【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

「仕事を辞めさせくれない」ブラック企業から逃げた実体験談や方法を解説!【バックれてもOK】

f:id:panndaa:20191106195519j:plain

仕事を辞めたいどうしよう・・・

2019年11月5日に記事を執筆しました。

 

本記事では、以下の悩みや疑問を解決する内容となってます。

  • 「仕事が辞めれない、どうしよう・・」
  • ブラック企業過ぎて逃げたいけど、逃げれない
  • バックれても良いか迷っている・・・

※ これまで私は、人材に関する業務を専門的に行なってきました。企業の採用支援を300社以上実施しており、求職者面談(キャリアアドバイザー)の経験してます。

 

皆さん、こんにちはNAKAです。

23歳のときに初めて転職を経験しました。

 

その後、25歳で2度目の転職をして現在3社目の会社で働いています。

人材系の営業をしてきたのですが、今は人事担当者として仕事をしてます。

 

2度転職を経験してきた僕が皆さんに伝えたいのは、「どれだけブラック企業でも本気出せば一瞬で仕事を辞めれる」ということです。

 

いま、採用業務をしていて頻繁にこんなことを言われます。

 

「社長が厳しくて辞めさせて貰えない」

ブラック企業だから辞めれない」

 

本人としては、絶対に辞めることのできない、逃げることのできない壁と感じているかも知れませんが、あなたが仕事を辞めたいと思ったらいつでも辞めれます。

 

むしろ、ブラック企業はホント速攻で辞めましょう!

続けている意味なしです。

 

僕もブラック企業(月間100時間以上の残業)で勤務した経験がありますがメンタルが鍛えられるだけで後は何のメリットもありません。

 

それではブラック企業から逃れるための手順や対処法を解説していきます。

 

 

出社せずとも仕事を辞めることはできる【ブラック企業から逃げる】

f:id:panndaa:20191012213333j:plain

出社せずとも仕事は辞めれる

出社せずとも仕事を辞めることができます。

 

極論、上司や社長に対して明日から仕事を辞めます。有難うございました。

 

これだけでも辞めることができます。

 

相当なブラック企業で「絶対仕事を辞めさせない!」「辞めたら賠償金だ!」と言っているような会社だったら即"電話"をして辞めましょう。

 

ちなみに僕は超絶ブラック企業で働いていたときに「明日からもう出勤しません」と言って仕事を辞めた経験があります。

 

日本の法律では、よっぽどのことがない限り労働者を強制的に就労させることもできませんので、自信を持って辞めるという意思表示をしましょう!

それでも心配な人は「退職の2週間ルール」を使おう

出社せずに仕事を辞めてホントに大丈夫、、?ちょっと怖いんだけど。

 

このような人は、勇気と自信を持って辞めましょう。と言えますが、それでも心配ですよね??

 

そんなときは、仕事を辞めたい日から逆算して2週間前に仕事を辞めると伝えて「2週間後」正式に辞めればOKです。 

 

民法で定められたルールなので安心して使いましょう。

2週間前に口頭で伝えるだけでもOKです。

参考サイト:退職・解雇・雇止め | 大阪労働局

従業員4人が全員一気に辞めた話

f:id:panndaa:20190930212031j:plain

僕が2社目で勤めていた会社の話です。

 

2社目は、毎朝8時から始業して帰るのは、0時とかそんな会社でした。

 

しかし、社長は悠々と朝も遅く出勤をして怒鳴り散らかしては、帰るかもしくは遊びに出掛けるという絵に描いたようなクズ社長でした。

 

ベンチャーで立ち上げたばかりということもあって従業員が4人しかいませんでした。

 

ただ、その4人も数ヶ月経過すると限界が訪れました、、。

 

Xデーのその日に、全員で退職を切り出し一人ずつ社長に退職届を出して仕事を辞めました。

 

超ワンマン社長だったため、仕事を辞めれるか不安でしたが無事に仕事を辞めるができました!!

 

いま振り返っても吐き気しかしない職場ですがそのワンシーンだけは、今でも忘れることができない痛感シーンです。

だから、誰でも仕事を辞めることはできるよっていう話。

「僕が勤めている会社はブラックだから、、」

「社長や上司がワンマンだから辞めるのはムリ、、」

 

こんな風に思っているあなた!絶対辞めれます!

 

「辞めたい」という言葉をきちんと伝えれるか否かこれが鍵を握ります。

 

僕も超ブラック企業で働いていたので気持ちが分かります。

 

きついですよね?

 

毎日叱られて、早い時間から遅い時間まで働く。

 

褒められることはなく、些細なことでも叱られる。

 

もう自分なんてこの世界にいる意味はないんじゃないか?

 

こんな風に思うことも多々ありました。

 

しかし、僕の場合は「仕事を辞める」と一言伝えることで人生が好転しました。

関連記事:【体験談】20代で転職先決めずに仕事を辞めた結果【転職成功しました】

正直、バックれても大丈夫。問題にはなりません。

f:id:panndaa:20190905230917j:plain

もうどうしようもうない・・

よく仕事に関する記事を書くと、こんなコメントを貰います。

 

「仕事を辞めるときにバックれても大丈夫ですか?」

 

結論、バックれても大丈夫です。

 

ばっくれると企業から損害賠償の請求がされるとか言われてますが、まずそんなことは起きないので安心して下さい。

 

裁判を起こすのにも費用が掛かりますし、何よりもあなたが仕事を辞めたことによって生じる損害賠償の"証明"なんてめちゃくちゃ困難ですからね、、。

 

安心しましょう。

 

最悪、バックれて逃げても大丈夫です。

クソみたいな職場からは速攻逃げるが勝ちですよ。

 

超絶ブラック企業で働いて分かったのは、パワハラや長時間勤務に耐えて働く時間ほどムダなことはありません。

 

だから毎日苦しくて、しんどい生活を過ごしいる方はすぐに逃げることを検討しましょう。逃げ方が分からない、どうしよう?という方はメールください。

心配なら「証拠」を集めておくのがオススメです

それでもやっぱり損害賠償請求されないか心配、、。

 

このような方は、証拠集めを行いましょう!!

 

例えば、毎日の日記でもOKです。

 

もっと信憑性が溢れる資料にするべく「エクセルで出勤、退勤の時間をメモしたり、出勤したときに毎日写真を撮影する」などは効果的ですね!

 

パワハラが横行している職場ならスマホを使って録音しましょう。

声を撮っておけばあとで何を言われようが大丈夫です。

まとめ:毎日苦しんで働くのは辞めよう

f:id:panndaa:20190829221315j:plain

NAKAは23歳で初めて転職しました。

 

転職することで幸せになれると信じていましたが甘かったです。

超絶ブラック企業に入社してしまい、人生が詰みました。

 

毎日無理して早出したり、残業したりして働いた結果、精神が壊れる一歩手前まできてしまいました。

 

今、過酷な状況で働いている方に伝えたいのは、「毎日苦しんで働くのは辞めよう」ということです。

 

どれだけ無理して働いても未来は好転しません。

 

未来を変えるには、自分が動く以外方法はないです。

まずは仕事を辞めて新たな道を探しましょう。

 

逃げる方法としては、社長や上司に辞めると伝える従来の方法でも可能ですし、バックれて辞めるというのでもありです。

 

ホワイト企業に転職するためには、まずホワイト企業の特徴を知る必要があります。

こちらの記事に特徴を全てまとめたのでどうぞ。

関連記事:【知らないとマズイ】ホワイト企業の特徴7選紹介!正しい特徴を知って就活・転職を成功させよう!