【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

「就活で面接が上手く話せない」あなたへ面接のコツを解説しました【今日からできる】

f:id:panndaa:20191024232629j:plain

「面接上手く話せない人」とは

2019年10月24日に記事を執筆しました。

 

本記事は、以下のような方に向けて情報を発信しています。

  • 面接が不安な方
  • 面接のコツを知りたい方
  • 就活で面接が失敗する理由を知りたい人

こういった疑問に答えていきます。

 

※ これまで私は、人材に関する業務を専門的に行なってきました。企業の採用支援を300社以上実施しており、求職者面談(キャリアアドバイザー)の経験しました。

 

そして、現在は、現役の採用担当者として業務を行なっているため、旬な情報お届けしております。

 

みなさん、こんにちはtakeです。

2017年卒で今は採用担当として日々仕事をしてます。

 

就活生の面接を行なったりしていて、これまで何百人の面接を行いました。

 

そこで、感じた就活の面接が失敗しやすい人の特徴や面接を失敗しないためのコツがある程度わかってきたので、就活生の皆さんに情報を発信していきます。

 

2020年3月1日までに何をすべきか?というテーマで記事を書きました。

まだこの記事を読んでいない!という方は先にこちらをどうぞ。

 

www.syuukatsutennsyoku.com

 

 

 

【必見】21年卒は必須で登録すべきオススメ就職サイト【4選】

まず、有益な企業情報を取得することができる就職サイトの紹介です。

本ブログで何度も紹介してますが、とにかくオススメです。

 

就活に関する情報を仕入れないと業界研究もできませんし、企業研究もできないのでまずは、大量の情報をインプットできるように就職サイトに登録しましょう。

 

リクナビマイナビは登録が済んでいるとして話を進めてます。

 

私がオススメする就活サイトは、以下の通りです。

①オファーボックス

②キミスカ

③digmee

④ねっとで合説

 

リクナビマイナビは自ら企業を探してエントリーという流れです。

 

しかし、上記で紹介したサービスは、オファー型の就活サイトのためプロフィールを登録しておけば後は、企業からの「オファー」待ちです。

 

通常の自らエントリーして説明会に参加する。という流れよりもオファーで招待されて参加する選考のが通過率や内定率がグッと高まることは明白です。

 

とりあえず登録しておくというスタンスでも良いでしょう。

必ず登録しましょう。

 

人って良いな〜と思っても行動に移さない人が多いです。

いま、「やるべきだよな…」と思った人は、すぐに行動へ移しましょう。

 

いまある5分、10分使えば就活を有利に進める可能性が高まります。

やるしかないよね。

 

1日24時間あるうちの5〜10分使えば無料で登録できます。

やろう。

 

それぞれ簡潔に概要のみ解説しました。

 

①オファーボックス【オファー型】

就活生の4人に1人が利用していると言われている就活サービスです。

 

OfferBox に無料登録しておくと、企業からオファーが届き説明会や選考を受験することができます。※青文字部分を押すとページが移ります。

 

普通の選考に参加するよりも、通過率がグッと高まるので必須で登録しましょう。

 

登録するメリットを3点にまとめると以下の通りです。

  • 自ら応募するスタイルではなくオファーで就活ができる
  • 自分はどんな評価を受けるのか知れる
  • 内定を獲得できる確率が高まる  

 

デメリットは、登録する時間ぐらいです。

 

それでも約3分〜5分あれば初期登録はできます。

まず、始めてみて時間があるときに自己PR文章を作成することをオススメします。

 

OfferBox に登録すると無料で「適性診断AnalyzeU+」を受験することができます。

非常に細かく結果が表示されるので、自分の強みや弱みを把握するのに便利です。

 

OfferBox【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動できます。

 

関連記事:【OfferBox(オファーボックス)の評判・特徴】現役採用担当が徹底解説!【完全無料】 - 【takeブログ】

②キミスカ【オファー型】

キミスカ  はOfferBox 同様で企業からオファーが届いて就活を進めるサービスです。

 

以下の悩みが当てはまる方は、登録をオススメします。

 

・就職活動って何をしたら正解なのかわからない。

・ES・面接が通らない

・いち早く就職活動を終わらせたい!

・普通とは違う就活をしたい

 

特に理系学生の方は、キミスカに登録しておくと大手メーカーやメガベンチャーからスカウトが届いて有利に就活を進めることができます。

 

卒論の研究などで忙しいと思います。

就活は効率的に進めましょう。

 

キミスカ【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動することができます。

 

関連記事:「キミスカって知ってます?」現役採用担当者が評判やメリット、デメリット、有効な手順を徹底解説しました! - 【takeブログ】

③digmee【LINEを利用した就活】

LINEで就活【digmee】  がキャッチコピーの就活サイトです。

友達登録するだけであなたに合った企業情報が定期的に送られてきます。

 

興味があれば、そのまま選考に進むも良し、まずは説明会に参加するといった「待つ姿勢」で就活を進めることができます。

 

リクナビマイナビを利用して攻めの就活をしている間に、オファーボックス、キミスカ、digmeeを使ってオファー型の就活を行うのが一番効率的だと私は思います。

 

なかには、いきなり「最終面接!」といった連絡も届いたりするそうなので登録しておきましょう。

 

digmee【公式サイトはこちらから】  

 

下記の記事でも就活ナビ(リクナビマイナビ)を使った就活ではなく、今後は逆オファーが拡大することを説明してます。

newswitch.jp

④ねっとで合説【時間、場所を気にせず企業研究が可能】

動画で始める新しい就活の形!ねっとで合説  がキャッチコピーの就活サービスです。

 

どんなサービスかというと、言葉の通りネットで合説に参加することができます。

 

あとは、企業の会社説明会や業界の紹介動画などがサイトで閲覧できます。

そのため、自宅で寝転がって企業研究や業界研究をすることが可能です。

 

就活をしているとどうしても交通費やカフェ代はもちろん、時間が無くなって「就活したいのに時間が足りない!」という事態が発生します。

 

そんな問題を解決するのが、「ねっとで合説です。

 

ねっとで合説【公式サイトはこちらから】  

 

面接で失敗しやすい人の特徴は準備不足だからです

f:id:panndaa:20191016222532j:plain

面接で失敗しやすい人

まず、面接で上手く話せない人の特徴は、面接が実施する前までに"準備不足"の場合が多いです。

 

これから失敗しやすい人の特徴をあげていきます。

① 自己分析が足らない

自己分析が何も出来ていない状態で面接にきても自分の強みや弱みを知らないので、結局強みを伝えることができず失敗することが多いです。

 

自己分析を徹底的に行うことで自分の魅力や不足している点が見つかります。

 

就職活動を始めるときに「自己分析」をスタートさせましょう。

② 企業研究と志望動機をリンクさせよう

企業研究をしっかり行なってますか?

 

企業の強みや弱みを把握することで、魅力ある志望動機を作ることができます。

 

分かりやすい例えを出すと、

 

志望する会社が若手社員不足が経営課題にあがっていることを事前に知ることができれば、志望動機に「若さ」をアピールした内容を組み込むことで採用担当者の心を惹くことができる可能性がグッと高まります。

 

これは例ですが、こんな感じで企業の弱みと自分の強みをリンクさせた"志望動機"を作成することができれば、最高な履歴書、職務経歴書が出来上がります。

③ 面接の事前準備を徹底的に行う

面接練習を徹底的に行いましょう。

 

運動や勉強と同じで面接練習を続けると、上手く話せる自分が習慣化されていき、徐々に面接で本来の自分のパーフォマンスがあげることができます。

 

面接が行われる日の最低でも3ヶ月前ぐらいは、練習を行なっていきましょう!

面接で上手く話せるまでの流れ【2021年卒向け】

f:id:panndaa:20191005221159j:plain

面接で上手く話せるまでの流れ

面接で上手く話せるようになるまでの流れは、以下のようなフローです。

 

① 企業分析とリンクさせた志望動機を作る

② 自己分析を済ませる

③ 想定される質問集を作る

④ 面接練習を繰り返し行う

 

このような流れで繰り返し練習を行うと本番でも上手く自分の考えや強みを発揮することができるようになります。

 

面接が不安な就活生は、まずこの流れを覚えましょう。

 

覚えたら実践あるのみです。

面接練習を手伝ってくれそうな人に頼んで繰り返し練習を行いましょう。

とはいえ、練習しても緊張で飛ぶこともある

どれだけ面接練習をしても「緊張」で飛ぶことはあります。

 

僕も経験あるのですが練習していても本番で予期しないことがあると、ど緊張して伝えようと思っていた話が飛んでしまって話せなくなったりしました。

 

就活生で緊張をして話す内容が飛んでしまう・・と思っている方は、緊張していても絶対これだけは守る!!ということを決めておきましょう。

 

私の場合は、どれだけ緊張していてもこれだけは守る!と思って面接に臨みました。

 

「ゆっくりと話す」

「目を見て話す」

「姿勢を正す」 

 

これだけは絶対に緊張しても守るようにしました。

身だしなみは最低限のマナーです。

 

就活生の場合、身だしなみがしっかりとしていれば評価されることも多いです。

まずは、緊張しても身だしなみだけは守るように意識しましょう。

「緊張している」ことを面接官に伝えることもあり

就活生だと、まだまだ社会人経験が浅いため社会人との面接になると、緊張してしまうことも多々あるでしょう。

 

そんなときは、面接を行なってくれる方に向けて正直に「緊張」をしていることを伝えましょう。

 

私が就活生時代に実践していた会話例を紹介します。

学生:本日は、貴重なお時間をいただき誠に有難うございます。

 

   実は今日とても緊張をしています。

           しかし、準備は念入りに行なってきたので、自分の力を発揮できる             よう頑張ります!

 

   宜しくお願いします!

 

こんな感じで自分から面接官に緊張をしていることを伝えると、面接官から「大丈夫だよ〜、自分の力を発揮できるように頑張って!」と言ってくれる人が多かったです。

 

一部の業界・企業では、「あ、そうですか〜」という感じで話を流されたりもしますがそれでも「緊張」をしていることを伝えることで相手は、多少は、あなたがしどろもどろになっていても緊張しているんだな〜と思ってくれます。

落ち着いてゆっくりと話すことを心掛けよう

人は、ゆっくりとした口調の人に対して「安心感」を抱きます。

 

緊張すると、早口になりやすいですが口調が早くなりそうなのをグッと堪えてゆっくりと語りかけるように答えましょう。

 

どうしても緊張をしてしまう!

頭が真っ白になってしまう!

 

このような悩みを抱える就活生の方は、”面接場慣れ”をするためにも自分の本命ではない企業の説明会や面接に参加するのもありです。

 

僕が就活生時代は、本命企業が1社あれば、5社は本命でない企業の説明会や面接に参加したりしていました。

「就活ノート」を使って面接内容を事前に知る【裏技】

面接の裏技です。

 

就活ノートというサービスを知ってますか? 

 

就活ノート は、株式会社DYMが運営する"就活生"や"内定者"のコミュニティサイトです。

 

どんなサービスなのか端的にお伝えします。

 

大企業、中小企業合わせて延べ1,000社以上の企業の「エントリーシート内容」や「面接内容」、「筆記試験内容」、「内定を得るためのコツ」が全て分かるコミュニティサイトです。 

 

もっと詳しく知りたい!という方は、こちらの記事で解説しているのでどうぞ。

関連記事:「就活ノートの評判や特徴!」完全無料登録するとESや選考の手順が全部知れます【結論:最高】

 

就活生もこれまで10万人以上が利用してきた実績があり、就活を行う上で必須のサービスになりつつあります。

 

大企業から内定を貰った人のエントリーシートや面接内容が知れるってチート過ぎませんか???

 

就活チートをしたい学生は、登録すべきですし、ちょっと就活の参考になるサイトないかな、、?と探している方も参考になると思います。

 

登録も簡単で3分で終了します。

サクッと登録して選考対策を進めていきましょう。

 

就活のあらゆる情報は就活ノートに詰まっています。 はこちらから。

(青文字クリックで公式サイトに飛びます。)

まとめ:面接で上手く話せない人は、準備を徹底しよう

f:id:panndaa:20190923222215j:plain

面接準備の方法

「面接が上手く話せない・・」と困っている就活生は、準備が不足している可能性が非常に高いです。

 

自分の強みや弱みを十分に理解したのちは、徹底的に面接練習を繰り返しましょう。

 

もしも、徹底的に練習しても不安、、。という方は、事前にどんな内容の面接が行われていたかが分かる「就活ノート」に登録をして、裏技準備するのもありです。

(そっちのが効率的ですよね。)

 

就活のリアルを知れる就活ノートの登録はこちらからできます。

就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】  

 

それじゃあ!また!