【takeブログ】ブラック企業から逃げる!!を実現するサイト

就職、転職にまつわる「旬」な情報を発信しています。

【徹底解説】オススメのテンプレートを使った自己PRの書き方を解説しました【極意:伝授】

f:id:panndaa:20200118111428j:plain

2020年1月18日に記事を書きました。

約1分50秒で読めます。

 

本記事は、以下のような方に向けて発信してます。

  • 2021年卒、2022年卒
  • 就活を最近はじめた
  • 自己PRの書き方が分からない
  • 文章の構成を知りたい
  • 最低限やるべきことは?

 

このような自己PRに関する悩みを解決する内容です。

 

本記事を最後まで読めば、テンプレを使って最低限必要な文章を書くときに必要な構成方法を知れます

 

皆さん、こんにちはtakeです。

 

2017年卒で就活を経験して今は上場企業の採用担当者として仕事してます。

 

Twitterでは日々就活に関するノウハウを発信しておりまして現時点(1.17)では大体2,700名ぐらいのフォロワーがいます。※いつも本当にありがとうございます!

 

就活に関する悩みや知りたいノウハウは基本的には全て解説しているので、気になる人はフォローしてもらえると嬉しいです。

 

まだこの記事を読んでない人は先にこちらを読んで下さい。

「いつまでに何をすべきか」という点を解説してます。

www.syuukatsutennsyoku.com

 

さて、先日このようなツイートをしました。

 

 

就活で文章を書くときや自分の考えを「相手に伝えるときに有効な構成方法」を紹介しました。

 

実際に私が就活生のときや社会人になってからも上司に報告するなどにも使ってます。

 

意外にも反響が多く、下記のような質問を頂いたので本記事で解説します。

 

「自己PRの文章を書くときに使えませんか?」

「ESのお題にも使って良いですか?」

 

それでは宜しくお願いします〜。 

 

 

【必ず観る】必須で登録すべきオススメ就職サイト【4選】

まず、有益な企業情報を取得することができる就職サイトの紹介です。

本ブログで何度も紹介してますが、とにかくオススメです。

 

就活に関する情報を仕入れないと業界研究もできませんし、企業研究もできないのでまずは、大量の情報をインプットできるように就職サイトに登録しましょう。

 

リクナビマイナビは登録が済んでいるとして話を進めてます。

 

私がオススメする就活サイトは、以下の通りです。

①オファーボックス

②キミスカ

③digmee

④ねっとで合説

 

リクナビマイナビは自ら企業を探してエントリーという流れです。

 

しかし、上記で紹介したサービスは、オファー型の就活サイトのためプロフィールを登録しておけば後は、企業からの「オファー」待ちです。

 

通常の自らエントリーして説明会に参加する。という流れよりもオファーで招待されて参加する選考のが通過率や内定率がグッと高まることは明白です。

 

とりあえず登録しておくというスタンスでも良いでしょう。

必ず登録しましょう。

 

人って良いな〜と思っても行動に移さない人が多いです。

いま、「やるべきだよな…」と思った人は、すぐに行動へ移しましょう。

 

いまある5分、10分使えば就活を有利に進める可能性が高まります。

やるしかないよね。

 

1日24時間あるうちの5〜10分使えば無料で登録できます。

やろう。

 

それぞれ簡潔に概要のみ解説しました。

 

①オファーボックス【オファー型】

就活生の4人に1人が利用していると言われている就活サービスです。

 

OfferBox に無料登録しておくと、企業からオファーが届き説明会や選考を受験することができます。※青文字部分を押すとページが移ります。

 

普通の選考に参加するよりも、通過率がグッと高まるので必須で登録しましょう。

 

登録するメリットを3点にまとめると以下の通りです。

  • 自ら応募するスタイルではなくオファーで就活ができる
  • 自分はどんな評価を受けるのか知れる
  • 内定を獲得できる確率が高まる  

 

デメリットは、登録する時間ぐらいです。

 

それでも約3分〜5分あれば初期登録はできます。

まず、始めてみて時間があるときに自己PR文章を作成することをオススメします。

 

OfferBox に登録すると無料で「適性診断AnalyzeU+」を受験することができます。

非常に細かく結果が表示されるので、自分の強みや弱みを把握するのに便利です。

 

OfferBox【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動できます。

 

関連記事:【OfferBox(オファーボックス)の評判・特徴】現役採用担当が徹底解説!【完全無料】 - 【takeブログ】

②キミスカ【オファー型】

キミスカ  はOfferBox 同様で企業からオファーが届いて就活を進めるサービスです。

 

以下の悩みが当てはまる方は、登録をオススメします。

 

・就職活動って何をしたら正解なのかわからない。

・ES・面接が通らない

・いち早く就職活動を終わらせたい!

・普通とは違う就活をしたい

 

特に理系学生の方は、キミスカに登録しておくと大手メーカーやメガベンチャーからスカウトが届いて有利に就活を進めることができます。

 

卒論の研究などで忙しいと思います。

就活は効率的に進めましょう。

 

キミスカ【公式サイトはこちらから】  からサイトに移動することができます。

 

関連記事:「キミスカって知ってます?」現役採用担当者が評判やメリット、デメリット、有効な手順を徹底解説しました! - 【takeブログ】

③digmee【LINEを利用した就活】

LINEで就活【digmee】  がキャッチコピーの就活サイトです。

友達登録するだけであなたに合った企業情報が定期的に送られてきます。

 

興味があれば、そのまま選考に進むも良し、まずは説明会に参加するといった「待つ姿勢」で就活を進めることができます。

 

リクナビマイナビを利用して攻めの就活をしている間に、オファーボックス、キミスカ、digmeeを使ってオファー型の就活を行うのが一番効率的だと私は思います。

 

なかには、いきなり「最終面接!」といった連絡も届いたりするそうなので登録しておきましょう。

 

digmee【公式サイトはこちらから】  

 

下記の記事でも就活ナビ(リクナビマイナビ)を使った就活ではなく、今後は逆オファーが拡大することを説明してます。

newswitch.jp

④ねっとで合説【時間、場所を気にせず企業研究が可能】

動画で始める新しい就活の形!ねっとで合説  がキャッチコピーの就活サービスです。

 

どんなサービスかというと、言葉の通りネットで合説に参加することができます。

 

あとは、企業の会社説明会や業界の紹介動画などがサイトで閲覧できます。

そのため、自宅で寝転がって企業研究や業界研究をすることが可能です。

 

就活をしているとどうしても交通費やカフェ代はもちろん、時間が無くなって「就活したいのに時間が足りない!」という事態が発生します。

 

そんな問題を解決するのが、「ねっとで合説です。

 

ねっとで合説【公式サイトはこちらから】  

【プレップ法とは?】PREP法を知れば文章を制することができる

f:id:panndaa:20191005221159j:plain

そもそもプレップ法ってなに?という方向けに解説しました。

 

文章などの使い方に関する構造で以下のように活用することできます。

 

Point】

主張や結論の「要点」や「結論」をまず最初に述べます。端的に要点や結論だけ伝えることが重要です。

 

【Reason】

最初に伝えた「理由」を伝えます。理由を伝える上では論理性が重要です。 論理の飛躍がないようにすることが大切です。

 

【Example】

具体例やデータ(数字、事実)を挙げ、論理に説得力を持たせます。

「具体性」を持たせ説得力を高める役割を担っています。

 

【Point】

最後に、最初に伝えた「要点」や「結論」をもう一度伝えます。

最初と最後に結論を持ってくることで伝えたいことを明確にします。

 

それでは、上記のPREP法を使って自己PRを作っていきます。

【PREP法】自己PR文の見本【例】

自己PRは、以下の構成で進めればOKです。

 

①:結論

 

私は、◯◯が強みです。

 

②:理由

 

学生時代に◯◯専攻のゼミに所属して◯◯を学んできました。具体的には、◯◯といった活動を通して◯◯という成果を挙げました。

 

③:具体例

 

具体的にお伝えすると、◯◯のような問題が発生したのですが、◯◯に取り組みその結果、問題を乗り越えることができました。

 

④:結論(要約) 

 

そして私は◯◯という強みを得ることができました。この強みは御社の◯◯事業もしくは、◯◯といった仕事にて活かしていきたいと考えてます。

 

例のような文章はサクッと作れることができるので、自己PRを一度も作ったことがない人は、試してみましょう。

 

PREP法を使って自己PRの文章を作ったあとには、最後「志望先企業に対してどんな貢献をするのか」といった点を伝えることを意識してみて下さい。

 

ちなみにこの視点は超重要です。

 

どのように企業へ貢献するかという点が欠けている自己PRが多いため、加えるだけ差別化できるようになります。

 

Q:自己PRしてください。

 

A:私は◯◯が強みです!

 

 

上記でも間違いではありませんが、寂しいですよね。

「じゃあその強みをどう活かすの?」というところまで落とし込みましょう。

 

自分を雇うメリットは何か?という風に考えると分かりやすいかもしれませんね。

自己PRを書くときに注意すること【4選】

f:id:panndaa:20190811231100j:plain
自己PRを書くときに注意することは、以下の4点です。

 

①一つの文章に強みを複数書かない

②結論から書く

③一度読んだ分かる文章を書く

根拠には数字を準備する

 

それぞれ解説します。

①一つの文章に強みを複数書かない

よくあるのが一つの文章に強みを複数書いてしますパターンです。

 

就活をはじめたばかりの頃に多いのですが、文字数を埋めるためにそういった行為を行おうとする方がいます。

 

上記は、基本的にNGです。

一つの文章には、強みを一つに絞って臨みましょう。

結論から書く

今回紹介した「PREP法」を使えば問題無しです。

 

就活では、書くことも話すときも「結論」から伝えるということを意識してみて下さい。

 

企業の採用担当者は、とにかく大量のESや自己PRを読んでます。

一目で分かる文章の作成を心掛けましょう。(※自戒を込めて)

③一度読んだ分かる文章を書く

結論から書くに繋がるのですが、一目みたら分かる文章を書きましょう。

 

読み手が何度も読まないと分からない文章は、後回しにされるかもしくは、もう良いや〜と落とされるパターンが多いです。

 

一度読んだら分かる文章は、スッキリした文章です。

余計な言葉は使わず、シンプルに言いたいことを伝えましょう!

④根拠には数字を準備する

あなたが採用担当者に伝えたい強みは、根拠が明確になっていますか?

 

自分の想いだけで強みを書いてしまうとそれは、ただのあなたが描いた妄想の可能性もあります。

 

そうじゃないよ!ホントに強みだよ!というのを説明するには、数字と根拠を準備して伝える必要があります。

 

実績があるときは、どんどん自分の実績を紹介しましょう。

まとめ:PREP法を使って自己PRを書いてみよう

f:id:panndaa:20190917221055j:plain

本記事のまとめです。

改めて『プレップ法』について解説します。

 

 

①:結論

 

私は、◯◯が強みです。

 

②:理由

 

学生時代に◯◯専攻のゼミに所属して◯◯を学んできました。具体的には、◯◯といった活動を通して◯◯という成果を挙げました。

 

③:具体例

 

具体的にお伝えすると、◯◯のような問題が発生したのですが、◯◯に取り組みその結果、問題を乗り越えることができました。

 

④:結論(要約) 

 

そして私は◯◯という強みを得ることができました。この強みは御社の◯◯事業もしくは、◯◯といった仕事にて活かしていきたいと考えてます。

 

 

プレップ法を使った自己PR文章の作成をするときには、最後に必ず『企業に貢献できること』を加えましょう。

 

 

それだけで他の就活生と差別化した内容を演出することができます。

 

 

既に解説しましたが、自分の強みだけを書くというパターンが非常に多いです。

じゃあ、その強みを活かしてどうするの?という視点まで落とし込めると良いですね。

【それでも不安な人へ】まずは、他人が書いた文章を真似るのも一つ

f:id:panndaa:20190919230030j:plain

ここまでプレップ法を用いた自己PRの書き方を解説してきました。

 

上記のテンプレを使えば伝えたい内容が整理されるので「何だこの文章?」みたいな風にはならないはずです。

 

しかし、それでも不安な人は、「他人が書いた文章」をみて良いな〜と思った文章を真似してみるのも一つだと思います。

 

就活ノート は、「就活生による就活生のための情報サイト」というコンセプトで就活生がリアルな就活日記や自分が書いたエントリーシートの内容などを紹介しています。

 

登録は無料でエントリーシートの内容だけではなく、企業の選考に関する情報(面接の質問内容や雰囲気)も就活生がリアルな報告をしてます。

 

知らなかった人は、一度公式サイトを覗いてみて下さい。

 

公式サイト:就活ノート【公式サイト】  

※青文字をクリックすると公式サイトに飛びます。 

 

 

極端だけど、赤ちゃんで生まれて言葉を話せるようになるためには、家族が発する言葉を耳で覚えて真似をして話せるようになりますよね。

 

あとは、数学でも解答集に書かれている内容を徹底的に真似たはずです。

 

ビジネスでもA社が出した実績を元にB社も同じ事業を始めたりと、人は真似することで成長をしていきます。

 

順番としては、

 

真似をする

知識が定着する

オリジナルを出す

 

こんなところだと思います。

 

文章を書くということに慣れていない人は、まずは圧倒的な量をこなしましょう。

量をこなすと質が生まれます。

 

まずは、この記事を読んで文章を書いてみようと思って貰えると嬉しいです。

 

他にもこんな記事を書いているので時間あれば読んで下さい。

2分あれば就活に関する知識をインプットできます。

 

関連記事:【厳選】就活が上手くいく学生が登録しているオススメの就活サイト - 【takeブログ】

 

先日、面接が不安すぎる…という方向けにnoteで記事書きました。

良かったらどうぞ。

bit.ly

 

※青文字クリックで記事に飛べます。

 

「少しでも良いな〜!」と思ってくれたら記事を拡散してくれるとモチベーションが高まって、また記事を書けそうです。それでは!またtakeより。