【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【評判】就活エージェントの解説と利用したときの注意点と活用する方法【プチ保存版】

f:id:panndaa:20200121092803j:plain

2020年1月19日に記事を書きました。

約3分で読めます。

 

本記事は、以下の方に向けて発信してます。

  • 2021年卒、2022年卒の方
  • 就活エージェントを利用するか迷っている
  • メリットやデメリット(注意点)を知りたい
  • 就活の方向性が定まっておらず悩んでいる

 

上記のような就活エージェントに関する悩みを解決する内容です。

本記事を最後まで読めば、就活エージェントに関する全ての知識を得ることができます。

 

皆さん、こんにちはtakeです。

 

2017年卒で就活を経験して今は上場企業の採用担当者として仕事してます。

Twitterでは、日々就活に関するノウハウを発信してます。

 

現時点(1.17)で大体3,500名ぐらいのフォロワーと繋がれていて嬉しいです。

※いつも本当にありがとうございます!

 

就活に関する悩みや知りたいノウハウは基本的には全て解説しているので、気になる人はフォローしてもらえると嬉しいです。

 

最近は、就活に関する記事を多く出していて、『2021年卒向けに3月1日までにやること』という題名で記事を書きました。

 

下記の記事を読んでないよ〜という方は、先にこちらを読んで貰えると嬉しいです。

www.syuukatsutennsyoku.com

 

さて、先日このようなツイートをしました。

 

 

就活エージェントは、上手く活用できると非常に有意義な時間を過ごすこともできるし、自分の知見が広がって就活が上手くいくことが多いです。

 

ただし、エージェントとの距離感や前提知識が不足していると大人にビジネスの駒として利用されることもあります。

 

Twitterのタイムラインをみていても就活エージェントの利用に悩んでいる人が多そうだったので、本記事でまとめて解説することに決めました。

 

それでは宜しくお願いします。

 

 

 

就活を全面的にサポートしてくれるエージェントの紹介【3選】

f:id:panndaa:20190901144758j:plain

結論からいうと、、、どこの企業も大差は無し。

エージェント事業を主軸に置いた企業に登録すればOKです。

 

【全面的にサポートしてくれるエージェント3選】

 

特別選考ルートへご招待! キャリアパーク就職エージェント  

※キャリアパーク就活エージェントは、昨今急速に成長しており年間1,000名以上の内定実績を誇る確かな企業です。

 

運営会社のポート株式会社も東証マザーズ上場を2018年10月に果たしていることから悪徳業者ではないことは間違い無しです。

 

【内定まで一直線】キャリアチケット

※キャリアチケットの求人は、コンサルタントが自ら企業に足を運び労働環境や直近の採用者数などの情報を全てヒアリングした上で企業へ紹介を行なってます。

 

つまり、ブラックっぽいな…。という求人は紹介されないので安心してサービスを利用することができます。

他に特徴として挙げられるのは、スピード選考が持ち味ですね。

 

就活に、プロの視点を。就活にはdoda新卒エージェント

 ※doda新卒エージェントの強みは、さすがの大企業ならではのサポートを受けることができます。

 

社内にも有資格者が多く存在しているため的確なアドバイス受けることができるそうです。

 

基本的には、キャリアパークやキャリアチケットを利用しつつ、更に添削サポート受けたいな〜という方は、dodaの新卒エージェント利用を検討するといった流れが良さそうですね。

就活エージェント使う理由【就活の方向性に迷う人にオススメ】

f:id:panndaa:20190815202424j:plain

就活エージェント使う一番の理由は、「就活の進め方」を決めるためです。

 

就活を初めてみて多くの人がぶち当たる壁が「何から始めれば良いのかが分からない」という問題です。

 

そのような悩む就活生を応援してくれるのが就活エージェントの方々となります。

 

就活サイトの使い方はもちろん、事前準備やカウンセリングを元にした強みや弱みの洗い出し、履歴書やESの添削など就活にまつわる全てをサポートしてくれるサービスです。

 

もう何から手を付ければ良いか分からない!という方は、エージェントの方とカウンセリングをした後にあなたに合った就活プランを提案してくれるので安心して下さい。

 

就活エージェントを使うべき人は、 このような人が挙げられます。

  • 就活の全体像を把握したい
  • 無料で就活の相談に乗って貰いたい
  • ESや履歴書の添削をして欲しい
  • プロの面接対策を受験したい 

 

少しでも就活に対して不安があるなら一度相談に行くのはオススメです。

プロの視点から色々と相談に乗ってくれますよ。

 

エージェントを使う理由は、以上となりましてこれから利用するメリットとデメリットを解説していきます。(※ここからが超重要※)

就活エージェント使う上でのメリットとデメリット【知ってますか?】

ここまでオススメの就活エージェントと使う理由について解説してきました。

 

ここからは、メリットデメリットに関してお伝えします。

 

無料で受けれるサービスなので「良いことしかないじゃん♪」となりがちですが、裏の面も知った上で有効活用できるようになりましょう。

就活エージェントを使うメリット

  • 就職活動を全面的に無料でサポートしてくれる
  • 内定を獲得できる可能性が高まる
  • 非公開求人も紹介して貰える
  • 選考期間が短い

素晴らしいメリットの内容ですね。

 

ビジネスモデル的に採用側の企業が就活エージェントに対してお金を支払っているため、無料で受講することができます。

 

ぶっちゃけ就活に迷っている方であれば、使わない理由はありませんよね。

 

無料で履歴書やESの添削はもちろん、カウセリングを通してあなたの強みや弱み、合いそうな業界、企業を紹介してくれます。

 

分かりやすく説明すると、個人塾ですかね。

担当の教師(エージェント)がついて受験合格まで一緒に並走してくれます。

 

一人で悩まず相談することができるので、心強いです。

就活エージェントを使うデメリット

  • 担当エージェントに就活知識が備わっていないことがある
  • 自分に合っていない企業に就職させられてしまうことも
  • 大企業から内定を貰える率が低くなる

 

メリットの部分で触れましたが就職エージェントは、就活生からはお金を貰いません。

 

収益は、企業から受け取る「紹介料」です。

 

ざっくりとお金の目安を紹介します。

 

文系学生:60万〜75万

理系学生:70万〜100万 

 

学校レベルや学部によって若干変動しますが基本的には、50万円以上の紹介手数料が発生する仕組みとなってます。

 

そのため、小規模のエージェント会社になると、企業からの案件を優先します。

 

そして、学生に対し「あなたは絶対にここが合っている」と根拠無きセールストークで学生を丸こみ紹介手数料を得ている業者も存在するので要注意です。

 

そういったことに巻き込まれないためにも、余りにも小さい会社には、依頼すること自体を控えましょう。

 

じゃあどうすれば見分けるか?というポイントを解説します。

就職エージェントを見極める質問【例】

f:id:panndaa:20190826224909j:plain

就職エージェントは、無料で面接練習やESなどを添削してくれますし、カウセリングを通して自分の思考を正しく整理してくれる良きサービスです。

 

上手く活用することができれば、自身の成長にも繋がります。

 

しかし、先ほども解説した通り『紹介手数料』に目が眩んでいる大人もいます。

 

これから、就職エージェントを見極める質問例を紹介するので、面談に行った際に試して頂けると幸いです。

 

ツイッターでも紹介していて当時のツイートがこちらです。

 

 

エージェントとの面談は、面接のようにかしこまった雰囲気ではなく、飲み物やお菓子を食べつつ雑談形式がほとんどです。

 

ポイントとしては、雑談中に上記の質問をサラッと触れると良いですね。

 

見極める点で、営業ノルマが月10名以上の学生を決定させないと厳しいなどと告白された場合には、そっと離れることをオススメします。

 

フル活用するために必要な質問例も紹介します。

 

 

紹介を受けた企業がどんな選考をしているのか、ブラックか、ホワイトか?を見極める質問になります。

 

意図としては、上記の質問を行なって『良いことばかり』推してくるエージェントは、あなたのことを本気で思っていない可能性があります。

まとめ:就活で迷子になりそうな人は、カウセリングを受けてみよう

就職エージェントの利用は、非常にハードルが高そうなイメージがありますか?

 

実際は、全く高くないです。

軽く行ってお話をしてお茶を飲むという認識ぐらいでOKです。

 

ゴリ押しされそう…と思われがちですが、今はSNSがある時代、そんなことすると一気に風評被害が発生するので、ある程度の規模を誇る企業であればそのようなことはしません。

 

しかし、自身の営業成績を気にする一部の大人は、無理やり学生に進めたりすることもあるので、そんなときは本日レクチャーした質問を使って確認して回避しましょう。

 

それでは、本日のまとめです。

以下がオススメの就活エージェントになります。

 

特別選考ルートへご招待! キャリアパーク就職エージェント  

※キャリアパーク就活エージェントは、昨今急速に成長しており年間1,000名以上の内定実績を誇る確かな企業です。

 

運営会社のポート株式会社も東証マザーズ上場を2018年10月に果たしていることから悪徳業者ではないことは間違い無しです。

 

【内定まで一直線】キャリアチケット

※キャリアチケットの求人は、コンサルタントが自ら企業に足を運び労働環境や直近の採用者数などの情報を全てヒアリングした上で企業へ紹介を行なってます。

 

つまり、ブラックっぽいな…。という求人は紹介されないので安心してサービスを利用することができます。

他に特徴として挙げられるのは、スピード選考が持ち味ですね。

 

就活に、プロの視点を。就活にはdoda新卒エージェント

 ※doda新卒エージェントの強みは、さすがの大企業ならではのサポートを受けることができます。

 

社内にも有資格者が多く存在しているため的確なアドバイス受けることができるそうです。

 

基本的には、キャリアパークやキャリアチケットを利用しつつ、更に添削サポート受けたいな〜という方は、dodaの新卒エージェント利用を検討するといった流れが良さそうですね。

 

よく巷に溢れている「エージェントに無理矢理、選考を受けさせられた」というコメントありますが、強制で受験させるといった行為は、200%上記のサービスでは有り得ないのでご安心下さい。

 

そういった話題に挙がるのは、名前も聞いたことがないエージェント会社が多いです。

 

名も聞いたことがない企業の面談はできるだけ控えましょう。

まさにこれですよ。

 

TwitterのDM経由で届く、顔出しもしてないCAは、危険レベルMAXです。

気をつけてね。

 

 

 

それでは、あなたの就活に幸があることを願ってます!

また、takeより。