【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【報告】25歳以下の転職に資格はいらない!あなたはどのキャリアに進む?【実体験】

f:id:panndaa:20190729202718j:plain

2019年9月12日に記事を執筆しました。

 

先日、25歳で3社目の「転職」が決定して内定を得ることができました。

NAKAです。

 

ちなみに3社目では、2社目の会社以上の「基本給」と自身が希望する「職種」を得ることができ、プチキャリアアップができました。

 

本記事では、以下内容をお伝えします。

  • 25歳以下の転職に資格がいる?
  • 25歳キャリアアップするにはどうすれば良い?
  • 資格があると転職で有利になるのはなぜ?
  • 資格無しで転職を決めるにはどうすれば良い

このような悩みに対して情報を発信していきます。 

 

 

無資格25歳で2度転職して成功した事実【実体験】

f:id:panndaa:20190722110526j:plain

冒頭でもお伝えしましたが先日二度目の「転職活動」を行いまして、無事3社目に内定をもらうことができました。

 

恐らくですが、もう転職活動は行わないと思います。

 

今回の転職活動では、自分が納得する給与と勤務条件、希望職種を達成することができたのでスキルを磨いて成長するまでは、これからお世話になる会社で成長させてもらおうと思ってます。

 

ちなみに転職先は、東証一部上場企業」です。

 

みなさん、20代で転職するには資格や実績ないと転職できないと思ってませんか?

 

実は25歳までは、「無資格」、「未経験」で転職をすることが可能です!

 

転職活動が成功したポイントを整理すると、以下の内容を実施しました。

  • 1社目と同じ業界で2社目も経験を積んでいた
  • 最低限「話す力」を身につけていた
  • 仕事を退職してから転職活動を本格化させた
  • 転職キャリアアドバイザーを利用した

それぞれ詳しく解説をしますね!

① 1社目と同じ業界で2社目も経験を積んでいた【資格いらない】

私の経歴ですね。

 

1社目は、大手求人広告会社に入社しました。

その後1年数ヶ月働いたのちに退職をして、同じ業界の会社に転職しました。

 

そして、今回3社目は、企業の人事部に転職を行いました。

 

つまり私の場合は、「キャリア」が一貫していたという事実があります。

 

20代で転職活動を頻繁にしている人でキャリアが一貫していない人は、転職活動で不利になる場面も存在してます…。

 

転職準備として、まずはキャリアを一貫させるというのと「経験」を積むというのを意識して、日々の仕事に臨みましょう。 

 

辛かったけど、日々人材業界に身を置いて「採用」に関する知識を身に付けておいてよかったと思った瞬間でした。

② 最低限「話す力」を身に付けていた【資格いらない】

f:id:panndaa:20190728103213j:plain

1社目、2社目では営業職についておりました。

 

そのため、相手に対して自分が考えていることを分かりやすく、正しい内容で伝えることができるように成長してました。

 

話す力があると転職の面接などで威力を発揮します。

 

私は25歳なのですが、「25歳なのにこれだけ落ち着いて、話す力があってすごい…。」となるわけです。

 

勝手に相手が20代は話す力が低いという先入観が存在するおかげで、自分がすごいと思ってもらえるなんて、とてもラクですね。苦笑

 

「転職活動」をスムーズに進めたいと思う方は、転職準備として話す力を磨くことを意識することをオススメします。

 

たとえ営業職についていなかったとしても「話す力」を成長させることは可能です。

 

大卒の就活でも内定が貰えやすいのは、話す力が高い人から順番に企業から内定を貰ってましたよね?それと同じ現象が転職活動でも起こります。

関連記事:【Fラン大学生】内定が貰える人の特徴、現役の採用担当者6つの理由を紹介!【2021年卒】

③ 仕事を退職してから転職活動を本格化させた【資格いらない】

今回の転職活動では、仕事を辞めてから本格化させました。

 

通常は勤めている間に転職先を決めて、退職するというのが普通ですが、今回私はあえて仕事を辞めてから転職活動を本格化させました。

 

金銭的には、非常に苦しい場面が続きましたが結果を振り返ってみると「よかった!」と思てます。

 

理由は以下の通り。

  • 時間が無限にあるので転職活動に集中できる
  • 会社の選考を大量に受験することができる
  • 一度気持ちをリセットすることが可能

細かく理由を絞るとこのような理由になりますね。

 

転職に投下できる時間が増えるのもオススメですし、何よりも「会社の選考」を大量に受験することができるのは、非常によかったと思います。

 

就活生並みに企業に応募して面接を受験して、説明を受けて、ということを行いました。

 

その結果、自分が納得できる転職ができ、いま普通に幸せな環境で働いてます。

 

一度気持ちをリセットする意味でも25歳以下の方には、一度会社を退職してゆっくりと自分を見つめ直す時間をとっても良いのかな〜と思ってます。

④ 転職キャリアアドバイザーを利用した【資格いらない】

f:id:panndaa:20190515102705p:plain

今回初めて「転職キャリアアドバイザー」を利用してみました。

 

これまで自身が人材系でキャリアを積んでいるので「ぶっちゃけ、いらないでしょ」という感覚でしたが、今回利用してみて思うことは、「絶対に使った方がいい」です。

 

これ詳しく書くと「キャリアアドバイザー」だけで1つの記事かけるのでポイント絞ってお伝えしますけど、以下が最高な点です。

  • 履歴書・職務経歴書を添削してくれる
  • 自分の価値観や思考に合った会社を紹介してくれる
  • 面接サポートを実施してもらえる

特に25歳以下の第二新卒と呼ばれる方々は、利用するデメリットはないのではないかと思ってます。

 

現在人事部で働いてみてとても感じるのですが「履歴書・職務経歴書」の書き方が雑すぎる人が多すぎです。

 

恐らく誰にも見せずに自分の感覚で進めているのだと思いますが、それだとほんとに「トホホ……。」な結果が待ってます。

 

せっかく無料で添削してくれるサービスなので利用して最高な履歴書、職務経歴書を準備して転職活動を実施しましょう!

25歳以下は未経験でも転職ができる最後のチャンス

f:id:panndaa:20190515093728p:plain

新卒で入社した会社の雰囲気が違って「仕事を辞めたいなー」と思っていても中々次のステップに進むのって勇気がいりますよね?

 

私は25歳で3社を経験しているワケですが、「不安」がなかったワケではありません。

 

もしあなたが新たな業界、新たな職種をゼロから目指そうと考えているのであれば、25歳までの時間が一番最適でオススメです。

 

大卒であれば25歳までは「第2新卒」と呼ばれる新卒と同じ扱い受けることができる会社が非常に多いのが一番の理由です。

 

その他最後のチャンスと私が考える理由は以下の通りです。

  • 第2新卒でゼロから教育してくれる
  • 3年以上同じ会社に勤めると固定概念が染み付く
  • 25歳以上になるとキャリアを捨てれない

それぞれ解説していきますね!

第2新卒でゼロから教育してくれる

新卒=能力がなく、育てる必要がある

 

このような認識が世間一般的には存在します。

 

では、中途はどのようなイメージでしょうか?

 

恐らく多くの人は、このようなイメージを持ちませんか?

 

中途=即戦力ですぐに活躍ができる人

 

即戦力が求められる世界であれば、未経験で新たな業界、職種に挑戦することなど「25歳以下の若者」にはできるワケがありません。

 

第2新卒という扱いを受けることができれば、未経験と同じ枠で評価をしてもらいやすく年齢も25歳なので、ギリギリ新卒!という社内評価で多少失敗しても多目をみてもらいやすくなります。

② 3年以上同じ会社に勤めると「固定概念」が染み付く

日本で新卒が評価される理由にあるのが、「自社の色に染めやすい」ためであると言われてます。

 

つまり、自社を愛して定年まで働いてくれるような人材は、新卒で採用して研修するのが早いと思われてきたわけです。

 

なので日本社会式の教育を受けると、「固定概念」が強く染み付くため、3年経過した後に新たな挑戦をしようしたときに「ブレーキ」をかけやすい体質になってしまいます。

 

もしあなたが挑戦したい、環境を変えたいと思っているのであれば、3年を待たずに「転職」を考えることをオススメします。

 

私は事実、25歳で2度転職をして、現在3社目の会社で人事担当者として働いています。

やりたいこと、叶えたいことは自分が動かないと何も実現しません。

③ 25歳以上になるとキャリアを捨てれない

25歳以上になると、ある程度社内でも先輩肌を吹かせるようになってきて、上司からも頼りにされる頃に差しかかってくると思います。

 

そんなときあなたは、「ゼロからキャリアを積み重ねる」ことができますか?

少なくとも私は、考えたときに「ムリだなと」思いました。

 

だって周囲は知っている人に囲まれて、先輩も後輩も名前を知っていて、仕事で困ったら相談をしてという環境はっきり言ってイージーじゃないですか?

 

上司が辛かったとしても、同僚がいたら何とか乗り越えれるはず、そんな環境を捨ててまで転職をすることができるかな?という疑問が合ったので私は転職を決意して新たな会社に飛び出しました。

25歳以下の転職に資格はいらない【まとめ】

f:id:panndaa:20181119232816p:plain

本記事の結論を要約すると、「25歳以下の転職に資格や経験は一切必要ない」自分がやりたいことを素直に挑戦して良い年齢である。ということを伝えたいです。

 

まず私が転職を成功させた、ポイントを整理すると以下の通りになりました。

  • 1社目と同じ業界で2社目も経験を積んでいた

⇨1社目の経験を更に伸ばすというイメージを持って転職活動を行なっていった。

  • 最低限「話す力」を身につけていた

⇨「営業」という仕事を通じて「話す力」を身に付けました。

  • 仕事を退職してから転職活動を本格化させた

⇨仕事を退職して十分な時間を作って転職活動をやり切りました。

  • 転職キャリアアドバイザーを利用した

⇨個人の力だけでは、資料の完成度にも限界があるためプロのキャリアアドバイザーにアドバイスを求めました。

 このように特別なことは一切してませんし、持っていて凄いと言われるような資格も私にはありません。

 

それでも自分がなりたい仕事に転職することができました。

 

あなたも転職をして新たな環境に移りたい、挑戦したい、と思うのであればまず「情報収集」をすることから始めることをオススメします。

 

幸い私は、人材業界に身を置いていたので、人の流れや転職市場マーケットには詳しかったです。

 

もしも、何も知らない!という状態であればまずは、転職サイトに複数登録を行いどのような会社がどんな仕事を募集していて、どれくらいの人数を採用しているのか、採用フローはどんな感じ?なのかを確認してみて下さい。

 

そうすると、グッとあなたの転職市場を見る目が鍛えられて、来るべき本番に備えることができるでしょう〜!!

 

それじゃあ!また!