【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【失敗談】23歳大企業を入社2年目で退職。ベンチャー企業に転職して失敗した話

23歳大企業を入社2年目で退職した話

23歳大企業を入社2年目で退職

2019年9月30日に記事を執筆しました。

 

みなさん、こんにちはNAKAです。

 

23歳で大企業を辞めてベンチャー企業に転職した結果、転職先を1年経たずで辞めてもう一度転職をして25歳で2度の転職経験がある人事ブロガーです。

 

現在は、上場企業の人事部に所属して採用活動を行なっています。

 

仕事をしていると嫌なことありますよね?

 

特に新卒1年目のときは、大学時代の自由な生活を振り返って、毎日仕事辞めたいと思いながら社会人生活を過ごしていました。

 

そこで、ほんとうに仕事辞めたらどうなるの…?、やっぱり転職した方が仕事がラクになるのか?、大手よりベンチャーに行った方が給与貰えるの?こんな疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、以下の内容を発信していきます。

  • 23歳で大企業を辞めて転職失敗した話
  • 仕事を辞めるメリット・デメリット
  • ベンチャーって実際どうなの?

このような疑問や不安に対してお答えします!

 

それでは宜しくお願いします。

 

23歳転職失敗しました【入社2年目の夏】

23歳、入社2年目の夏に初めて転職を決意しました。

 

私が当時勤めていた会社は、社員数も1万名に近く「雇用」のインフラを支えるような仕事をしていました。

 

同期の数も多く300名はいましたね。

おそらく誰もが一度は聞いたことのある会社です。

 

私が仕事を辞めた理由は色々ありましたが、待遇の不満と「もっと挑戦したい」という思いが強くなり仕事を辞めました。

 

そしてベンチャー企業に転職することを決めました。

 

この辺りは、別の記事で解説しているので良かったら合わせてご確認下さい!

関連記事: 【比較】社会人2年目で仕事を辞める?それとも3年は我慢?【どっちが正しい?】

 

結論ですが私は「転職に失敗」しました。

 

転職したベンチャー企業はあまりにも過酷な職場で、残業代は支給されないのに強制的に働かされたり、給与も急にカットされたり、ホント鬼のような職場でした。

 

その結果、転職して一年が経たずしてもう一度仕事辞めて転職することになりました。

 

(当時ベンチャー企業に勤めていた社員全員が辞めるという大騒動に巻き込まれました。今振り返ってみると普通の人が経験することができないことを経験できたので、この経験もムダではなかったのかな〜と思ったりもします。)

 

ただ、給与も待遇も下がりましたし、メンタルも相当病みました。

 

なので、通常は、転職すれば気持ちがラクになって最高。という声が多いですが、私の場合は転職して最悪の結果になりました。

 

私が転職失敗した理由は以下の通りです。

  • 正しい転職活動をしなかった
  • 何となくで企業を選んだ
  • 条件や待遇を口約束で済ませた

主にこの3つが理由です。

 

それぞれ解説していきますね!

①:正しい転職活動をしなかった

通常であれば、転職活動するとなると、転職サイトに登録して企業を探す、エージェントに登録して企業を探すという選択肢になると思います。

 

しかし、私の場合ですと当時勤めていた会社の上司に直接声を掛けてもらって「転職」することを決めたのです。

 

つまり、上司が新たに立ち上げる会社で働こうと誘われて、その声に乗って会社を辞めて新たに働くことになりました。

 

いま思うとこの転職方法が全ての間違いでした。

 

自分の知り合いや友人が経営する会社に入社するのは、出来るのであれば避けることをオススメします。

 

家族、親が経営するとなると話は別ですが、家族以外の知り合いが経営する会社に勤めるとほぼ100%の確率で不平不満がたまったりして、揉め事に繋がります。

 

転職をするなら正攻法でいきましょう!

 

まず転職サイトに登録する、そして転職エージェントに登録して履歴書や職務経歴書をチェックしてもらうこれだけでOKです。

 

コネで転職する必要は一切なしです。

②:何となくで企業を選んだ

何となく誘って貰えてるし、今の会社も飽きたからこの会社でいっかという感じで転職を私はしてしまいました。

 

…。今振り返ると何やってんだよ。。という感じですよね笑

 

何となくで企業を選ぶのは、就活生までです。

 

就活時代は、憧れやイメージで会社を選ぶ人が多かったと思います。

 

結果、それが良かった、やっぱり合わなかったというのはあると思いますが、社会人2年目なので、もう「何となく」で転職先を選ぶのは辞めましょう!

 

自分が大切にしたい転職の軸や条件というのを明確にして転職先を探しましょう。

 

あなたの条件に合う会社はきっとあります。

 

社会人2年目でも転職できる会社は数多くあるので、まずは自分が大切にしたい転職の軸を決めて転職活動に臨みましょう。

 

必ずしも自分一人で答えを見つける必要は、一切なくて転職エージェントを利用して「面談」を通じて自分の価値観を探るのは非常にオススメですよ。

③:条件や待遇を口約束で済ませた

お金や休みなどは、いくら転職先がベンチャー企業といえど「書面」で貰うようにしましょう。

 

条件や待遇を口約束で済ませてしまうと、後々「あれ?そんなこと言ったけ?」と逃げられてしまうこともあります。

 

私は、条件や待遇を口約束で済ませた結果、月々の給与が25万円貰える予定だったのが20万になり、ボーナス100万円の予定が50万円になったりと散々な思いをしました。

 

口約束ほど裏切る口実になるものは、ありません。

必ず書面で貰うようにしましょう。

 

普通の会社であれば応じてくれるはずです。

それも応じてくれないベンチャー企業があれば転職してはいけません。

初めの転職活動やっておけば良かったこと 

はじめての転職で失敗してしまった私ですが、もっとこうしておけば良かった…と思うことが多かったので、自分が感じたやるべきことを紹介します。

  • 親や人生の先輩に相談する
  • メリット・デメリットを明確にする
  • 情報収集を徹底する
  • 転職サイトや転職エージェントをうまく利用する

この辺りは必須でやっておくべき内容になります。

 

それぞれ基本的な部分のみ解説していきますね。

①:親や人生の先輩に相談する

私は、転職をすることを親や先輩に相談することはなく、自分の気持ちにだけ従って転職をしました。

 

その結果どうなったかというと、1年経たずで仕事を辞めることになりました。

 

大企業を辞めるということを親に報告するのが忍びなくて、相談することができなかhのですが、今思うと相談しておけば良かった…と心から思いました。

②:メリット・デメリットを理解する

転職するときのメリットばかり目を向けがちですが、デメリットにもしっかりと目を通しましょう。

 

だいたい上手い話の裏には、デメリットが隠されています。

転職でもいい話があったときには、デメリットも考えて行動しましょう。

 

私は、勢いで転職先を決めて失敗しました。

 

23歳勢いがある年齢ですが、勢いに任せて行動するのではなく落ち着いて行動しましょう。

③:情報収集を徹底する

転職するときは、情報が命です。

 

どれだけ自分に合う会社の情報を知ることができるかが、転職の成功を握るカギとなります。

 

できるだけ情報を集めましょう。

自分に合う会社は、必ず存在しています。

 

自ら行動を起こさないと、情報は入ってこないです。

まずは動きましょう。

④:転職サイト・転職エージェントをうまく利用しよう

転職サイト(リクナビマイナビ・エン転職・DODA)この辺りは確実に登録を済ましておきましょう。

 

加えて転職エージェントの利用をオススメします!

 

転職エージェントとは、転職のプロに無料で面談を行ってもらいその結果、自分に合う会社を紹介して貰えるサービスなのですが、無料で履歴書や職務経歴書を見直してもらえたりして一気に転職スキルが向上できるサービスです。

 

特に転職したことがない、これから初めての転職を行う。という人は、転職エージェントをうまく利用して履歴書や職務経歴書を作成・添削をしてもらいましょう!

 

エージェントから紹介を受けた企業だけで履歴書や職務経歴書を使う必要はなく、その他の転職サイトやハロワークで発見した求人にも利用することが可能ですよ!

25歳2度目の転職でいまは最高です。【転職:失敗経験】

2度目の

本記事のまとめです。

 

23歳ではじめての転職をしました。

 

はじめての転職は、失敗をしてしまいましたが25歳で2度目の転職をした結果、素晴らしい職場に巡り合うことができました!

 

残業も少なく、前職よりも楽しい職場で非常に楽しい毎日を過ごしてます。

 

2度目の転職ときは、最初の失敗を活かして「情報」にこだわりました。

 

転職サイトで発見したのちに、紹介サービスも同時に利用をして、履歴書・職務経歴書を修正しました。

 

そして、転職サイト以外の口コミ投稿なども確認して、万全の準備を整えて面接にのぞみ内定を獲得しました。

 

それでは本記事のまとめです。

 

わたしが転職を失敗した理由は、以下の通りです。

  • 正しい転職活動をしなかった

⇨転職では、知り合いの会社には転職するのは辞めましょう。のちのち揉め事になりやすくオススメできません。

  • 何となくで企業を選んだ

⇨何となく仕事を辞めたいからこの会社でいいや〜という感覚で企業を選ぶのはナンセンスです。何となくではなく根拠を持つようにしましょう。

  • 条件や待遇を口約束で済ませた

⇨口約束で物事を進めるのではなく、確実に書面を準備してもらいましょう。いざというときに証明できる書面がないのはきついです。

 

転職は、「情報戦」です。

 

繰り返しになりますが、転職の失敗を防ぐのは、できるだけ多くの情報を得る必要があります。

 

多くの情報を獲得して素晴らしい職場に転職できることを願ってます!!

 

それじゃあまた!!