【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【21年卒・22年卒向け】必ず登録しておきたいオススメの就職サイト!【もう迷わない】

f:id:panndaa:20200404115737p:plain



2020年1月11日に執筆しました。※2020年4月4日に再更新しました。

この記事は約1分30秒で読めます。

 

本記事は、以下のような方に向けて記事を書いてます。

  • 2021年卒の学生
  • 皆んなとは少し違った就活サービスを使いたい
  • オファー型サービスって何?
  • とにかく企業の情報を多く仕入れたい
  • 就活エージェントって?

 

皆さん、こんにちはtakeです。

2017年卒で就活を経験して今は採用担当の仕事をしてます。

 

Twitterでは、就活に関するノウハウを発信しており現時点(4.4)ではフォロワー数が約1万9千名です!※いつもありがとうございます!!!

 

以前、このような記事を書きました。

  

www.syuukatsutennsyoku.com

 

17卒のときと比較すると就活サービスがめちゃくちゃ増えた気がします…。その結果、何を使って良いかわからない!という方も多くなったと思います。

 

上記の記事では、「OB訪問用のアプリ」で使う就活サービスを紹介してます。

誰しもが使うだろう。と言われるサービスですね。

 

本記事では、王道とは若干外れるがそれでも利用すると役に立つ無料の就活サービスを解説します。

※詐欺と呼ばれるサイトの情報は一切公開していないので安心して下さい。

 

それでは解説していきます。

 

結論として私は、自由応募形式サイト(マイナビリクナビ)で企業を知りつつ、オファー型就職サイトで企業からの声掛けを待つスタイルでの就活が一番効率的だと考えています。

 

どこに良い出会いが生まれるか分からないこそ間口を広げるのは、非常に大切です。

ぜひ参考にしてもらえると嬉しいですね。

 

 

【結論:5選】役に立つ無料の就活サービスを徹底解説【厳選】 

早速ですが、私がオススメする就活サービスは以下の5つです。

マイナビリクナビの登録は済んでいるのを前提に書いてます。

 

OfferBox【オファー型】

 

就活生の4人に1人が利用していると言われている就活サービスです。

 

OfferBox に無料登録しておくと、企業からオファーが届き説明会や選考を受験することができます。※青文字部分を押すとページが移ります。

 

普通の選考に参加するよりも、通過率がグッと高まるので必須で登録しましょう。

 

登録するメリットを3点にまとめると以下の通りです。

  • 自ら応募するスタイルではなくオファーで就活ができる
  • 自分はどんな評価を受けるのか知れる
  • 内定を獲得できる確率が高まる  

 

デメリットは、登録する時間ぐらいです。

 

それでも約3分〜5分あれば初期登録はできます。

まず、始めてみて時間があるときに自己PR文章を作成することをオススメします。

 

OfferBox に登録すると無料で「適性診断AnalyzeU+」を受験することができます。

非常に細かく結果が表示されるので、自分の強みや弱みを把握するのに便利です。

 

OfferBox【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動できます。

 

関連記事:【OfferBox(オファーボックス)の評判・特徴】現役採用担当が徹底解説!【完全無料】 - 【takeブログ】

 

②キミスカ【オファー型】

 

キミスカ  はOfferBox 同様で企業からオファーが届いて就活を進めるサービスです。

 

以下の悩みが当てはまる方は、登録をオススメします。

 

・就職活動って何をしたら正解なのかわからない。

・ES・面接が通らない

・いち早く就職活動を終わらせたい!

・普通とは違う就活をしたい

 

特に理系学生の方は、キミスカに登録しておくと大手メーカーやメガベンチャーからスカウトが届いて有利に就活を進めることができます。

 

卒論の研究などで忙しいと思います。

就活は効率的に進めましょう。

 

キミスカ【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動することができます。

 

関連記事:「キミスカって知ってます?」現役採用担当者が評判やメリット、デメリット、有効な手順を徹底解説しました! - 【takeブログ】

 

digmee 【LINEにオファーが届く】

 

普段使っているラインにdigmeeからオススメの企業情報や選考会、人事が参加する合説に関する情報が手元に届くといったサービスです。

 

基本的に自分で何か探すといった行為は、必要無しなので待つだけです。

他の就活サービスと並行して情報を集めたい!という方にはオススメですね〜。

 

中には、いきなり最終面接進むこともあったりします。

 

登録するデメリットは、正直最初の登録する時間のみです。

 

この辺りもQRコードで読み込むだけで登録できたりします。

一度自分で確認してみて下さい。

 

公式サイトはこちらから

※無料登録所要時間:約1分30秒

 

ねっとで合説 【自宅で企業研究が可能】

 

ねっとで合説 いつでも、どこでも、企業研究ができる!が強みのナビサイトです。

 

就活は、時間との闘いでもあります。

 

沢山の企業から話を聞きたいけど、時間が足りない・・・。

もう一人自分がいたらなーと思ったことはありませんか?

 

上記の悩みを解決してくれるサービスです。

 

極論…、自宅で寝ながら企業情報を見れます。(苦笑)良い時代になったなぁ〜!

そのため、就活を効率的に進めることができます。

 

企業研究だけではなく、「特別選考オファー企業」にイイねを押すと該当企業の担当者から特別選考のオファーが届くこともあります。

 

デメリットとしては、digmeeと同様で登録するときの手間ですかね。

あとは、提携先企業がリクナビマイナビと比べると圧倒的に少ないです。

 

しかし、サイバーエージェントなどの有名企業が掲載されていたりします。

 

メガベンチャーに興味ある方は、自分がもっと知りたい!などの気になる会社が掲載されていないかチェックしてみると良さそうですね。

 

公式サイトはこちらから  

※無料登録所要時間:約2分

 

キャリアチケット 【就活エージェント】

 

キャリアチケット  は、本社を東京都渋谷にあるスクラブルスクエア24階25階に構えるレバレジーズ株式会社が提供している就活エージェントサービスです。

 

会社概要をざっくりと紹介します。

 

2005年にキャリア支援をスタートさせて15年の歴史と累計10万人以上の方のキャリア支援をしてきた実績を元に就活をサポートしてくれるプロ集団です。

 

ハッキリ言ってキャリアチケットは大手企業ではありませんが、一人一人の学生と真摯に向き合っていることが強みですね。

 

下記のような学生は登録、面談に参加することが向いてます。

  • どうやって就活したらいいかわからない
  • 自己分析、ES、GDなどどうしたらいいかわからない
  • 企業の探し方、選び方がわからない
  • 内定がとれない
  • 就活浪人か留年か迷っている

 自己分析がまだ済んでいなかったり、履歴書やESの書き方が分からない…自分の思考を整理させたい。という方は登録をすすめます。

 

面談に参加すると自分の履歴書やESを添削して貰えるし、自分の思考を深掘りしてくれたりするので勉強になります。

 

私も就活生時代にエージェントを利用して自己分析やES添削などを行って貰いました。

 

結局、ご縁はありませんでしたが、自身の就活を行うにあたって大変参考になって良かったです。

 

ただ、就活エージェントに関する「闇」は、Twitterで何度も発信している通りでして気を付ける必要があります。

 

大手は後ほど解説しますが、、、就活生=お金と捉えているパターンが圧倒的に多いです。 

 

本記事の最後には、就活エージェントと上手く付き合う方法を解説しますので最後まで読んで下さいね。

就活が情報戦であると言われる理由【就活初心者:必見】

f:id:panndaa:20191008210159j:plain

「就活は情報戦だよ。」と言われたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

就活が情報戦と言われるには、理由があります。

それは、至る所に就活で活きる情報が落ちているためです。

 

たとえば、

  • ESや履歴書、適性テスト対策を事前にすることができる。
  • インターンに参加すれば早期に選考を受けれたりする。
  • OB・OG訪問を繰り返せば選考を通過できる率が高まる。
  • 人事が面接でチェックしている項目を知れる。

情報感度が高い就活生なら上記の例は当たり前な事実です。

 

上記の例を知っている就活生は、あらかじめ就活の対策を立てやすいですよね?

なかには、面接で聞かれる内容を仕入れてきて完璧に準備する猛者もいました。

 

これらの情報は自分から仕入れに行かないと知ることができないため、「就活は情報戦だよ」と言われるようになったのではと思います。

 

たとえば、前回の記事でも紹介した、OfferBox 就活ノート も知っている学生は当たり前に登録しているサービスです。

 

特にオファー型サービスは、かなり有効な手段なので登録しない理由は無いです。

もし、まだ登録が済んでない方は、効率よく就活するためにも用意しましょう。

就活のサービスはいくつ登録するべき?【管理が煩雑】 

f:id:panndaa:20190913072458j:plain

ときどき寄せられる質問でtakeさん就活サービスはいくつ登録すれば良いですか?と質問されることがあります。

 

結論、1、2でも10でも良いのですが、自分が納得いく企業に出会うためにも出来るだけ多くの企業と接点を持てるようにしてみては?と答えてます。

 

ネットの発達により日本全国の様々な企業情報を知れるようになった今だからこそ、自分に制限をかけずにできるだけ多くの企業と出会うべきだと僕は思いました。

 

確かに物理的に移動ができない or 時間が足りない。

という理由で動けないこともあります。

 

ただ、その悩みもオファー型サービスであれば、基本プロフィールを入力したら待っていればOKなので、負担にはなっていないはずです。

 

特に就活を1月から始めたばかりの就活初心者の方々には、この上記視点を持って色々な企業に足を運んで欲しいと思います。

 

効率よく就活サービスを使いこなせば、できるからやろう!

分からなければ聞いて下さい。

 

※DMは誰でも送れるように解放してます。

  @recruiter_take (take@17年卒で採用担当)まで検索すればヒットするよ〜!

 就活エージェントとの付き合い方【ざっくりと解説】

f:id:panndaa:20190809173307j:plain

先日このようなツイートをしました。

 

Twitterの就活界隈で就活エージェントの利用について論争が渦巻いていたので私が感じる「良くないエージェント」を紹介しました。

 

※実際に私は、人材業界で働いていたので就活エージェントや転職エージェントしている方とも一緒に仕事をしたり、目標数などを把握した上で発信をしてます。

 

就活エージェントは、自分(就活生)が主導してES添削や面接練習の依頼などを行えば非常に有効活用ができると思います。

 

無料で話を聞いてくれて、面接練習もしてくれるのですから使わない手はありませんよね。

 

ただし、自分の考えや意見を相手に伝えるのが苦手・・・という方は、無理にオススメはしません。

 

なぜなら、就活エージェントの考えだけが先行して本来入るべきではなかった企業に入社してしまったりなどのミスマッチが生じる可能性があるからです。

 

就活エージェントもビジネスでやっているので、就活生の内定が決まると内定先企業から数十万円の手数料がエージェントの入るという仕組みになってます。

 

こういった大人の事情を知った上で就活相談(エージェント)を利用するのであれば、問題無いですね。

 

上手く活用することができれば、自分の思考整理するのに便利なので、一度面談に行ってみるだけでも実践してみましょう。

 

参考エージェント:キャリアチケット

                                 キャリアパーク  

 

関東圏にお住まいの方であれば、キャリアパークもありですね。

就活生を対象に様々な情報を提供中でお世話になっている方も多いですよね。

 

エージェント界隈は、良い人と悪い人の2種類に大きく分かれます。

 

冒頭で説明したような悪いエージェントの特徴に当てはまる人に出会ったときは、連絡を取るのを辞めるのが良いですね。

まとめ:就活生は、情報を仕入れよう。【2021年卒向け】

本記事のまとめです。

 

就活は情報戦です。

 

特に昨今、ネットの発達が急速に進んでいるなかでボッーとリクナビマイナビだけ登録して就活をしていては置いてきぼりになります。

 

以下のサービスを参考に必要あれば、即登録して活用しましょう。

 

就活は人生にとって一度だけです。後悔は絶対に残さないようにしよう!!!

 

リクナビマイナビの登録だけでなく、私がオススメするサービスは以下です。

digmee 【LINEにオファーが届く】

 

【digmee】   は、LINEで友達追加するとあなたに合うと思われる企業情報をラインで通知してくれる便利なサービスです。

 

(青文字をクリックすれば公式サイトに飛びます。)

 

登録すれば、後はオファーが来るまで放置でOKなので確認作業も少なく、煩雑なサービスでは無いです〜。

 

もっと業界、企業を沢山見たい!という方にオススメです。

 

公式サイトはこちらから

※無料登録所要時間:約1分30秒

 

ねっとで合説 【自宅で企業研究が可能】

 

ねっとで合説 は、いつでも、どこでも企業研究ができる!が強みのナビサイトです。

 

就活していると時間やお金が足らなくて企業に足が運べない・・・と悩むときもありますよね?そんな悩みを解決してくれるサービスです。

 

掲載企業数は、そこまで多くありませんがメガベンチャーなどに興味がある方は、必見のナビサイトですよ〜。

 

公式サイトはこちらから  

※無料登録所要時間:約2分

 

キャリアチケット 【就活エージェント】

 

キャリアチケット は、就活エージェントサービスです。

 

就活エージェントの利用は、自分の就活スタイルと相談しながら実施を検討すると良さそうですね。

 

誰かに意見を聴きながら、自己分析や企業研究などを進めたいという方にはオススメのサービスです。

 

ただ、本記事でも解説しましたが最終的には、自分の意思で入社する先の企業は決めましょう。

 

その他、別記事で解説してますが「OfferBox」や「就活ノート」の利用もオススメしてます。

関連記事:【悩みを解決します】結局、就活生はどの就活サイトに登録すれば良いのか?【結論:5つのサービス】 - 【takeブログ

 

関連記事:「就活ノートの使い方」を伝授!効果的な使い方・手順・活用方法を知れば内定が取れる!【写真多め】 - 【takeブログ】

 

2020年3月1日まで残りわずかですが、頑張りましょう〜!!

これからもノウハウ発信を続けていきます。

 

それじゃあ、また!takeより。