【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【体験談】20代転職活動がうまくいかない人の特徴と僕が転職成功した3つの理由

20代転職活動うまくいかない人

転職が上手くいかない人の特徴

2019年10月15日に記事を執筆しました。

 

本記事は、このような方に向けて情報を発信しています。

  • 20代で転職を考えている人
  • 20代で転職失敗しない方法を知りたいと思っている方
  • 20代のリアルな転職話を知りたいと考えている

※ これまで私は、人材に関する業務を専門的に行なってきました。企業の採用支援を300社以上実施しており、求職者面談(キャリアアドバイザー)の経験もあり。

そして、現在は、現役の採用担当者として業務を行なっているため、旬な情報お届けしております。

 

みなさん、こんにちはNAKAです。

 

20代って人生の分岐点だと思っていて、私の場合だと23歳が人生の分かれ目でした。

 

なぜかというと、初めて仕事を辞めることを決意して実際に転職した年齢が23歳だったからです。

 

そして、今本記事を読んでくれている方は、恐らく今「転職活動」を行うことが考えていて上手くいかない人の特徴を知って「転職成功」させよう!と思っている方なのではないでしょうか。

 

結論をお伝えすると、「転職成功=情報戦」です。

 

どれだけ多くの情報を集めて転職活動を進めることができるかによって、ホワイト企業に入れるか、もしくは妥協してブラック企業に入社するハメになるかが決まります。

関連記事:【知らないとマズイ】ホワイト企業の特徴7選紹介!正しい特徴を知って就活・転職を成功させよう!

 

これから皆さんの転職成功を願って自分が経験した体験紹介していきます。

それでは宜しくお願いします。

 

 

20代で転職がうまくいかない人の特徴【5選】

ここで言う転職がうまくいかないというのは、"内定が貰えない"ということではなく、「ホワイト企業」又は、「一般的に憧れる企業」に転職することができない人の特徴を指します。

 

偉そうに上から話しているなと思われるかもしれませんが実際私は、社員数5名以下の会社から"一部上場企業"へ転職を成功させています。

関連記事:【実体験】僕が25歳で2度転職をして一部上場企業へキャリアップできた5つの理由

 

以下が5つの特徴になります。

  • 転職活動に時間を割けない
  • 転職サイトを活用仕切れていない
  • 履歴書・職務経歴書が適当
  • 転職軸が定まっていない
  • 仕事のモチベが低い

それぞれ解説していきます。

① 転職活動に時間を割けない

現職が忙しすぎて転職活動にまとまった時間を割くことができない人は、転職活動を苦戦してしまい、結局妥協する特徴があります。

 

忙しすぎると言っても転職活動で必ず必要な内容は、これぐらいです。

  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 筆記試験対策(最悪やらなくてもOK)
  • 業界研究(企業HPみとけば大丈夫)
  • 面接対策(本一冊買って読めばいい)

わたしも以前は、毎月残業が80時間を超える職場にいましたが今紹介した内容ぐらいは準備することができたので、本人のやる気次第だと思ってます。

 

転職に対して甘く考えていると、痛い目に合いますよ。

しっかりと自分を守る、成長させる。という意味でもしっかりと準備しましょう。

やろうと思えば誰でもできます。

② 転職サイトを活用しきれていない

現在、様々な転職サイトがネットを調べると出てきますが「転職が上手くいかない人」の特徴として、一つのサイトにだけ登録して転職活動を進めていることが多いです。

 

サイトが違えば掲載されている会社も違うわけで業界も様々です。

 

一つのサイトのみで転職活動を行うのは、機会損失が大きいので、できるだけ多くの転職サイトに登録してみて情報を集めましょう。

 

転職活動は、狭く広くという考えではなく、できるだけ広く情報をまず集めて最後狭く1社〜3社に絞っていくのが一番良い活動の仕方ですね。

③ 履歴書・職務経歴書が適当

履歴書・職務経歴書の中身は、選考にあまり関係なくて面接が一番大事でしょ?と考えている人が意外と多いのですが、その考え方だと確実に失敗します。

 

特に20代は、キャリアも浅く30代以降の人材と比べると能力も低いことが多いのでどこでカバーするかと言えば、年齢とやる気です。

 

やる気を一番アピールできるのは、履歴書や職務経歴書の中身です。

 

中身がいまいちな応募者が多いので、しっかりと書き上げることができればまず他の応募者とも差をつけることができます。

 

適当に履歴書・職務経歴書を書くのではなく、プロからの指導も受けつつ、世界に一つだけの自分の経歴書を作りましょう。

※プロというのは、キャリアアドバイザーを指します。

④ 転職軸が定まっていない

就活のときも「軸」を決めなさいと言われませんでしたか?

 

就活軸が定まっていない求職者は、「転職で実現したいこと」も決まっていないことが多いので何を目的にして転職活動を進めるべきか分かりません。

 

そのため志望する業界や企業も様々となり、結果として企業の面接官から「こいつ・・転職に対して本気度薄いな」、「自分が達成したいことも分かっていない」とマイナスの印象を与えることになってしまいます。

 

軸を決める。というのは、決して難しいことではないです。

 

自分が転職で何を実現させたいのか、本当に楽しめる仕事とは?を自問自答すればOKです。

⑤ 仕事のモチベが低い

そもそも仕事に対してモチベが低いとは、転職活動もうまくいかないです。

 

一方でこんな人は、うまくいく可能性があります。

 

仕事に対してのモチベは低いけど、現状を変えたいという思いは強くあって転職活動に対してとてもやる気がある状態。

 

こんな人は、ブラック企業から脱出してやる!と強く思ってたりするので、転職活動にも本気の気持ちが乗って上手くいきやすいです。

まずは、仕事を辞める決意を固めよう

転職活動はまず仕事を辞める決意を固めることがスタートです。

仕事を辞めることがスタート

これまで転職活動がうまくいかない人の特徴を紹介してきました。

 

ただまずやるべきことは、「仕事を辞める決意を固める」ことです。

決意が固まらない状態だと転職活動にも本気が乗らないので、うまくいきません。

 

ちなみにNAKAは、こんな風に気持ちを固めました。

ざっと流れを書くと、こんな感じです。

①:仕事を続けるメリット、デメリットを書き出す

仕事を続けるメリット、デメリットを書き出して、論理的にどこに不満を抱いているのか、どこを今後改善したいのかを書き出してみる。

 

②:親や大切な人に退職の相談をする(メリット:デメリットを見せる)

書き出した内容を親や大切な人にみせながら説明して相談を行う。

 

③:嫌いな上司の顔をみて納得

論理的に仕事を辞めることが正しいことを理解したあとに嫌いな上司の顔をみると、「あ、辞めるべきだ」という気持ちになりました。

 

④:退職願を提出 

退職願を提出して、「2週間ルール」を決行して辞めました。

僕が転職成功した3つの理由:実体験談

わたしは、これまで2度の転職経験があります。

1度目は23歳で、2度目が25歳のときです。

 

ただ、23歳のときは転職失敗しました。

これまで解説してきた特徴通りの若者でした。

 

しかし、反省をしてもう1度挑戦したことによって、上場企業に転職することができて残業時間も月80時間から月10時間以下のホワイト企業に転職することができました。

 

僕が転職成功させるために意識したことを解説します。

①:履歴書・職務経歴書完璧に仕上げた

転職活動がうまくいかない人の特徴でも紹介しましたが、僕は履歴書・職務経歴書の内容を他の20代には負けないように徹底して作り上げました。

 

もちろん、一人だけだと失敗してしまうことになるので、キャリアアドバイザーに相談をして無料で添削を行って貰いました。

②:できるだけ多くの企業に応募した

転職活動は、本来数社に絞って活動するのが基本ですが僕の場合は、できるだけ沢山の企業に応募して、たくさんの話を聞いて、面接慣れをするのと同時にたくさんの転職に関する情報を集めることを意識しました。

 

また、企業に応募をたくさんすると、履歴書や職務経歴書だけで落とされる会社も結構あることに気付きます。

 

そのときになぜ?落ちたのかをきちんと考えるようにしました。

改善に改善を重ねることで、より良い履歴書・職務経歴書が仕上がりました。

③:若干話を盛りました

転職活動で「嘘」をつくことはご法度です。

絶対に辞めましょう。

 

ただ、若干話を盛るのはOKです。

 

営業やっている人だったら分かると思いますが、他社よりも優れている点とか実績については、多少話を盛って説明することありますよね?

 

それと同じで自分が挙げた実績は、多少大きく話を盛って説明するのはありです。

特に20代ですから大した実績を挙げていることは、少ないと思います。

 

少しでもネタがあれば良い風に話しちゃいましょう。

20代の転職活動うまくいかない人の特徴【まとめ】

本記事のまとめです。

 

20代の転職活動で上手くいかない人の特徴は、以下の通りです。

  • 転職活動に時間を割けない

現職との兼ね合いで時間を割くのが難しい人は、転職できませんしできたとしてもブラック企業に行くことへなるのでオススメしません。

  • 転職サイトを活用仕切れていない

1社に登録して満足している人がたまにいますが、情報不足すぎます。

転職成功させたいのであれば、もっと情報集めましょう。

適当な内容で書類選考が通過するほど甘い世界ではないです。

完璧に仕上げていきましょう。

  • 転職軸が定まっていない

転職で必ず実現させたいことって何ですか?

僕の場合は、残業を減らす、自分の時間を作る。これが軸でした。

 

結果、両方手に入れることができて、上場企業で働いているので成功したかなと思ってます。

  • 仕事のモチベが低い

 仕事に対してモチベが低い状態では、転職がうまくいきません。

 

ただ転職のモチベが異常に高く、仕事は嫌い。という方は、転職活動が上手くいく傾向にあります。

 

現状を変えたい!という強い思いがある人は、上手くいきます。

 

あなたの転職活動がこれから上手くいくことを願ってます!

 

転職したいけど、資格がないからなー。と思っている人は、こちらの記事をどうぞ。

関連記事:【報告】25歳以下の転職に資格はいらない!あなたはどのキャリアに進む?【実体験】 - 【NAKAブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト