【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【就活とはそんなに大変なのか?】就活で苦労する瞬間ベスト5選を紹介!!【実は就活余裕】

就活とはそんなに大変なのか?に対する答え就活で苦労する瞬間ベスト5選を解説しています。

就活とはそんなに大変なのか?就活で苦労する瞬間を紹介

大学生の就活はそんなに大変なのか?日々人材不足のニュースが流れる昨今。

 

このような状況を目の前にすると、「大卒の就活」って実は余裕なのでは?と考える方もいらっしゃると思います。

 

そこで本記事では、

  • 就活はそんなに大変なのか
  • 就活で苦労する5つの瞬間を紹介
  • 就活を余裕で進めるコツを解説

このような情報を発信していきます。

 

2019年8月9日に記事を執筆しました。

 

皆さん、こんにちは!NAKAです。これから就職活動を始める方のなかには、就活で苦労する瞬間ってなに?実は就活って余裕なのでは?就活とはそんなに大変なのか?と疑問に思っている方も多くいらっしゃると思います。

 

実は自分もそうでした!笑

 

自分がこれまで経験してきた就職活動を通して「就活が大変」と言われる理由や苦労する瞬間を紹介していきます。

 

それでは宜しくお願いします!

 

2017年卒の私が感じた就活で苦労する5つの瞬間を紹介!

私が感じた就活で苦労した5つの瞬間はこれだ!

【結論】就活で苦労する5つの瞬間はこちらです。

私が実際に就職活動を行うなかで、苦労した5つの瞬間は以下です。

  • 何を基準にして就職活動をすれば良いか分からない
  • 自分の強みが分からない
  • 落ちた理由が分からない
  • 面接対策が大変すぎる
  • 内定先を決める期間が短すぎ

就活で苦労する点をあらかじめ知っておくことは、この先の就職活動を有利に進めるきっかけとなります。

 

私が感じた就活の苦労をそれぞれ解説していきますね!

① 何を基準にして就職活動をすれば良いか分からない

どんな会社が自分に合っているのか?

 

どんなところを着目して企業を選べば良いのかが、分かりません。

 

例えば、良くアドバイスを受けるのが企業を選ぶポイントは、

  • 給与
  • 休み
  • 仕事内容
  • 事業規模
  • 従業員数
  • 安定度
  • 社風
  • 会社の雰囲気

このようなポイントを挙げられることが多いと思います。

 

企業を選ぶポイントとして様々な条件が存在するため、正直メチャクチャ悩みます。

 

どんな軸で就活を進めていくべきかを就活が始まる前に決めるべきです。

 

私の場合は、最終的に「仕事内容」と「従業員数」で入社先を決めました。

 

就活の軸を決めるとあとはシンプルです。

 

軸に合った会社を選定して応募を進めていけばOKです。

 

就職活動の初期段階は、自分に合う会社やどんな条件で就活を進めていけば良いのかが全く分からないので苦労する瞬間ですね。

② 自分の強みが分からない

自分の弱みはある程度分かるのですが、強みが分からないです。

 

自分の強みは何か?を考える必要があるのですが、これが非常に骨が折れて苦労する瞬間です。

 

就職活動を有利に進めるためには、自分の強みと弱みを理解することが非常に大切と言えます。

 

自分が志望する企業へ自分の弱みや強みの説明を簡潔に行うことができなければ、内定を獲得することはできません。

 

強みを知るために自己分析はしっかり行いましょう。

 

厚生労働省が提供する自己分析のワークシートはこちら確認できます。

厚生労働省が発行する自己分析ワークシート

 

強みと弱みをしっかりと知って就活を有利に進めていきましょう。

 

合わせてなぜ就活をするのか考えをまとめておくと、面接では有利です。

www.syuukatsutennsyoku.com

③ 落ちた理由が分からない

就活をしていると、企業からお祈りメールが届くことがあります。

 

つまり、『落ちた』ということになるのですが、その理由を教えて貰えることは限りなく少ないためなぜ落ちたのかを明らかにすることできないです。

 

あくまで予想の範囲で「なぜ落ちたのか」を考えることはできますが、明確な答えを知ることができないのは次に繋げるためにはどうするべきかを考えると、とても苦労しました。

 

わたしの友人に落ちたことに納得がいかずに企業へ直接電話で連絡を行なっている人もいましたが、基本的にはNGな行動なので控えましょう。

 

ぶっちゃけ企業は一人一人にフィードバックする理由はありませんので、教えてくれなかったとしてもそれでブラック企業だ!という訳ではありません。

 

推測の範囲でなぜ落ちたのかを考えて、次の選考に備えていきましょう。

 

去る者追わずが就活では重要です。

④ 面接の対策が大変すぎる

面接の対策はとても苦労しました。

 

しかし、面接対策をして良かったかというと、もちろん一定の効果はありましたが正直とても効果があるかというと感じることはできませんでした。

 

一次面接、二次面接、三次面接と続く会社では、それぞれのステージによって対策する内容が異なるため対策も一回でOKという訳ではなくて、継続して取り組む必要があるため大変です。

 

企業によって質問される内容も異なってくるため、対策が非常に大変です。

⑤ 内定先を決める期間が短すぎる

もしかすると、40年以上働くかもしれない会社を内定通知後の1ヶ月以内に受諾するか決めて下さいと、内定先を決める期間が非常に短いです。

 

確かに企業も採用人数の兼ね合いがあるので、確実に入社してくれる人を知るために内定の受諾を決めるのを急かす気持ちも分かるのですが、当時は迷惑でしかなかったですね。笑

 

どうすればもう少し内定を待って貰えるか、どうかというのを考えることや入社先の会社を決めるのを非常に苦労しました。

 

人事の方に相談すれば内定受諾期間を伸ばして貰えることが可能です。

積極的に相談をしてみましょう。

就活は大変で苦労しますが、就活は余裕です。

就活は大変なのか?

【就活は大変なのか?】苦労するけど就活は余裕です

2021年卒、2022年卒の方に向けてお伝えしたいのが、就活は大変で苦労するけど就活は余裕です。

 

なぜ就活が余裕かというと、

  • 売り手市場だから内定を獲得しやすい
  • 職場に若手がいないという企業が多い 

採用市場的な要因としてはこのような理由が存在します。

 

私が就活生時代に気付いたことがありまして、それは就活は行動量ゲームということです。

 

行動量を他の就活生よりも多くすることによって、企業の人事担当者との接点も増えますし、多くの選考を受験することで人間的にも成長することができます。

 

隣の友達が5社応募したのであればあなたは、10社応募して友達の倍は会社説明会に参加しましょう。

 

多くの会社に参加することで、企業を見極める目も育てることができます。

 

企業を見極める目を育つと、自分がどんな会社が向いているのか、自分の強みをどう活かせるのか?ということにも気付くことができます。

 

就活で苦労することもありますが、行動量を増やして自分を成長させることができれば、就活は余裕になります。

就活で苦労する瞬間ベスト5のまとめ

就活で苦労する瞬間ベスト5選を紹介!【まとめ】

本記事では、「就活とはそんなに大変なのか?」というテーマで進めてきました。 

 

この答えに対しては、大変だけど余裕です。

 

どっちやねん!ってなりますよね。

 

ただこの答えが一番適切なのではないかと考察しています。

 

就活は苦労することも多いですが、自分の行動次第でラクになったり、就活が余裕と感じることもあります。

 

就活で苦労する瞬間ベスト5選をまとめると、

  • 何を基準にして就職活動をすれば良いか分からない
  • 自分の強みが分からない
  • 落ちた理由が分からない
  • 面接対策が大変すぎる
  • 内定先を決める期間が短すぎ

このような内容を紹介してきました。

 

就職活動は何も全く分からない状態からスタートします。

 

何を基準にして就職活動をすれば良いのか、就活の基準は必ず先に決めましょう。

 

基準さえ決めることができれば、後はシンプルに応募量を増やして、就職活動をしていければ必然と内定を獲得することができます。

 

本記事では、就活とはそんなに大変なのか?就活で苦労する瞬間を解説しました。

 

苦労する瞬間を知って、就活をラクに進めていけるように対策を進めていきましょう。

 

それじゃあまた!!NAKAより。