【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

「とりあえず3年仕事続ける」のは意味がない理由を解説。私は23歳で転職しました。

f:id:panndaa:20191014195903j:plain

とりあえず3年は仕事続ける

2019年10月14日に記事を執筆しました。

 

本記事では、以下のような方に向けて情報発信しています。

  • とりあえず3年働く意味はあるか疑問を持っている
  • とりあえず3年働くデメリット・メリットを知りたい
  • 会社辞めたいけど、3年は働くべきか悩んでいる

※ これまで私は、人材に関する業務を専門的に行なってきました。企業の採用支援を300社以上実施しており、求職者面談(キャリアアドバイザー)の経験もあり。

そして、現在は、現役の採用担当者として業務を行なっているため、旬な情報お届けしております。

 

みなさん、こんにちはNAKAです。

 

仕事を辞めようと思っても、会社や両親、友人からこんなこと言われませんか?

 

「仕事はとりあえず3年働かないと分からない」

「石の上にも3年、まずは我慢しなさい」

「3年も働いていないのに転職?失敗するに間違いない」

 

私はこの常識と言われる「3年間の間に2度転職をして3年目で3社目の会社」に現在は、勤めています。

 

その経験から結論をお伝えすると、「言われたから3年勤めるはマジで無意味」です。

 

ただ何となく世間一般的に辞めるべきでない、転職すべきでないという声を真に受けて転職や仕事を辞めることを避けているのであれば、考え直した方が良いです。

 

本記事では、その辺りをもう少し深掘りしていきます。

まず3年は勤めるべきと言われる理由

f:id:panndaa:20191006154027j:plain

3年は仕事するべきと言われる理由

まず3年は仕事を続けるべきと言われる理由は、こんなところでしょうか。

  • 昔ながらの職人気質な日本人体質が残っている
  • 本当の意味で仕事を楽しめるのが3年目だから
  • 3年以内に仕事を辞めると辞め癖がつくから
  • 我慢することが美徳とされていたから

結構具体的に書きました。

 

まず3年は勤めるべきと言われる理由は、こんなところでしょうか。

 

実際のところ古くからの習慣が根付いている結果だと思われます。

 

3年間を辞めずに続けると感じられるメリットを紹介していきます。

① 3年勤めると後輩ができる

3年企業に勤めると当たり前ですが後輩ができます。

 

早い人だと後輩の教育を任せて貰えたりして、プチマネジメントを学びことができるようになります。

 

3年勤めず会社を辞めて転職すると、また別の会社で一からのスタートになるため後輩はできず、下積み生活がまたスタートします。

 

後輩ができるのは良いですよね。

② 業務知識が専門的になれる

身を置いている業界動向や自身が行なっている仕事について、ある程度専門的な知識を得ることができ、一般の人に比べると詳しい人という位置付けまでいけます。

 

1年目〜2年目にかけて仕事をしていても実際は、あまり分かっていないことが多く本当の意味で仕事を知れるようになるのは、3年目からかなと思ってます。

 

転職しようと思ったときにも、一定の知識を有していると判断して貰える年数が3年になるので、一つの目安にするのはありですね。

③ 社内の人と仲良くなり、居心地が良くなる

※人と会社に寄ります。

 

3年目になると社内の人のことにも詳しくなるため、とても仲の良い関係を構築できることもあります。

 

そのため居心地の良い環境で仕事をできます。

 

反対に3年目も嫌いな人と働くということもあり得るので、つくづく思うのが上司や同僚は本当にガチャだと思います。

 

大当たりもあれば、ハズれもあって結構しんどいですね。

私は、嫌いな人と3年一緒にいる人生は歩みたくないです。

「とりあえず3年続ける」を破ったことによる感想:実体験

f:id:panndaa:20190928221622j:plain

実際わたしは、新卒で入社した会社を1年数ヶ月で退職をしてます。

 

そこで、とりあえず3年は続けるを破ったことによる感想を紹介していきます。

 

辞める前には、実はめちゃくちゃ悩みましたが結論、今は幸せに過ごせているのであのときの選択は正しかったんだなと感じています。

① 周囲から仕事を辞めること止められまくる

これは避けて通れない道です。

 

周囲からめちゃくちゃ止められます。

 

お金も仕事内容も働き方についても不満を持っていなかったので、尚更めちゃくちゃ止められました。

 

当時仕事を辞めた理由としては、待遇というよりも「挑戦」をとりました。

その辺りは別記事で解説しているので良かったらみて下さい。

関連記事:「20代で会社辞めようかな?」とふと思ったときに読んでください【25歳迄に2度仕事辞めた経験あり】

 

ホントに仕事を辞めたいキャリアチェンジしたいと思っているのであれば、周囲から止められても「仕事辞めるんだ」という強い意思が大切ですよ。

② 3年未満に仕事辞めても転職できる

新卒で入社した会社を3年未満で退職すると、大企業はもちろん、中小企業にも転職することはできないとよく周囲から忠告されると思います。

 

もちろん、企業の採用担当者からは面接でなぜ、仕事を辞めたのかと聞かれますが、転職ができないということは有り得ません、

 

むしろ、惰性で3年間、「嫌な気持ちで仕事を続けていた方」が転職できないのではないかと思ってます。

 

嫌な気持ちで仕事を続けていても成長を望むことはできないです。

むしろ、メンタルが崩壊して「鬱」になると転職できる可能性はグッと下がります。

③ 自分の市場価値を知れた

これが一番ですかね。

 

転職を考えるまでは、自分にどんな価値があるのか全く知りませんでした。

知る方法すら知らなかったです。

 

しかし、転職すると決めたときから現在の自分は市場でどのように評価されているのか?と気になり、転職エージェントや転職サイトに登録して測っていました。

 

20代前半ということもあって給与がグッと高まるという求人は少ないですが、「あなたに来てもらいたい」と言ってくれる企業の数は、自分が思っているよりも非常に多いですよ。

 

企業に応募や面接に行ってもらうと分かりやすいのですが、めちゃくちゃ求められてます。

 

20代前半の年齢によるアドバンテージは、マジでデカいです。

④ 20代の時間は超貴重です。

自分が思っているよりも20代の時間は超貴重です。

 

社会人として、じぶんのキャリアをどんどん上昇させていきたいと思っている方は、もちろんのこと着実に安定して働きたいと思っている方も20代の時間は超貴重です。

 

ここ数年の立ち振る舞いで、将来の自分(50代〜60代)のキャリアが決まるといっても過言ではありません。

 

1社目の転職も2社目も転職して良かったと心から思ってます。

 

特に2社目は転職しなければ、今頃メンタル崩壊して強制的に入院してたかもぐらいでヤバイ会社でした。

 

そんな会社から脱出することができ、かつ今は安定した職場で、ゆっくりと働けているので幸せです。

3年未満で仕事を辞めるのは怖い【まとめ】

f:id:panndaa:20190928203616j:plain

本記事のまとめです。

 

3年未満で仕事を辞めるのは、ぶっちゃけめちゃ怖いです。

しかし、一歩踏み出す勇気を出さなければ、現状は何も変わりません。

 

もっと自分の人生を豊かにさせてくれる会社に行きたい、ブラック企業から脱出したい、ホワイト企業に入社したいと思うのであれば、仕事を辞めるしか方法ありません。

 

自力でホワイト企業に変える力なんて、20代にはありませんからね。

関連記事:【知らないとマズイ】ホワイト企業の特徴7選紹介!正しい特徴を知って就活・転職を成功させよう!

 

私もはじめて転職するときはとても怖かったです。

 

しかし、もっと成長させたい、20代で1,000万円稼ぎたい。という思いが強くなったので勇気を出して仕事を辞めました。

 

辞め方に少し問題はありましたが・・・。笑

 

怖いという気持ちがあっても一歩踏み出すと景色が変わります。

いままで見えてなかった景色を見たい方は、一歩踏み出しましょう。

 

応援してます!

 

それじゃあ!また!