【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【実体験】社会人3年目で転職した理由と転職すべき人の特徴を徹底解説【保存版】

社会人3年目で転職した理由・25歳で転職した結果を報告します。

社会人3年目で転職

2019年10月12日に記事を執筆しました。

 

本記事では、以下の内容を発信しています。

  • 25歳で仕事を退職した理由(実体験)
  • 25歳で転職しても良い人の特徴
  • 25歳では転職しない方が良い人
  • 転職して変わったこと

このような疑問・不安を解決する内容です。

 

※ これまで私は、人材に関する業務を専門的に行なってきました。企業の採用支援を300社以上実施しており、求職者面談(キャリアアドバイザー)の経験もあり。

そして、現在は、現役の採用担当者として業務を行なっているため、旬な情報お届けしております。

 

みなさん、こんにちはNAKAです。

 

25歳といえば、大卒で社会人になった人とは、ちょうど3年目の年で「節目の年」だ!と思っている人は、多いのではないでしょうか?

 

とりあえず3年の3年がきたので転職を考える人も多いはずです。

実は私はこれまで2度の転職経験があります。

 

1度目は23歳、2度目が25歳です。

 

本記事では、25歳で転職を考えている人に向けて仕事を辞めることを決意した理由やそのあとに「大企業から内定を獲得」することができたワケについて発信していきます。

 

それでは宜しくお願いします!

 

25歳で私が仕事を辞めて転職した理由

25歳仕事を辞めた理由

私が25歳で転職した理由を紹介していきます。

いま転職を考えているあなたにも合う内容があるのではないでしょうか。

 

以下が主な理由になります。

  • ブラック企業だった
  • 上司がパワハラの鬼だった
  • 将来性を感じることができなかった
  • やりたいことができた
  • 大企業に転職したかった

それぞれ解説していきますね!

ブラック企業だった

超絶ブラック企業でした。

 

23歳ではじめて転職をして入社した会社だったのですが、大ハズレで超絶ブラック企業で毎日仕事に終われるという日々で、本気で死を覚悟したぐらいキツかったです。

 

例えば、朝7時に出社して退勤するのは、夜中12時、1時とかはザラでしたね。

こんな生活を続けても何の価値もないです。

 

働いていた当時は、この苦しみが将来の自分を救う材料になるとか思って頑張ってましたけど、まじで意味ないです。

 

普通にホワイト企業に就活・転職することを考えましょう。

ホワイト企業の特徴ってなに?という方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

関連記事:【知らないとマズイ】ホワイト企業の特徴7選紹介!正しい特徴を知って就活・転職を成功させよう! - 【NAKAブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

 

それよりも普通に働ける会社で、仕事が終わった後に自己投資の時間を作った方がよっぽど成長することができます。

② 上司がパワハラの鬼だった

パワハラのレベルではないぐらいキツかったです。

 

「おまえは生きている価値がない」

「なぜ、こんなこともできない?給与払いたくないわ」

「カスすぎて話にならない、おわり」

 

こんな風に汚い言葉の嵐を受ける日々でした。

 

そんな状況だったので、転職を決意してからは、すぐに頭を切り替えることができました。

 

即、仕事を辞めるために必要な手続きと、転職活動を並行して行うようにしました。

 

しかも、少し面白いのが、当時勤めていた従業員4名ぐらいいたのですが全員辞めました。

 

それほど当時の上司(社長)に対して全員が恨みを覚えてました。

いまでも「転職して良かった」と心から思ってます。

③ 将来性を感じることができなかった

こんな苦しい職場で働いていれば、将来の自分はとても強いメンタルを手に入れて仕事もバリバリできる人になっているのではないか?と考えたときもありました。

 

しかし、少し休みながら将来のことを考えると、「マジで無意味な時間」ということに気付きました。

 

毎日苦しい思いをして働いていても将来性のない職場にいては、人生の時間を消耗することはもちろん、転職してキャリアアップする機会も失われてしまいます。

 

いまあなたが勤めている会社でも、将来性を感じることができないのであれば「転職」を検討することをオススメします。

 

まずは、情報収集だけでもOKです。

外部に意識を持たせるということが非常に重要だといえます。

 

ブラック企業から逃げるには、まず外部と関わりを持つということが第一歩です。

④ やりたいことができた

25歳だった当時、私は営業職の仕事に就いていたのですが、他に別の仕事へ挑戦したいという想いが強くなりました。

 

というよりも、営業職に消耗しすぎてしまい、少し時間の余裕が持てる仕事にうつりたかったというのが本音ですかね。

 

NAKAが2度目の転職して希望職種に就けた話は、こちらの記事で詳しく解説しているので良かったらどうぞみて下さい。

関連記事:【実体験】僕が25歳で2度転職をして一部上場企業へキャリアップできた5つの理由

⑤ 大企業に転職したかった

23歳ではじめて転職したときにNAKAが転職したのは、ベンチャー企業でした。

 

しかもゴリゴリで会社立ち上がって1ヶ月とかそれぐらいのベンチャーで、社員数も社長含めて3人の会社です。

 

そんなところで働いてみて思ったのは、社長とのパワーバランスがしっかりしていないと完全に崩壊するという話です。

 

労働時間の管理もできてませんし、休日の管理もない、パワハラも行われるという働く環境としては、最悪な現場でした。

 

23歳ではさすがにキツい環境でした。

そのため私は「大企業」に転職したいという想いが強くなりました。

 

色々調べていくと30代以上よりも、20代のが大企業に転職しやすい。ということが分かりました。

 

そのため、25歳という社会人3年目の節目の年だからこそ転職して新たな生活を手に入れよう!という気持ちに固まり、仕事を辞めて転職しました。

25歳の転職で気をつけるべきポイント

25歳の転職で気をつけるべきポイント

23歳、25歳で転職を2度経験しているNAKAが本当に気をつけるべきポイントを解説していきます。

 

まず、一番気を付けなければならないのが「身だしなみ」です。

 

ぶっちゃけ企業は、20代の求職者に対して特別なスキルを求めていないです。

(持っていないことが多いため)

 

スキルではなく、じゃあどこをアピールするんだ!と思うかもしれませんが「20代という年齢」が一番のアピールポイントなのです。

 

30代、40代の人に比べて社会人歴も浅いですが、それだけ伸び代がある世代です。

 

そこで、年齢の割には「雰囲気があって、落ち着いている」「新卒とは違う」こんな風に採用担当者に思って貰うことがゴールです。

 

新卒の場合、教育を行う必要がありますが中途ですとその手間が省けるため、非常に企業の採用担当者としては、嬉しい人材になり得ます。

 

その他注意すべき点を解説していきます。

① 企業研究は徹底して行う

新卒の就職活動でも「企業研究」を行なったという方は、多いかもしれませんが転職活動においての企業研究は、より深く正確に行う必要があります。

 

25歳といえば、社会人3年目なので企業としてもある程度社会人としての知識は持ち合わせている人と判断している場合が多いです。

 

なので、もし仮に業界が同じ企業へ転職活動を行うとすると、仕事に対する質問や業界に対する深い質問が入る可能性が高いです。

 

逆に未経験の業界に転職活動をしていたとしても、「これぐらい知っていて当たり前だよね?応募者なら。」というスタンスで少し意地悪な質問が飛び交う可能性もあります。

 

自分が希望する会社の知識や業界に関する動向は、しっかりと深くまで調べておくことをオススメします。

② 履歴書・職務経歴書の作成は本気で取り組む

現在、私は採用担当者として仕事をしているので、日々多くの求職者から中途採用に関する応募書類が届きます。

 

毎回驚きなのですが、文章に誤字脱字があったり、図が途中できれていたりと不完全な状態で提出してくる人がかなり多くいることに驚きを隠せません。

 

そのため履歴書や職務経歴書の内容をしっかりと書いておけばそれだけで他の応募者との差別化に繋がるため、丁寧に最後まで書き上げるということをオススメします。

 

自分一人で書くのは、非常に骨が折れるのでキャリアアドバイザーに手伝って貰ったり、友人や親にも添削を依頼すると良いですね。

 

わたしは、キャリアアドバイザーに相談して転職活動を進めていきました。

 

そのため二度目に入社した会社では、職務経歴書の作成方法」に対してお褒めの言葉をいただくことができました。

③ 企業に対してレスポンス早くを心がける

書類の提出スピードや面接の御礼メールなど「企業に対してのレスポンス」は早くを心掛けましょう。

 

元々営業職だったのでこの辺りは、意識せずとも実践できたのかもしれません。

 

レスポンス早くを心がけるとそれだけで、企業から評価を貰えるのでラクですよ。

特別なことは一切しなくてOKです。

25歳はじめての転職は怖いけど、一歩踏み出すと景色が変わる【まとめ】

初めての転職は怖いけど景色が変わる【25歳】

25歳ではじめての転職を考えている人は、多分転職することが怖いと思います。

 

「本当に今の会社やめても大丈夫かな?」

「転職活動失敗するのではないか?」

「他社でやっていけるのかな・・」

 

たくさん不安な気持ちになりますが、一つ言えるのは「何とかなる」ということです。

 

いま勤めている会社に対して特別な不満を抱いていないのであれば、転職する理由は見当たりませんが、ブラック企業の体質で働き方に不安を感じたり、パワハラを受けていて精神的に病みそう。

 

というかたには、転職することをオススメします。

わたしは転職したことで自分の「人格」、「命」を守ることができました。

 

ぶっちゃけそれぐらいキツかったです。

 

ブラック企業に勤めていると、ホワイト企業はないのではないか!!?とパニックになりそうですが、普通の会社は山ほどあります。

 

あなたが今回たまたまハズレクジを引いてしまっただけです。

 

いま仕事で苦しんで毎日泣きそう、もしくは、精神的に壊れそう。 

という方は、すぐに転職しましょう。

 

大丈夫。

 

25歳で2度転職して、社会人3年目で転職しましたが、何とかなってます。

むしろ大企業にキャリアアップすることができました。

 

あなたの転職活動がうまくいくことを願ってます!

 

それじゃあ!また!