【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【体験談】20代で転職先決めずに仕事を辞めた結果【転職成功しました】

f:id:panndaa:20190905230917j:plain

2019年9月13日に記事を執筆しました。

 

「20代で転職先を決めずに仕事を辞めた結果」⇨「転職成功しました」

 

どうも、こんにちはNakaです。

 

25歳で現在3社目の会社に勤めていて、「新卒」でもう2度転職活動を成功させてます。

 

これから転職を始めようとしている、20代の方や仕事を辞めれなくて困っている人の支えや希望になるべく今日も記事を書いてます。

 

結論を先にお伝えすると、「転職先を決めずに仕事を辞めた」けれど、生きることができてます。しかも、自分が入社したい!と思っていた東証一部上場企業」に転職することができました。

 

そこで、本記事では以下の内容を発信していきます。

  • 20代で転職先を決めずに仕事を辞めた結果
  • 20代転職はできるの?
  • 仕事をやめるのは大変?

このような悩みに対して情報を発信していきます。

 

それでは宜しくお願いします。 

 

転職先を決めずに仕事を辞めた結果【良い面】

f:id:panndaa:20190913072458j:plain

わたしは、2社目の会社を退職するときには「転職先」が決まっていない状態で仕事をやめることになりました。

 

通常であれば仕事をしながら転職先を探すという方法が一般的であると思いますが、私は、そうではなく転職先を決めないままに仕事を辞めました。

 

結論、「なんとかなります」それで人生終わるのか?というと終わるワケではありませんし、転職先を決めずに仕事を辞めても大丈夫です。

 

ただそれでも私のようなパターンは、できれば「真似」しないことをオススメしたいと思ってます。

 

仕事を決まらずに辞めたことによって「よかった!」と思えることもあれば「辛い…」と感じることもあってそれぞれを解説していきます。

 

そして、両者を知って自分に合う選択をしてもらえたらと思います。

 

まず、「よかった!」と思えた内容は、以下の通りになります。

  • 嫌いな上司の顔を見なくなった
  • ストレスからの解放
  • 転職活動をしているのを隠す必要がなく自由だった
  • 休みを楽しむことができた
  • 今後のキャリアを見直す時間が取れた

 まず良い面からそれぞれ解説していきますね。

① 嫌いな上司の顔を見なくなった

f:id:panndaa:20190826224909j:plain

実をいうと今回仕事を辞めるという話がまとまったのは、退職する1週間ぐらい前というとても短期間の間で話がまとまっていきました。

 

通常であれば、退職交渉して退職日を決めて、それに向かって上司や同僚と毎日顔を合わせながら仕事を進めていくというのが普通のスタイルだと思います。

 

しかし、今回「急に」退職することが決まったおかげ?でもともと嫌いだった上司の顔を見る回数が少ないまま仕事を辞めることができました。

② ストレスからの解放

仕事を辞めた後にストレスから解放されるのでは?と考えられる方が多いと思いますが、実は、「仕事を辞める」という事実を上司に報告した時点から気持ちがスーパー軽くなります。

 

それまで背負っていたもの全てを投げ出すことができて、プレッシャーもストレスも無くなってしまいます。

 

分かりやすくお伝えすると「責任」がなくなるということです。

 

もちろん、仕事を辞めてからもストレスからの解放は続きますが、転職先を決めずにさらっと上司に仕事を辞めますと伝えた、あの瞬間の快感は忘れることができません。笑

③ 転職活動をしているのを隠す必要がなくなった

f:id:panndaa:20190901144758j:plain

私は2度の転職を経験しているので分かるのですが、転職って「コソコソ」と行動しなくてはいけないことが多いです…。

 

面接を受けにいく企業への連絡や応募書類を作成したりと、同僚に気づかれても「気まずい」だけなので、基本的にはバレないように進めていくことになります。

 

バレないように気を使って「転職活動」をすると、本当にストレスが溜まります。

 

しかし、今回は転職先を決めずに仕事を辞めることになったので、そのあたりのストレスも一切ありませんでした。

 

同僚にも気を使うことなく、退職をすることができました!

④ 休みを楽しむことができた

f:id:panndaa:20190827210355j:plain

転職先を決めて仕事を辞めることになると、次の会社にいつ入社するのかが決まった状態になります。

 

もちろん入社先が決まっておくと心理的な不安は取り除くことができますが、「仕事がまた始まる〜」というストレスが発生してせっかくの退職後の休みを満喫することができません。

 

私の場合は、1社目を退職したときに1ヶ月後には、次の会社で働くことが決まってました。

 

なので、月日が近付くにつれてストレスが増して、最後には、2社目の入社日に「熱」を出して休むことになりました。

 

ちなみに40度を超える高熱でした。

⑤ 今後のキャリアを見直す時間が取れた

f:id:panndaa:20190817001258j:plain

自分の進むべき方向性を決める重要なことは、時間をかけてじっくりと考える必要があります。

 

私は仕事を退職する前までは、とても煩雑な毎日を過ごしてました。

 

朝7時に出勤して帰ってくるのは、23時を超えるのは当たり前な日常でした。

 

よく生きて生活していたな…と思うぐらい狂った働き方をしてました。

 

そんな状況が続くとまともに自分のキャリアを考える時間も取れませんし、ネガティブな選択ばかりを続けることになってしまいマイナスの連鎖が止まりませんでした。

 

転職先を決めずに仕事を辞めたことによって、次の会社のしがらみもなければ、もちろん今もしがらみが存在していないため、ゆっくりと今後のキャリアを考えることができました。

 

今振り返ると、しっかりと時間を取って今後の自分が進むべきキャリアの方向性を決める時間を取ることができた結果、転職活動が上手くいったのではないかと考察しています。

転職先を決めずに仕事を辞めた結果【悪い面】

ここまで転職先を決めずに仕事を辞めた結果、「最高」だったを全面に出して情報を発信してきました。

 

しかしながら、良い面だけを伝えるのではなく悪い面も伝えていかないと皆さんのためにならないので、私が実際に感じた「悪い面」を3つ伝えていきます。

 

以下が実際に感じた「悪い面」になります。

 

① 貯金の減り方が凄まじい

② 失業手当は貰えない

③ 社会的信用度はゼロに落ちる 

 

こちらもそれぞれ詳しく解説していきます。

① 貯金の減り方が凄まじい 

f:id:panndaa:20190818203540j:plain

恐ろしい勢いで貯金が減っていきました。

 

特に私の場合は、実家から職場に通勤していた訳ではなく、一人暮らししていて賃貸だったので毎月の家賃が固定費として7万円近くあったため問答無用で「請求」が届く訳なんですよね。笑

 

家賃に加えて食費や遊ぶお金も合わせると、10数万円が毎月減っていくので貯金の残高をみると胃が何度も痛くなりました。

 

給与の3回〜4回分の貯金がない場合は、仕事を辞めてから困ってしまう可能性が大きいので在職しているうちから貯金をするように心掛けましょう。

② 失業手当は貰えない

仕事を辞める=失業手当が支給されて「最低限の生活」を送れる。と思いがちですが、実は、失業手当は支給されるのがとても難しいです。

 

支給される方法を簡潔に紹介しますね。

そもそも支給自体は、雇用保険に1年以上加入をしている人であれば「支給」されますが、お金が貰えるタイミングが異なります。

 

即支給される人は、「会社都合による退職」で、仕事を辞めてから3ヶ月後に支給される人は、「自己都合による退職」です。

 

即支給されるのが、「会社都合」による退職ですね、会社から不利な人事配属をされたり、退職の勧告を行われて「仕事を辞める」と会社の都合による退職だとハローワークに認めてもらうことができます。

 

しかし、多くの人は、会社からの根回しや知識不足から会社都合による退職ではなく、自己都合による退職になってしまいます。

 

事実、私も「自己都合退職」にすり替わっていました。

 

その結果、支給申請をしてから失業手当のお金が貰えるまでは、3ヶ月かかることを知らされてしまい、「絶望」しました。

③ 社会的信用度はゼロに落ちる

仕事を辞めてブラブラするということは、いわゆる「ニート」になるわけです。

そうなると周囲からの信用度はゼロになります。

 

実際わたしも「お金」の工面が非常に大変でした。

 

毎月のクレジットカードの支払いや日常の交際費など支出が非常に多く、少しでもお金の支払いが遅れてしまうと催促の連絡が届くようになります。

 

仕事を辞めて貯金が数百万ある方は、ゆっくりと遊んでいても良いのかもしれませんがそうではない場合は、派遣などで収入を得るようにしておくと安心かもしれません。

転職先を決めずに仕事を辞めた結果【まとめ】

f:id:panndaa:20190813092732j:plain

本記事のまとめです。

 

20代で転職先を決めずに仕事を辞めるというスパッとした行動を行なった結果ですが、私は、非常に楽しい、ストレスからの開放でした。

 

よく考えてから行動をすべきということを話す方が時々いらっしゃいますが、「よく考えて出した結論」も、「スパッと考えた結論」もさほど変わらないというのが持論です。

 

結論が変わらないのであれば行動をすぐに移すべきですよね…。

 

仕事を辞めることで自分の時間を多く持つことができるため、転職活動も腰を据えてじっくりと行うことができます。

 

私は今回2度目の転職活動を行なって3社目に入社したわけですが、ハッキリ言って成功しました。

 

自分が入社したい業界、会社に無事に入ることができたわけですが、一人の力ではなく「転職エージェント」や「転職サイト」を有効活用しつつ、「ハロワーク」でも地元の企業がどのような「求人を出しているのか」を確認していました。

 

仕事を辞めるのが怖い…。という方は、まず情報取集だけでも行なってみましょう。

 

20代は、「資格」や「経験」がないと転職ができないと考えているあなたには、このような記事がオススメです。合わせてご確認下さい。

関連記事:【報告】25歳以下の転職に資格はいらない!あなたはどのキャリアに進む?【実体験】

 

きっと新たな視点が生まれて、新たなリアクションを取ってみたい!と思うようになると思います。

 

それじゃあまた!!!