【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

「2019年卒で仕事を辞めたい」と思ったときに読んで下さい。【ヒント:31%は辞めている】

f:id:panndaa:20190923222215j:plain

2019年卒で仕事を辞めたいと思ったとき

2019年9月25日に記事を執筆しました。

 

2019年4月から社会人の門を叩いた皆さんこんにちは、人事ブロガーのNAKAです!

 

わたしは2017年卒で既に2度の転職をしながらも現在では、東証一部上場企業で人事をしてます。

 

本記事では、以下の内容を発信していきます。

  • 2019年卒で仕事を辞めようと考えている
  • 転職を失敗させたくない
  • 社会人1年目で仕事を辞めても大丈夫?不安

このような悩みや不安を持っている方に対して解決できる内容を紹介します!

 

結論、自分に合わないと思ったのであればもう少し頑張ってみてそれでも合わなければ仕事を辞める決断をしても良いです。

 

更に事例を紹介すると、もう既に2019年卒の31%は、仕事を辞めているという事実、皆さん知ってましたか? 

関連記事:2019年卒の新入社員がすでに31%も辞めている!?早期離職を防ぐために企業が行うべき対策とは?-Manegyニュース | Manegy[マネジー]

 

それでは、皆さん宜しくお願いします。

 

「2019年卒で仕事を辞めたい」と思っているのはあなただけはない

f:id:panndaa:20190922145344j:plain

仕事を辞めたい=2019年卒全員が思っていること

「2019年卒で仕事を辞めたい」と思っている人は、あなただけではないです。

ぶっちゃけ社会人の8割は、仕事を辞めたいと思っているはずです。

 

2019年卒として4月から社会人の扉を開けて期待と希望を持って、スタートさせた方はとても多いのではないでしょうか??

 

わたしは、2017年卒でしたがやはり社会に対して高い期待を持って社会人の扉を開けました。

 

しかし、本記事をみてくれている皆さんと同様でゴールデンウィーク明けぐらいからは、「もう仕事を辞めたい…。」と思ってました。

 

辞めたい理由は、人それぞれだと思いますがそれでも共通する内容も多くあります。

 

以下がその例です。

  • 自分が希望した部署や職種に配属されなかった
  • 上司と相性が合わなかった
  • 自分がイメージしていた仕事と異なった
  • 給料が安く・残業が多い・休みも少ない
  • ノルマが厳しすぎる

それぞれ解説していきます。

① 自分が希望した部署や職種に配属されなかった

f:id:panndaa:20190916064151j:plain

多いのが就活時代に希望していた部署や職種に配属されず、日々自分が希望していなかった仕事をしているパターンです。

 

これわたしも経験があります。

 

就活生時代に「最終面接」を受験し終わって内定を貰えるというタイミングのときに面接官からあなたの希望している勤務地に配属してあげるから来て欲しい。と言われました。 

 

そして、わたしは東京勤務を希望しましたが結果「地方」に配属されることになってとてもモチベーションが下がった苦い記憶があります。

 

新卒で配属されてからわたしと同じようにモチベーションが下がってしまっている方は、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんなときは、少し我慢して頑張ってみて合わなければ転職を考えるべきです。

② 上司と相性が合わなかった

ぶっちゃけ上司との相性で仕事が楽しいものになるか、ただの辛い時間になるのかって決まる気がしています。

 

とくに新卒は、右も左も分からない状態なので、経験が豊富で新卒をうまくフォローできるような人でないと、新卒を孤立させたり、ただの使えない人材にしてしまいます。

 

「上司との相性が合わない」という理由で仕事を辞めることを考える人は、けっこう多い理由だと思います。

 

なんだか上司との相性が合わないなーと思ったらまずは、身近な同期や先輩に相談してみましょう。

 

意外と一緒の思いを抱いていることもあって仲良くなれたりしますよ!

仕事を辞めるだけでなく、周囲の人と支え合うこともできるか試してみましょう。

 

周囲との関係性も築こうとした上で「仕事を辞める」という選択肢になったのであれば仕事を辞める準備を進めていきましょう!

③ 自分がイメージしていた仕事と異なった

f:id:panndaa:20190914145537j:plain

新卒で多いのが=ミスマッチです。

 

つまり、会社説明会や選考で抱いていたイメージと実際に入社してからのギャップが大きいと「自分がイメージしていた仕事と違う!」という感情になり仕事を辞めるきっかけとなります。

 

とはいえ、会社説明会や選考のときは、各企業じぶんたちの仕事がとてもカッコよく映えるように努力してます。

 

ぶっちゃけ企業側が悪いです。

華やかな面だけをみせて泥臭いところは隠していたのですから…。

 

なので、自分がイメージしていた仕事と違うという理由で辞めるのは正当な意見です。

 

止める理由にはなりませんので、きちんと自分の思いを上司に伝えましょう。

④ 給料が安く・残業が多い・休みも少ない

いまよりも更に環境の良い職場を求める感情は当たり前です。

 

誰もわざわざブラック企業で働きたくないですからね…。

 

就活生時代は、自分がやりたい仕事、かっこいいな!と思う仕事で働く場所を決めていた方も多いのではないでしょうか?

 

ただ2019年卒で入社して数ヶ月経過すると、自分がどれくらい普段お金が貰えて、将来どの程度の収入になるのかがわかるはずです。

 

他にも有給がとりやすいのか、休みはきちんと確保されているのか、様々な働く環境のポイントを感じとることができたはずです。

 

そこで、ブラック企業だな、残業も多く休みもないという会社に入社してしまったのであれば、てまずは転職するための情報収集だけでもはじめましょう。

 

今あなたがいる会社よりも更に高待遇な会社は山ほどあります。

関連記事: 【実体験】22歳、23歳、24歳、25歳で転職するメリットとデメリット徹底解説!【比較してみた】

⑤ ノルマが厳しすぎる

f:id:panndaa:20190913072458j:plain

ノルマがキツい

営業=ノルマの世界です。

 

数字という結果を出さなければただのポンコツです。

 

文系学生は、ほとんど大学を卒業すると営業職に配属される運命を辿ります。

 

なかには、天才的なセンスで、新卒でいきなり成績をグングンと出していく人もいるでしょう。

 

しかし、営業という世界は甘くはありません。

 

どれだけ結果を出していても、一瞬だけではだめです。

 

常に結果をだすことを求められます。

 

あなたはそのプレッシャーに一生勝つことはできますか??

 

心身共にプレッシャーを感じて消耗してしまいませんか?

 

もし少しでも「営業が嫌だな…」と思ったら早めに職種を切り替えることをオススメします。

 

いやいや営業をしていても結果はでることはまず有り得ません。

 

そして、結果がでない=上司に怒られる、⇨メンタルを病むという方式が毎年成り立ちます。

 

2019年卒の皆さんもそろそろ冬が近くづくに連れて病む人が増えてくるはず。

病む前に職種を切り替えることを考えましょう。

2019年卒でも仕事を辞めても大丈夫

新卒が仕事を辞めることは全く問題はないです。チャレンジできる環境があるのであれば挑戦しよう

2019年卒で仕事を辞めても大丈夫

まだ入社して数ヶ月しか経過していないのにもう辞めるって言ったら周囲から根性がないや、すぐ妥協する人間というレッテルを貼られるのではないか?と考えているあなたに送ります。

 

2019年卒でも仕事を辞めても大丈夫です。

 

まず仕事を辞める勇気を持ちましょう。

 

社会人1年目の場合では、「まだ一年目だから仕事が辛いのは当たり前」、「みんな我慢しているから頑張る」このような根性論に振り回されがちです。

 

その結果、無理な仕事が祟り体に異常をきたす人が多いです。

 

そうならないためにもまずは、仕事をやめても大丈夫という考えを持ちましょう。

 

あなただけが辞めているのではなく、2019年卒の31%はもう最初の仕事を辞めて別の仕事について新たなスタートを切ってます。

 

辞めることが正義ではもちろんありません。

 

しかし、まずは「転職」に関する知識は取得しておくべきだと私は考えてます。

 

まずは、転職に関する情報収集を始めましょう。

繰り返しになりますが、「2019年卒でも仕事を辞めても大丈夫」です。

 

辛い仕事は、無理に続けず新たな仕事を探すべきです。

関連記事:【まだ辛い仕事しているの?】新卒2年目で仕事を辞めて感じた9つのこと【良い面・悪い面を徹底解説】

2019年卒でも仕事は辞めれる【新卒:辞める】

2019年卒で仕事を辞めたいと思っているあなたへ本記事のまとめです。

 

まず結論、31%の仲間はもう仕事を辞めています。

 

2019年卒として4月から社会人のスタートを切った人の多くは、もう仕事を辞めて新たな道を歩み始めています。

 

これを聞いてあなたも辞めなければならないという話ではなく、「転職に関する知識をつけないとな」と感じて下さい。

 

仕事はぶっちゃけいつでも辞めることができます。

ただし、転職に関する知識はすぐには取得できません。

 

となると、日々少しずつ情報を取得する必要が有ります。

 

そのためには、以下の方法がオススメです。

ざっと紹介すると、このような集め方が存在しています。

 

まずは、自分の会社が他の会社と比較したときにどれだけ働きやすいのか、給与は高いのか、休みは多いのか?といった視点からチェックしてみて下さい。

 

きっと新たな視点が見つかるはずです。

 

もしそれで行動したいな・・と思ったら迷わず行動するべきです。

23歳・24歳・25歳の時間は二度と訪れることは有りません。

関連記事:【報告】25歳以下の転職に資格はいらない!あなたはどのキャリアに進む?【実体験】

 

自分がやりたいこと、挑戦したいことに向かって頑張りましょう。

 

それじゃあまた!!