【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【悲報】大卒で就活しないまま卒業すると、想像以上に苦しみます。【結果】

在学中に就活をしないとどうなるのか?について解説します。

大学在学中に就活をせずに卒業するのは苦しみます。

2019年8月9日に記事を執筆しました。

 

皆さん、こんにちはtakeです。

 

遂にTwitterのフォロワー数は1万1千人を超えました。

 

 

 

ありがとうございます。

 

今回は、「大卒で就活しないまま卒業すると想像以上に苦しみます。」こんなテーマで記事を書きました。

 

2017年卒で実際に就活を行なった、私が実体験をもとに就活をしない場合のリスクについて解説をしていきます。

  

本記事は、下記のような内容を知ることができます。

  • 就活をせずに自分の力でいきて生きたい
  • まだ働かずに遊びたいんですけど?
  • とりあえずは派遣登録して働けばOK?
  • なぜ就活しないといけないのか分からない

 

このような方たちに向けて情報を発信していきます。

 

オススメの就職サイトも紹介をしていてOfferBoxキミスカは絶対に登録しましょう。

 

就活は、オファー系サービスを使うのが当たり前です。

 

なぜなら、リクナビマイナビを使って企業を探しつつ、企業からのスカウトを受けて進めるのが一番効率的だからです。

 

 

就活生が必ず登録すべき就職サイト【4選】

まず、有益な企業情報を取得することができる就職サイトの紹介です。

本ブログで何度も紹介してますが、とにかくオススメです。

 

就活に関する情報を仕入れないと業界研究もできませんし、企業研究もできないのでまずは、大量の情報をインプットできるように就職サイトに登録しましょう。

 

OfferBox は、2022年卒の方も既に登録できます。

 

私がオススメする就活サイトは、以下の通りです。

①オファーボックス

②キミスカ

③digmee

④ねっとで合説

 

リクナビマイナビは自ら企業を探してエントリーという流れです。

 

しかし、上記で紹介したサービスは、オファー型の就活サイトのためプロフィールを登録しておけば後は、企業からの「オファー」待ちです。

 

通常の自らエントリーして説明会に参加する。という流れよりもオファーで招待されて参加する選考のが通過率や内定率がグッと高まることは明白です。

 

とりあえず登録しておくというスタンスでも良いでしょう。

必ず登録しましょう。

 

人って良いな〜と思っても行動に移さない人が多いです。

いま、「やるべきだよな…」と思った人は、すぐに行動へ移しましょう。

 

1日24時間あるうちの10分使えば無料で登録できます。

やろう。

 

それぞれ簡潔に概要のみ解説しました。

①オファーボックス【オファー型】

就活生の4人に1人が利用していると言われている就活サービスです。

 

OfferBox に無料登録しておくと、企業からオファーが届き説明会や選考を受験することができます。※青文字部分を押すとページが移ります。

 

普通の選考に参加するよりも、通過率がグッと高まるので必須で登録しましょう。

 

登録するメリットを3点にまとめると以下の通りです。

  • 自ら応募するスタイルではなくオファーで就活ができる
  • 自分はどんな評価を受けるのか知れる
  • 内定を獲得できる確率が高まる  

 

デメリットは、登録する時間ぐらいです。

 

それでも約3分〜5分あれば初期登録はできます。

まず、始めてみて時間があるときに自己PR文章を作成することをオススメします。

 

OfferBox に登録すると無料で「適性診断AnalyzeU+」を受験することができます。

非常に細かく結果が表示されるので、自分の強みや弱みを把握するのに便利です。

 

OfferBox【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動できます。

 

関連記事:【OfferBox(オファーボックス)の評判・特徴】現役採用担当が徹底解説!【完全無料】 - 【takeブログ】

②キミスカ【オファー型】

キミスカ  はOfferBox 同様で企業からオファーが届いて就活を進めるサービスです。

 

以下の悩みが当てはまる方は、登録をオススメします。

 

・就職活動って何をしたら正解なのかわからない。

・ES・面接が通らない

・いち早く就職活動を終わらせたい!

・普通とは違う就活をしたい

 

特に理系学生の方は、キミスカに登録しておくと大手メーカーやメガベンチャーからスカウトが届いて有利に就活を進めることができます。

 

卒論の研究などで忙しいと思います。

就活は効率的に進めましょう。

 

キミスカ【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動することができます。

 

関連記事:「キミスカって知ってます?」現役採用担当者が評判やメリット、デメリット、有効な手順を徹底解説しました! - 【takeブログ】

③digmee【LINEを利用した就活】

LINEで就活【digmee】  がキャッチコピーの就活サイトです。

友達登録するだけであなたに合った企業情報が定期的に送られてきます。

 

興味があれば、そのまま選考に進むも良し、まずは説明会に参加するといった「待つ姿勢」で就活を進めることができます。

 

リクナビマイナビを利用して攻めの就活をしている間に、オファーボックス、キミスカ、digmeeを使ってオファー型の就活を行うのが一番効率的だと私は思います。

 

なかには、いきなり「最終面接!」といった連絡も届いたりするそうなので登録しておきましょう。

 

digmee【公式サイトはこちらから】  

 

下記の記事でも就活ナビ(リクナビマイナビ)を使った就活ではなく、今後は逆オファーが拡大することを説明してます。

newswitch.jp

④ねっとで合説【時間、場所を気にせず企業研究が可能】

動画で始める新しい就活の形!ねっとで合説  がキャッチコピーの就活サービスです。

 

どんなサービスかというと、言葉の通りネットで合説に参加することができます。

 

あとは、企業の会社説明会や業界の紹介動画などがサイトで閲覧できます。

そのため、自宅で寝転がって企業研究や業界研究をすることが可能です。

 

就活をしているとどうしても交通費やカフェ代はもちろん、時間が無くなって「就活したいのに時間が足りない!」という事態が発生します。

 

そんな問題を解決するのが、「ねっとで合説です。

 

ねっとで合説【公式サイトはこちらから】

 

大学時代に就活をしないことを決めた人の理由は5つ存在していました。

大学時代に就活をしない人の主な理由は5つあった

【例】大学時代に就活をしない人の主な理由

2017年卒に実際に就活活動をしていた、私が周りにいた大学時代に就活をしていなかった人の特徴をまとめてみました!

 

結論、大学時代に就活をしない主な理由は、

  • 大学卒業後の人生設計をしていなかった
  • 就活に対してのやる気がなかった
  • 単位取得が難しく、卒業ができなそう
  • 自分で稼いで生きていく
  • 第一志望の会社から内定を貰えなかった

この内容理由が目立ちました。

 

どちらかというとネガティブな理由で、大学時代に就活をせずに卒業しようと考えている人が多いですね。

 

それぞれ詳しく解説をしていきます。

① 大学卒業後の人生設計をしていなかった

卒業後の人生設計が甘く見積もっているタイプの人は、就活をせずに卒業をすることが多いです。

 

在学中に卒業後は、自分は◯◯になりたいんだ、◯◯のような働き方をしたい!という目標を見つけれることが重要だと言えます。

② 就活に対してやる気がなかった

在学中に就活を行なったものの、やる気がないためどの企業からも内定を獲得することができずに卒業の時期を迎えてしまうタイプも結構多いです。

 

就活に対してやる気がなかったというよりは、「働く」ことに対してネガティブな思いを抱いており就労する気がそもそもないパターンですね。

 

企業の面接官はもちろんプロですから、働く意欲が低い学生に対して内定を出すことは有り得ません。

 

内定を獲得することができない日々が続くとそもそもの就労に対しての意欲が極端に低いため、あっさりと就活もやめてしまい結果、大学を卒業するまで就活をしないケースに発展します。

③ 単位取得が難しく、卒業できなさそう

大学の卒業単位を獲得することが難しく、卒業ができなさそうなため「就活」を諦めるパターンです。

 

そんなことあり得る???と思われがちですが、マジで結構あります。笑

 

単位取得ができなさそうなためもう就活を辞めて、大学の単位取得に集中するか、遊びに没頭するかのどちらかに分かれます。

④ 自分で稼いで生きていく

今までの特徴よりは、ポジティブな意見になります。

 

在学中に自分で「自分で稼いで生きてく」ことに目覚めた人ですね。

 

大学生でも稼ぐことができる時代が昨今の特徴でも有ります。

 

例えば、

このような内容が最近の大学生ビジネスマンで多い仕事内容です。

 

大卒で就活をせずに自分で、そのまま事業を興していく人も少しずつ増えてきています。

⑤ 第一志望の会社から内定を貰えなかった

就活初期は、一生懸命に就職活動を行なっていた人も第一志望の会社からお祈りメールが届いた瞬間に気持ちが切れてしまい就活をせずにダラダラと、卒業を迎えることも有ります。

 

その他、就活を頑張っていても内定が中々獲得することができず、就活が長引いてしまっている人も同じく就活をすることを諦めてしまい、大卒ニートになってしまう方もいらっしゃいます。

 

就活が大変で苦労するのは一瞬です。

 

苦労する理由と改善策が知りたい場合は、こちらの記事をどうぞ。

【就活とはそんなに大変なのか?】就活で苦労する瞬間ベスト5選を紹介!!【実は就活余裕】

大学在学中に就活するべき理由と苦しむポイントを紹介していきます。

なぜ、大学在学中に就活をしなければ苦しむのか理由を解説

【答え】大学在学中に就活しないとなぜ、苦しむのか?

ぶっちゃけ大卒で卒業しなくても、働く先は大量にあるから困らないでしょ?と思う方もいらっしゃると思います。

 

確かに、大卒で卒業しなくても仕事をすることは可能です。

 

しかし、本当にあなたが行い仕事、休みや給与もしっかりしている会社に入社しようと思うであれば、よっぽどの理由がない限りは大学在学中に就活を行うことをオススメしています。

 

それでは大卒で就活をして就職をしないと、なぜ苦しむのかワケを解説していきます。

① 日本は圧倒的新卒主義な社会

日本では新卒が無敵です。

 

海外では、キャリアアップを目指して転職を繰り返すことも当たり前ですが、日本では職歴が何もない状態が一番採用をしてもらいやすいです。

 

日本企業は、何色にも染まっていない状態である新卒を採用して、自社の色に染めていきたいという思惑が強いため新卒にこだわる大手企業は非常に多いです。

 

圧倒的に新卒を採用したいと思う企業は多いため、既卒でしかも大卒ニートで仕事を何もしていない状態だと採用をしてもらえる可能性は非常に低いです。

 

そのため卒業してから就職活動をしようと思っていても、あまりうまくいかずに人生のどつぼにはまっていく人は意外と多いです。

② 知恵もスキルもない状態はオワリ

ただ何となく就活をせずに卒業をして遊び尽くしたから、「就職活動をしよ〜」というタイプはオワリです。

 

先ほど解説しましたが、日本では圧倒的に新卒が評価を受けます。

 

誰でも受かるようなブラック企業に入社することはできるかもですが、新卒が入社を目指すようなホワイト企業に入社することは難しく、ニート生活が長引く恐れがありです。

 

大学卒業も何もせずにぼーっと生きているだけでは、就活をしても受かることはまずないです。

 

少なくともインターンシップなどには参加するようにしましょう。

③ 「フリーランスで稼げる」は一握りです

自力でお金を稼げるから就活をせずにフリーランスで生きていくわ!と大学の在学中に私の友人A君がそう言って就活を行いませんでした。

 

しかし、卒業後数ヶ月するとA君が就職活動をしているという噂を聞きました。

 

なぜか調べてみるとフリーランスの活動がうまくいかずに資金繰りが回らなくなったため就活をし始めたそうです。

 

将来的にフリーランスになるのは、とても良いことだと私も思います。

 

特にこれからの時代は、個人がメディアとなって自分で稼ぐことが可能になる時代です。

 

しかし、まず社会人としての一般常識や企業のルールを知らないままでは、自分が営業活動をしたとしても買ってくれるでしょうか?社会人マナーを知らないことで、世間と少しズレが生じる恐れがあります。

 

まずは社会人として数年(1年〜3年)は働いて、社会の仕組みを学んでからフリーランスになることをオススメしたいです。

 

圧倒的に知識があって、新たなサービス、仕組みを作ることができる!ということであれば話は別ですが、ほとんどの人は『今』存在する仕組みを利用してのビジネス展開になると思います。

 

それであれば、まずは社会人としての基礎を学んでからビジネスを展開することが最適です。

社会人としてまずデビューしてそのあとに自由を求めることをオススメしています。

まずは社会人としてデビューしましょう。

就活しなかった結果、苦しむことになるので改善しよう

「就活しなかった結果」苦しむという事実は変わることはありません。

 

日本は新卒至上主義の社会なので、新卒が一番就職しやすい状況であるため、既卒になるとそれだけ苦戦することが予想されます。

 

なので、新卒で就活せずに既卒でもう一度就職活動をするという方は、戦略を立てて行動を起こしていく必要があります。

 

就活をしなかった結果の「苦しみ」から改善する方法は、以下の通りです。

  • 転職サイトに登録する
  • 就活支援サービスに登録する
  • ハロワークに通う

基本的な部分のみ解説しますね!

① 転職サイトに登録する (無料)

求人情報を知らなければまず応募することができなので、どんな会社がどのような求人を展開しているか確認してみましょう。

 

転職サイト=社会人経験者ではなく、既卒対象の求人も数多く取り扱っています。

まずは、登録して情報を集めましょう。

② 就活支援サービスに登録する(無料)

 就活支援サービスは、あなたが希望する条件や考え方をもとにして、条件に合致する企業を紹介してくれるサービスです。

 

完全無料で面接や面談、筆記試験、エントリシートの添削も行ってくれるので、自信が無い方はぜひ利用することをオススメします。

 

むしろ、一度も社会に出たことが無い人は、使うしかないです。

一人では就活は絶対できません

③ ハロワークに通う(無料)

公共職業安定所ですね。言い方古いかも笑

 

ハロワークは、昔ながらの求人を扱っているところなので、まずは足を運んでみて公的な支援を受けることができないか探ってみましょう。

 

お金を貰いつつ、資格取得を目指せる支援も行っているので一度窓口の人に相談をしてみるもありかもしれませんね。

【大卒:内定まま卒業するのはあり?】まとめ

本記事のまとめです。

 

大卒で在学中に就活しないのは、卒業後には苦しむ人が圧倒的に多いです。

 

まず、在学中に就活を行わない人の特徴(理由)は、

  • 大学卒業後の人生設計をしていなかった
  • 就活に対してのやる気がなかった
  • 単位取得が難しく、卒業ができなそう
  • 自分で稼いで生きていく
  • 第一志望の会社から内定を貰えなかった

このような理由が存在しています。

 

私が2017年卒で就活をしている当時もそのような人はいましたが、そもそも自分の未来を真剣に考えていない人も目立ちました。

 

あとは就活をしていて内定が貰えず心が折れてしまい、就活をやめる人もいましたが、就活は諦めなければ必ず内定を獲得することはできます。

 

諦めない気持ちを持って行動をしていきましょう。

 

就活で行動量が大切な理由はこちらの記事で解説しています。

 

よければどうぞ!!

【就職活動で大切にすべきこと】行動量が内定を貰える率が変わります。

 

在学中に就活しないまま卒業すると、想像以上に苦しむ理由は、

  • 日本は新卒を優遇する傾向あり
  • 知識も知恵もない場合は就職できない
  • フリーランスで稼げるのは一握り

このような理由が挙げられます。

 

特に知識も知恵もないというのは、新卒の場合は大学卒業して間もないので求められるスキルも少ないのですが、卒業をして1年経っていたり、時間が経過していると企業から求められるスキルの水準も高くなります。

 

そのときに企業から求められているスキルに自分の能力が追いついていなければ、就職することは困難になってしまいます。

 

ここまで就活しないまま、卒業するリスクを解説してきました。

 

私は、在学中に就活をしてまずは一般企業に入社することをオススメします。

 

そのあとフリーランスとして独立するのもよし、副業として兼業するのも良きだと思ってます。

 

まずは就活をして社会とは何かを学ぶべきと考えております!!

 

皆さんの就活がうまくいくように本サイトでは引き続き支援を続けていきます!

 

それじゃあまた!!NAKAより