を多くとってみましょう。

 

当ブログでも就活体験談は多く執筆しているので参考にしてみてください。

関連記事:【実体験】新卒が大企業で働いて良かった!と思えた瞬間。ベンチャーはオススメしないです。【就活生:保存版】

② 就活に答えはない【2021年卒】

学校の試験問題があって答えが用意されているワケでは、ないのが「就活」です。

 

これをやれば必ず就活がうまくいく!ということがないので、就活に振り回されることによって「しんどい」・「つらい」と感じる場面が多々あります。

 

たしかに筆記試験に関しては、学校のテストのように問題をひたすら解くことによって対策を講じることは可能です。

 

しかし、エントリシートや面接については、一切模範解答が存在しておらず、自分で考えて答えを出すしか正解はありません。

 

自分の参考程度に面接対策本やエントリシート対策本を読み漁るのはオススメです。

(※パクリはご法度です。バレます。)

 

どちらかというと話し方や文章の構成方法を本で学び、実際に話す、書く内容はオリジナルティーを出すのが一番最適な方法だと思います。

③ 周囲と比較してしまう【2021年卒】

周囲と比較するクセがある人は、就活が辛く・しんどい感じてしまいます。

 

就活は誰かと勝負するのではなく、自分との闘いです。

 

友人Aのが早く内定を獲得した・・・。と思っても仕方がないですよ。

 

なぜなら友人Aが志望した会社と自分が志望した会社のレベルが同じということは有り得ませんし、もしかしたら縁故採用の可能性もありますし、なので考えるだけ無駄です。

 

他人と比較して消耗する時間があるのであれば、自分「いま」できることに対してしっかりと注力していきましょう!!

④ 結果が中々出ない【2021年卒】

就活は、行動したからすぐに結果が出て内定を獲得できるというような、簡単な活動ではありません。

 

例えば、エントリーシートや履歴書をやっとの思いで書き上げて提出したとしても企業からお祈りメールを送られることも珍しくありません。

 

一般的に学生は、30社近く応募しますが「面接」まで進める企業数は5社程度と言われています。

 

そのため結果が中々出ないことで、就活に対して「しんどさ」や「つらいと感じる感情」が浮かび上がることは珍しくありません。

 

結果はすぐにでることは少ないですが、諦めずに継続することが大切です。

 

内定を貰えず、お祈りメールが多発してもそれが他人の評価と決めつけて落ち込むのではなく、前向きに行動をしていきましょう。

⑤ 体力的にキツい場面も多い【2021年卒】

体力的にキツい場面が多いのも就活の特徴です。

就活=体力勝負

就活で意外とキツいのが「移動」です。

 

特に就職活動の初期は、会社説明会に参加するケースが多いので移動だけで1日が終わることも珍しくないです。

 

体力に自信がない人は、会社説明会の移動だけで体力を消耗してしまい、キツいと感じることもあるそうです。

 

たしかに自分が就活していたときは、会社説明会に参加してその後に疲れを感じたときは、「スタバ」に逃げ込んで休憩してましたね。笑

 

忙しい1日でもしっかりとON・OFFのメリハリを付けることをオススメします。

「就活がしんどい・キツい」を回避する解決方法はこちら

ここまで就活がしんどい・キツいと思う理由を紹介してきました。

 

NAKAが実際に就活を通じて得た「就活しんどいを回避する方法」は以下の通りです。

  • 他人と比較する就活は辞めよう
  • ポジティブ思考・就活にゴールはある
  • 失敗を気にしない

それぞれ解説していきます。

① 他人と比較する就活は辞めよう【就活しんどい】

冒頭でも紹介しましたが、他人と比較しても就活では一切意味がないです。

 

あなたが志望している会社も違えば、業界も違うので比較のしようがないので、意味がありません。

 

「他人と比較」した結果、就活がしんどくキツいと感じるのであれば、比較するのをやめればOKです。

 

わたしも友人が内定を獲得したという話を聞いたときは、喜びよりも落ち込みや嫉妬、焦りが先行した時期もありましたが、結局のところ、就活は自分との闘い、他人と競うものではないと言い聞かせて自分を落ち着かせました。

 

もし就活がうまくいかず悩んでいるのであれば、他人と比較するのではなく、なぜ自分がうまくいかないのか、立ち止まって考えてみることをオススメします。

② ポジティブ思考・就活にゴールはある【就活しんどい】

就活で失敗が続くと「ゴールが見えない」、「内定が取れない…」と悩む時期もありますが、安心して下さい。

 

誰もが諦めなければゴールはあります。

 

どれだけお祈りメール連発されたとしても、それはあなたと企業に縁が無かっただけです。

 

ポジティブに物事を捉えて行動を継続すれば、就活にゴールはあります。

 

失敗が続くと人は、落ち込みやすいですがそれでも少しずつ前を向いて行動を続けることで結果がついてきます。

 

ポジティブに前向きにそしてひたむきにチャレンジを合言葉に頑張りましょう!

③ 失敗を気にしない【就活しんどい】

失敗=最悪な出来事 と考える就活生は非常に多いです。

 

しかし、実際は、失敗=成長の機会 です。

失敗の全てが悪いわけでなく、次に活かしましょう。

 

NAKAもいまでは、企業の採用担当者として学生と面接することがあるのですが、自己PRを考えてきたけど、忘れてしまう!といった学生意外と多いです。

 

丸暗記してくるので話せなくなってしまうのですが、そんなときに私はその場でもういちど自分の言葉で自己PRを話してみて下さい。と伝えてます。

 

失敗をいかに素早く修正できるかが大切だと考えてます。

就活生は失敗を恐れず、どんどんと挑戦をしていくべきですね。

 

失敗したとしても大丈夫。

気にせず進もう。

就活は誰もが怖い!肩の力を抜いて取り組もう!

就活は誰もが初体験。緊張しない人、不安を感じない人がいない訳がないです。あなただけではないので安心して下さい。

初体験

就活は誰もが初めての体験です。

 

経験したことがないことは、誰もが怖いです。

 

あなただけが就活が怖い訳ではなく、あなただけが就活をしんどい・ツラいと感じているワケではありません。 

 

世の中の就活生約50万人がそれぞれネガティブな想いを抱えてます。

 

就活は人生で初めての経験で、そしてもう一生経験することができないです。

 

自分らしく、後悔のない就活にできるよう「他人と比較」するのではなく、自分が信じる道を歩んでいきましょう!

 

これからエントリシートや履歴書で選考を落とされたり、面接でお祈りメールを受けることもあるかもですが、そんなときは落ち込まずポジティブに物事を捉えてみましょう。

 

全員と考えを一致させることはできる訳でないです。

 

あなたの想いとたまたまと合致することができなかっただけなので、あなたの人格や考えを否定されている訳ではありません。

 

きっとあなたに合う会社は、必ずあります。

そんな会社に出会えるように本サイトは支えていきます!

 

それじゃあ!また!

関連記事:【Fラン大学生】内定が貰える人の特徴、現役の採用担当者6つの理由を紹介!【2021年卒】 - 【NAKAブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト