【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

就活鬱の原因は「内定が貰えない人?」就活鬱の原因と対処法を徹底解説【あなたは大丈夫?】

f:id:panndaa:20191103194948j:plain

就活鬱の原因

2019年11月3日に記事を執筆しました。

 

本記事は、以下のような疑問や悩みを解決します。

  • 就活鬱の原因を知りたい!
  • 就活で鬱にならないためにはどうすれば良い?
  • 内定が貰えない人の特徴って?、内定が欲しい!

※ これまで私は、人材に関する業務を専門的に行なってきました。企業の採用支援を300社以上実施しており、求職者面談(キャリアアドバイザー)の経験してます。

 

皆さん、こんにちはNAKAです。

2017年卒で就活を経験して採用担当の仕事をしてます。

 

毎年就活がうまくいかなくてストレスを抱える学生が一定数居ます。

 

ある調査によると、就活生の7人に1人は"うつ状態"という調査結果も出てます。

それぐらい深刻な問題ですね。

 

ただ、就活で鬱になる原因を先に知っておくことができれば、それに対する対策もすることも可能なワケです。

 

そのため、本記事では、就活のうつ病になる原因や対処法、内定が貰えない人の特徴を徹底解説していきます。

 

関連記事:【就活失敗】一次面接が通らない人の特徴と原因を解説!通過するには"コツ"があります。 - 【NAKAブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

 

 

就活鬱とは?どんな人が鬱になってしまう?

f:id:panndaa:20191012083546j:plain

まずそもそも就活鬱とは、どんな内容なのでしょうか。

 

以下が就活鬱の内容になります。

「就活うつ」とは、就職活動(以下、就活)を経験した学生が就活の失敗や行き詰まりに起因する強度のストレスでメンタルヘルスに不調をきたし、抑うつ状態に陥ったり、うつ病を発症したりすることをいいます。就活の激化・長期化に伴って急増し、症状が重い場合は、引きこもりや自殺にもつながりかねません。就活経験者の七人に一人が「就活うつ」を患っているとのデータもあり、事態の広がりや深刻さから社会問題になりつつあります。(「就活うつ」とは? - 『日本の人事部』

 

つまり、就職活動において失敗をした経験のある学生がストレスを感じて体に不調を起こしてしまうことを就活鬱と呼びます。

 

誰もが一度は、「お祈りメール」を経験します。

 

どんな学生でも一度は挫折を経験するため、誰でも就活鬱になる可能性は秘めてます。

「自分は関係ないや〜」と思っている人でも発症する可能性はあるので要注意です。

就活のうつ病になりやすい人の特徴

f:id:panndaa:20191006154027j:plain

うつ病になりやすい人の特徴

まず前提として就活の鬱病は誰でも発症する可能性がある病です。

 

特徴に当てはまらないから発症しない。ということは有り得ないので就活で少し疲れたな・・と思うときがあったら少し休んでみましょう。 

 

就活のうつ病になりやすい人の特徴は、このような人です。

  • プライドが異常に高い人
  • 責任感が強く、周囲に頼ることができない人
  • 失敗は絶対許されないと思っている人
  • 他人の評価をいつも気にしている人

 

このように周囲の意見や評価を気にしているタイプの人は、お祈りメールを受けたり、エントリシートや面接で失敗をしてしまうと、「自分は何て使えない奴なんだ、、」というネガティブな思考に繋がりうつ病を発症してしまう可能性があります。

 

「失敗は許されない」自分はミスをしない。と思っている人も要注意です。

 

就活でミスをしない人は、一人もいません。

 

なぜなら誰もが就活は初めての経験ですよね?

はじめてやることでミスをしない人はいないので、安心して下さい。

 

一度ぐらいのミスで落ち込む必要は一切なしです。

気持ちの切り替えがうまくできない人は、鬱病になりやすいので気を付けましょう。

就活「鬱」にならないための対処法【休むときは休む】

f:id:panndaa:20190922204540j:plain

遊ぶ!

就活の鬱は、度重なる失敗や初めての経験によるストレスが原因です。

 

就活期間は、非常に長いですが、休める時間もあるはずです。

ずっと毎日説明会に行って、選考に行ってというのはあるはずがないです。

 

もしあったとすれば、まずスケジュール管理を見直した方が良いですね。

 

普通は、休みがあるはずなので、休みのときは目一杯遊びましょう!

友人と一緒に呑みに行っても良いですし、スポーツをやるのもオススメです。

 

とにかく気分転換をしましょう!

就活をずっとしていると、堅苦しいこと発言して丸く生きないと駄目。

 

みたいな思考に陥りがちですが、そんなことはないです。

沢山遊んで、沢山色々な経験をしましょう!

 

一泊二日ぐらいで旅をするのも良いですね。

とにかく、「ストレス解消」を目的にして遊びましょう!

 

息抜きも就活は大切ですよ。

就活の鬱が一向に改善しない場合には、思い切って浪人もあり

どれだけ息抜きをしていても第一志望の企業から内定を貰えないと分かったときは、めちゃくちゃ落ち込みますよね???

 

しかも、それが何度も繰り返し起きたらメンタル強靭な人でも落ち込みます。

 

で、気分が一向に戻らず、もう人生辞めたい、、。とこれぐらい落ち込んだ場合には、思い切って「就活浪人」をするのもありです。

 

就活浪人とは、就活をせずにそのまま大学院を目指すもしくは、留学をする等、新卒入社をしない選択肢になります。

大学院で専門的な知識を広げる:パターン①

これまで学んできた知識を更に広げようとする行為ですよね。

 

大学院に行くと2年間は、新たに勉強をする必要があります。

そして、お金もまた掛かります。

 

経済的にも余裕がある人には、オススメですね。

大学院を卒業すると通常の4大生よりも基本給が高くなったりします。

 

やりたいことが全く見つからない、もしくは就活鬱になって人生を考え直したい。こんな人にオススメの選択肢です。

海外留学をする:パターン②

 【留学費用が格安】フィジー留学のフリーバード などで格安、短期留学をして自分の視野を広げる旅に出かけるのも良いかもですね。

 

海外旅行をすると毎度思うのですが、日本人みたいに毎日苦しい顔して働いている人がほぼいません。(めんどくさそうな顔はたくさんいる)

 

アメリカに行っちゃうと短期でも莫大な費用が掛かってしまうのでフィジーセブ島で格安留学を経験するのは有りですね。

 

価値観の変化もそうですし、国内に戻ってきてからの就活でもそのエピソードは活きると思います。

 

フィジー留学で人生を変えてみますか?  気になる方は、こちらで解説してます。

まとめ:「就活で鬱かも?」と思うのは、誰しもが一度は経験する

f:id:panndaa:20190901144758j:plain

まとめ:失敗を乗り越えよう

本記事のまとめです。

 

就活をしていると、自分「鬱かも?」と思う時期は一度はあります。

 

特に会社説明会のピークになる3月〜4月の時期は忙しかったり、第一志望の企業からはじめての「お祈りメール」が届いたりと苦しい時間を過ごすこともあります。

 

ただ、この苦しい時期を乗り越えることができれば、内定が待ってます。

諦めない人に必ず"内定"は届きます。

 

たとえ、それが第一志望の企業じゃなかったとしても内定が貰えるのは、やっぱり嬉しいですし、自信に繋がります。

 

就活で失敗を沢山経験しても決して「自分は必要のない人材だ、、。」と落ち込むことなく、前を向いて一歩ずつ前進していきましょう。

 

あなたの努力は必ず報われます!

就活を応援してます!頑張りましょう!

 

その他にも参考になる記事をまとめています。

合わせて確認してみて下さい。

関連記事:就活失敗した後の末路を紹介!典型的な失敗パターン3選!【あなたは大丈夫?】 - 【NAKAブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト